ヤンキース松井秀喜バッティングArchives!?

~松井のワールドチャンピオンになるまでの軌跡を見つめていきます~

Hideki Matsui is on fire right now!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

050918_ichiro
○異変 その1【3割5分6厘の呪縛】

今年、4月は.356という自己最高の成績を残す。例年4月の成績はいまひとつのイチローにとって、これはかなり突出した成績。実はこの.356という成績がすべての異変の始まりだった。

「去年あれだけの記録を作って、確かなものを掴んだと思って望んだシーズン。それが、スプリングトレーニングからシーズンに入っていって成績としては残っている。しかし、もう一つ"しっくり"きていない自分がいた。成績は出ていてもね。段々4月の成績によって間違いに気づけていない怖さがあった。4月、好成績が出ていることが僕を迷わせた。4月が終わったときに打率が高すぎると言ったんですが、それは本当の話。3割を切らないまでも3割くらいが4月に関してはちょうどいい。ブランクが半年あるわけで最初から完璧には行かない。僕の感覚では。そういう中で、今年みたいな4月を迎えてしまうと怖いなぁとおもいました。5月、6月に入ってボロが出始めたわけですから。ボロとは間違いのこと。」

その言葉通り5月は.288、6月は.243まで打率が落ち込んだ。イチローが指すマイナス要因、間違いとは何なんだろうか。

「動き出してから打つまでの動きの中にはない。ただ動き出すタイミングがおかしい。ピッチャーが投げる動作を始めて、始めの動き出しが遅い。それがなんでかというと、ボールを見ようとする僕がそこにいた。」

この異変が後に大きな副産物を生むとは誰も予想できなかった。

○異変 その2【オールスター】

イチローにとってのもう一つの異変はオールスターでのことだった。

――最後まで出れたという事では例年と違っていた?

「最後まで出たくはないですよ。それはスターターではないという証ですから。選手を紹介する時も特別なところから出ることは出来ないですから、スターターではないという事は悔しいですよ。
オールスターの選手達が僕にバッティングについて聞きに来てくれるという事は、なかなか熱いですよね。いつも必ず来るのはラミレスなんですよ。全然、選手としてのタイプは全然違うんですけど、足を使ってタイミングを取る選手。そこで僕との共通点を感じてるからだと思うんですけど。あんなバリバリのオールスター中のオールスターですよね。その選手にあれが出来る凄さはありますよね。変なプライドもなくバッティングについて聞きに来るのは驚きますね。自分に出来るかなぁと考えると、僕にはたぶん出来ないですね。」

○異変 その3【副産物】 

9月、イチローが意外な言葉を口にする。

「野球って難しいですね。」

今シーズン、イチローのホームラン数が、過去4年と比べると増えている。キーワードはホームラン。

「確かにホームランの内容を言えばこれまでと違うんですね。これまではほとんどが狙ったホームラン。逆に言えば狙わないとあそこまで飛ばなかったものが、今年は狙わなくてもホームランになることが確かに多いので、内容は違うと思います。」

このホームランこそが、シーズン前半の異変がもたらした副産物だったのだ。

動き出しが遅い。このことに気がついたイチローは早速フォームの改造に取り組んだ。改造前の4月は、ピッチャーがボールを投げるために後ろに腕を引く際、まだ手が下にある時点、つまり時計でいうと7時の位置で始動(右足をステップするために上げる)が始まっていた。改造後の7月は始動を始めるタイミングがピッチャーの腕が上にあるとき、つまり時計の10時の位置だった。

では、なぜ動き出しが遅くなるという現象が起きたのか。

「ボールを見ようとしている僕がいたんですね。そこに。」

この言葉にこそ一般の野球常識を覆すイチロー独自の世界が凝縮されている。

「もちろんボールを見ないと打てないですけど、ボールを見ようとする行為に問題があった。打撃の中でボールをよく見て打つというのが基本といわれていますけど、それは大きな間違いだと思いますね。僕は。少なくとも、その基本は僕には当てはまらない。目でボールを見ようとすることによって、本来、体が動かなきゃいけない部分を止めてしまう。目でボールを見ようとすることによって、目から入ってしまうんですね。それで体に来るんでどうしても遅くなってしまう。それが、体でボールを見られれば、体が主導ですよ。そこが今回の間違い。目でボールを見ようとしたことが、最大のミス。
結果が出ないようになってくると、いい球、甘い球というのを待って、甘い球しか打てないように感じてくる。だから、ピッチャーの投げた甘い球をどうにかして打とうとするわけですけど、そうやって思った時点で、ストライク、ボールを目で追うようになってきてしまう。全部動き出しのポイントに繋がっていく。始動を早くしたらすべてを修正できた。」

4月の異変は、始動を早くするというフォーム改造に繋がった。そして、狙わなくてもホームランになるというこれまでにない副産物を生んだ。メジャー5年目にして多くの異変が起きた今シーズン。男は何を思うのか。

「簡単にならないですね。なるかなと思ったんですけどね。なかなかなってくれない。すべて、打つこと、守ること。ゴロを取るタイミングが分からなくなったり、走塁はいつだって難しいし、野球って難しいですね。」

~テレビ朝日「Get Sports」(9/18)より~


バッティングについて超一流のイチローが、今シーズン不本意な成績に終わった理由について始動するタイミングの遅れというバッティングの基本を挙げたのには驚いた。それだけタイミングというのはバッティングに於いて重要で、永遠の課題なのかもしれない。
「ボールをよく見て打つのではなく、体主導で打つ」と語ったイチロー。頭で考えて打つのではなく体の反応、感覚に任せて打つという事か。ある程度、バッティングというのはバッターの本能による所が大きいんじゃないかと想像してみた。

昨シーズン、歴史を塗り替えたイチロー。そんなイチローでさえも、掴んだバッティング感覚というものは、その場に留まり続けてくれるという事は無く、常に変化して消えてしまう。だからこそ、バッティングの追及は、どんな優れたバッターでも永遠に終わることがないんだなぁと痛感させられた。
スポンサーサイト

いつからワールドシリーズが始まるのかも分かっていない。松井選手が最後の打席になったあの試合から、全くメジャーリーグを見ていない。ある番組で、「この悔しさを晴らす舞台があと1年以上やってこないことを松井は知っている。」とあった。ワールドシリーズの一歩手前までいって突然幕が下りた今シーズン。ワールドシリーズに辿り着くには、これから気の遠くなる階段をまた一から一歩一歩登っていかなくてはならない。そこへの時間的、距離的近道は無いと分かっている。それでも気持ちだけは先走ってしまう。来年のポストシーズンはどうなっているのか早くも気になってしょうがない自分がいる。こんなこと書いたら鬼が笑うかもしれないけど・・・(笑)

そんな中、松井は地道に文字通り歩き始めた。

<ニュース記事>
【ニューヨーク19日(日本時間20日)】ヤンキースの松井秀喜外野手(31)が自己最速の自主トレを開始した。早朝から約1時間、散歩して10日のア・リーグ地区シリーズのエンゼルス戦に敗れてから9日ぶりに体を動かした。まずは生活リズムを朝型にして、体調や疲労の回復具合と相談しながら来季に向けて体をつくり直していく。
 高層ビルを照らす朝日がまぶしかった。早朝から多くの人でごった返していたマンハッタンの路上。通勤や通学の列に混じり、帽子をかぶって黒のトレーニングウエアを着て早足で歩く大男がいた。ヤ軍の松井秀が来季に向けて始動した。マンションに戻る途中におなかが減ったため、コーヒーショップに立ち寄ってホットコーヒーとパンを注文した。

 「きょうの朝早く目が覚めたんです。せっかくだし、散歩でもしようかなと思って。これまで早起きして散歩なんてあまりしたことがなかったのですが、晴れたマンハッタンを歩くのはとても気持ちがいいですね。まずは体のリズムをしっかりととのえることが先決です。帰国するまでニューヨークにいる間は、このように体を動かす程度の練習が中心になると思います。」

始動を機に、シーズンモードからオフモードへ生活スタイルも切り替える。ナイター中心のシーズン中からこれまでは夜型生活のため、昼ごろに起床し深夜に寝ていたが、なるべく朝早い時間に目覚め、就寝時刻も早めたい考え。キャンプ中のように規則正しい生活をしていくつもりだ。4年目に向けて、自己最速の自主トレ開始だ。

~(サンケイスポーツ)~

シーズン中は、試合やバッティングのことで頭はいっぱいだろうから、今松井は、ゆっくりとニューヨークライフを楽しんでいるんじゃないかなぁと想像してみた。もう冬がそこまでやってきているニューヨーク、日本ほど騒がれることのないであろう街で、自分のペースを守りつつ人知れず静かに動き出した松井秀喜。悔しさもまだ残る松井の心を趣きある秋のニューヨークの街が癒し、穏やかにしてくれている気がする。

昨シーズン終了時、松井はインタビューで「対戦回数が増えれば増えるほど対応能力が上がり成績はよくなる。去年はシーズン終了後何をすべきか明確に分かっていた。今年は去年より次の年に向けての準備は難しくなるだろう。今は来シーズンに向けて何をすべきかはっきりとは分かっていない。」と答えていた。今年は、シーズンを終えてどんな課題を見つけたのか、来季に向けてどんな準備をしていくのか早く松井の口から聞いてみたい。

松井のワールドチャンピオンへの闘いは始まった。

<ニュース記事>
今季でヤンキースとの3年契約の切れる松井秀喜外野手(31)が、来季からの契約年数として3年を理想としていることが分かった。主力選手は5年以上の長期契約が主流のメジャーだが、巨人時代に単年契約を貫き通したように、緊張感を保つには3年契約が最適とする独自の考えがあるようだ。
 地区シリーズ敗退からちょうど1週間。悔しさは消えないが、先を考える余裕も出てきた。ニューヨークのマンションでゆっくりと体を休めている松井秀が自ら理想とする契約年数について、初めて語った。

「理想の年数というのは難しいけれど短すぎても長すぎてもよくないと感じます。3年というのはある意味でちょうどいいかもしれません。」

ヤ軍で3年間プレーし緊張感を保つにはもっとも合っている年数と肌で感じた。松井秀にとっては、感覚的に巨人時代の単年契約に相当するのが3年契約なのだ。
~(サンケイスポーツ)~【ニューヨーク17日(日本時間18日)】

-----------------------------------------------------------------

決して安定した楽な道を選ぶのではなく、あえて自分にプレッシャーをかけて、巨人時代から松井自身が語るように「1年ごとが勝負」という考えで、毎年最高のプレーを追及する松井選手の姿勢が垣間見える。

昨年の12月、松井選手の代理人テレム氏がキャンプ中にも再契約交渉をする方針を明かすが、2月26日、松井選手はテレム氏との話し合いの結果、キャンプ中には契約交渉をしないことを決めた。その時、松井選手は「3年間トータルで見てもらいたい」と話していた。僕は、今シーズン何が起こるか分からないから、出来ればキャンプ中に契約を済ませて欲しいと願っていた。しかし、松井選手はシーズン終了後の契約を望んだ。ここにも松井選手の1年ごとが勝負で、結果を残せなくてチームが自分を必要としないのならば、いてもしょうがないという考えがあったのかもしれない。

6月には、ニュース記事に【『松井秀もトレード候補』との記事が地元紙をにぎわしたのは6月。契約にはトレード拒否権があるが、それを行使してまでチームに残留する気持ちはなかった。「トレードなら"じゃあ、いいや"と腹を据えていないと。男なら潔くなきゃ」と決意を口にしたのは遠征先のボルティモア、6月29日のことだ。】というのがあった。

変に自分の保身に走ったり、今の地位に執着したりすることなく、気持ちのいいほどの潔さと相当の"覚悟"を持って、毎年、厳しい実力世界で闘っている松井選手は、本当にプロ中のプロだと感じる。そこには、ハードな練習で裏打ちされた技術と体力の自信とプロとしての誇りがあるのだろう。毎年、勝負の年と位置づけ、逃げ道を作らず覚悟を胸に戦う姿勢が、年々成績を向上させる原動力の一部となっているのかもしれない。
いつも自分を信じて前向きにプレーし、悔いの残らないように常にその場での全力を尽くす、そんな松井選手の野球への取り組みが、契約についての考え方にも反映されている気がする。そのような考え方の出来る松井選手の人間としての大きさを感じ尊敬する。

今日、「トーリ監督が来季も留任する意向を表明」という嬉しいニュースが飛び込んできた。トーリ監督は、「これまでになくつらい1年だった。頭をはっきりさせ、妻と相談し、そこで思ったのが、まだ監督をやりたいということだった。まだ、ここで指揮を執りたい。やっぱり、わたしは野球が好きだから。(オーナーとは)いい話し合いができた。シーズン中にオーナーから受けたいくつかの批判について、はっきりさせておきたかった。オーナーと考えの相違はなかったと思う。」と話した。
また、松井選手について「チームが勝つために責任ある立場にいる選手。世界中の金を集めてでも(球団に)引き留めてもらいたい。松井がいなければ、今年、地区優勝もできなかった。彼が戻ってきてくれることを願っているよ。」と語った。それに対し松井選手は、「選手として、そう言われることは幸せ。しかも、尊敬しているトーリ監督から、そう思っていただけるのは最高に幸せなこと。僕はヤンキースでは何も成し遂げていません。もし残るのならここで成し遂げたいことがあります。(トーリ留任は)僕にとって前向きに考える大きな要素の1つです。センターをやれと言われたら喜んでやります。むしろレフトとどちらが好きか、と言われたらセンターです。」とコメント。松井ファンとしてもトーリ監督の言葉は嬉しかった。

これで、松井選手のヤンキース残留に弾みがつけばいいな。

トーリ監督は、契約をあと2年残しているものの、今季、地区シリーズで早々に敗退し5年間?世界一から遠ざかっているため進退問題が浮上している。

それに対し松井選手は、「監督の今後が気になるのは当たり前です。負け、イコール、監督の責任というのは…。ぜひ、来年からも監督にやってもらいたいです。」と話した。今季、期待された先発陣が全く機能しない想定外のシーズンだったにもかかわらず、地区シリーズ優勝へとチームを引き上げたのはトーリ監督の采配によるとことが大きいと考える。シーズン終盤では、選手の起用が見事に的中し、先発で出場した選手がヒーローになる試合が何度もあった。今年ほど監督の采配が優勝に直結したシーズンは無いのではないかと感じる。その監督に責任を問うのは、どうも間違っているとしか思えない。

更に松井選手は、「野球に対する姿勢やプレーヤーの理想像が監督のそれと似ています。監督としてだけではなく、人間としてもとても尊敬しているし野球をしていて非常に心地がいいのです。(松井秀の契約問題への影響は)それは当然、あるでしょう。(進路を)決める上での大きなポイントになるのは間違いありません。」と話す。
これまで3年間で松井選手とトーリ監督の信頼関係は非常に大きなものになっている。トーリ監督が松井選手を大切に考えてくれていて、また実力を認めてくれているというのは、試合を見ていてひしひしと伝わってくる。試合前のお互い向き合って手を合わせる儀式や、松井選手の起用方法、ケガをしたときに真っ先に松井選手のもとに飛んでいく気遣い、メジャーに渡り1年目、松井選手がどこまで出来るのか未知数の段階でなかなか結果を出せない時でもスタメンで使い続けてくれたこと、松井選手の連続試合出場記録を尊重してくれていることなどなど挙げたらキリが無い。それだけ、2人の相性は完璧に思える。

今後、もし監督が代わって、松井選手を起用する際、連続試合出場記録をどこまで考慮してくれるのかも分からない。松井選手がメジャーに渡り、一番初めの監督がトーリ監督だったというのは、松井選手にとって本当に幸運なことだったなぁと感じる。そういう運を松井秀喜は持っている選手だと思う。今後も、松井選手には、出来ることならトーリ監督の下で野球をやってもらいたいと願う。

○松井が素直な気持ちを吐露していた。

松井はメジャー3年目にして初めて、オールスター出場を逃して短い休暇を取っていた。

「なんか不思議な感じがしますよね。やっぱりシーズン中に3日間も何にもしないと。だから、そんなんでいいのかなぁと心の中で思いながら。」

オールスターが明けて、後半戦がスタートするが、松井はなかなか調子を上げられないでいた。(7/14~8/11 打率.226、打点11、本塁打3)
8月11日の夜、好物の焼肉に箸をのばす松井だが、心なしか今までに無く食べる量が少ない。疲労が原因だった。
――体重は戻った?

「いや、まだだね。今ちょっと減ったね。2、3キロは落ちたんじゃない。夏は毎年落ちるんだよね。でも、今年はちょっと大きいね。」

体調と技術、松井が重点を置くのはこのバランス。その松井が漏らした自らの打撃を疑う言葉。

――打撃の形を手に入れた?
matsui_051012_inakunaru
「自信がないね。はっきり言って。ホントね、自分は馬鹿だなと思うんだけど、これで大丈夫かなと思うでしょ、そしたら必ずまたおかしくなってくるんだよね。だからバッティングに絶対は無いよね。はっきり言って。これは間違いない。絶対はあるんだろうけども、それを掴んだとしても、それを体感できたとしても、いなくなる。ずっとはいてくれない。」

松井の言う絶対の感覚、それはいつも前触れなくスルリと彼の手からこぼれていく。それがバッティングの極みであり、難しさであると松井自身も分かっている。

「繰り返しだよね、やっぱり。それもしょうがないよね。そういうもんだと思ってやっていかないとね。これで大丈夫だなんて思わないほうがいいよね。」

体調と技術のバランスが一致したときに訪れる絶対的な感覚。いつそれが訪れるか分からなくても松井のバッティングへの追及は決して止まらない。

~フジテレビ「すぽると」(10/12)より~

今シーズン、松井は全体を通しての打率は3割を越え、誰にも文句を言わせない好成績を残した。しかし今年の松井は苦悩していた。いい時と悪い時がはっきりしていて、それが交互に波のように押し寄せて来たという印象だった。これだけ苦しんだ中で掴み取った3割は驚くべき数字だと思う。松井のポテンシャルの高さを思わせる。

波がある。それがバッティングの常だと言ってしまえばそれまでかもしれない。しかし、松井選手は答えがあると信じてそれを探し求める。

好不調の切り替わりは突然訪れる。それは松井選手の無意識下で起こるため制御できないというイメージを今シーズン持った。松井選手にも予測は出来ない。松井選手に好調が訪れたときは野球の神様に出来るだけ長く続くように祈っていた。それだけバッティングは思考が介在しない無意識に近い体の反応で成り立っているのかもしれないと思った。もし、バッティングのそれぞれの箇所で完全に意識してコントロールできるなら、松井選手自身が悪い癖といっている外角のボールを強引に引っ張って、引っ掛けるといった現象はすぐになくなると考えられる。
松井の言うバッティングの絶対的な感覚とは、テイクバックしてボールを引き付ける際、一瞬止まったように見えるタメも含まれているのでは。完璧なバランスでボールを待ち、すべての球種、コースに柔軟に対応できる隙の無いボールの呼び込み。この状態の時、松井のバッティングは誰にも負けないエキサイティングなものとなる。これも、頭でいろいろ考えて出来るのではなく、半分、無の状態で生まれてくるのかもしれない。もしそうだとしたら、これ以上得がたく崇高なものはないと感じる。それを手に入れるために、バッターボックスに入るまでに準備、トレーニング、体調管理など松井選手は、想像を絶する努力をしているんだろうなぁと想像された。

海を渡り試行錯誤をしながら、軸足に重心をおいて左腕手動のスイング、体の中央でバランスを取る安定したボールの呼び込みなど、アメリカの野球に対応できるバッティングを確立した。好調時のバッティングはそれを完璧に体現しているように感じる。今は、それをいかに維持し、体で表現するかという段階なのかもしれない。今年松井は絶不調を克服し、自分のバッティングで何処をチェックすればいいのかを掴んだ。いかに不調の期間を短くし、崩れたバッティングをどう立て直すか、それも松井選手にとって大きな課題となるのでは。

バッティングは無常で儚いもの。それに対し、あらゆる努力と万全の準備でぶつかってゆく。
時には体のキレなどの体調や、頭でのイメージと体の反応のズレの影響で思うようなバッティングが出来ない時もある。弱点を徹底的に責められたり、巧みに打ち気を逸らすような投球術によってバッティングを崩されることもある。あらゆる要素が繊細なバッティングに影響を与える。
「いなくなる。ずっとはいてくれない。」と話す松井は少し寂しそうに見えた。バッターの悲哀がそこにはあったのかもしれない。絶対と思える感覚を掴みそして消えていく、その繰り返しを何度も経験し、特に今シーズンは、バッティングの無常を感じていたのではないかと思う。そして、野球の神様はポストシーズン・最後の試合でも松井選手にちょっとしたいたずらをした。

絶対の感覚、たとえそれがいつかは消えてしまうと分かっていても、松井選手のその感覚の追求は続いていく。消えていくことを悲観するのではなく、それを新たな高みを目指すキッカケとし、新たなバッティングの感覚との出会いの原動力として松井選手はこれからも、前を向いて一歩一歩ゆっくり前進する姿が思い浮かぶ。神様が松井選手に与えた今年最後の試練も、松井選手の野球人生にとって大事な意味のあるものとなるに違いない。大打者・松井秀喜だからこそ与えられた乗り越えるべき壁なのかもしれない。松井秀喜という男が、これからバッティングというものにどのように取り組んで、どのように己を高めていくのか、目が離せなくなってきた。それを考えると自然とワクワクしてくる。松井秀喜の歩む道に幸多からんことを心から願ってやまない。フレ~フレ~、松井!!

このブログは、当初自分の記録用として始めました。するとこんなブログでも読んでくださる方がいて、毎日温かいトラックバック、(コメント)もいただきました。本当にありがとうございました。何と感謝の気持ちを表していいのか分かりません。松井選手を大好きな方々とこうして繋がることが出来たことを嬉しく思っております。トラックバックをいただいた皆さんのブログを毎日読んで、松井選手を応援する喜びは何倍にもなりました。ブログっていいものですね。

地区シリーズ・第5戦 ☆☆
5打数・0安打・0打点  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 5 20 4 1 1 .200 .273 .400 .673
松井:5番・レフト先発出場
先発:ムッシーナ【L,1勝1敗】(IP:2.2 H:6 R:5 ER:5 BB:1 HR:1 ERA:5.40)

『対戦ピッチャー』
・vs コロン(R)【Career:10-3 avg .300】:第1打席
・vs サンタナ(R):第2打席
・vs エスコバル(R):第3打席
・vs ロドリゲス(R):第4打席

第1打席2-2-2 ランナー:一塁・三塁 2球目、真ん中低めへの速球(150km/h)を打ちにいって空振り。バットが全くボールの軌道から外れていた。いつもの松井なら少なくともバットに当てるはず。感覚と実際の体の動きにズレがあったのかも。バットの振りに違和感があった。バットが遠回りしている印象。3球目、インコース低めへの速球(150km/h)を打ってファール。差し込まれていた。4球目、インコースに大きくはずれて5球目、真ん中への速球(153km/h)に空振り三振。完全に球威に押されてしまった。大島氏:「ボールが早いというのがあって、少し前にいくのが早い。軸足に重心を乗せ早く準備をすると、もう少しタメが出来るんですが。」

第2打席3-1-1 ランナー:一塁 初球、真ん中低めへの変化球(124km/h)を見送ってストライク。大島氏:「今のはタイミング的にあっていた。右足の上がっている時間が短いのかなと感じる。いい時は、早めに準備をして右足が上がっている時間、"間"を取れる。」コースは甘く、状態のいい時の松井なら打ちにいっていたはず。外角低めへの変化球中心に攻めてくるが外れてカウント3-1となる。5球目、投球と同時にランナーはスタートを切る。インコース寄り比較的甘めの速球(150km/h)だった。しかし、打ち上げてしまい浅いレフトフライ。いつもの松井の振りではなかった。上から下にバットを振り下ろすような悪い時のバットの軌道だった。頭の位置が動かずスーッとテイクバックを取ってスムーズなスイングとは違い、体の動きにブレがあったように感じた。重心が前にいき後ろに残すことが出来なかったのでは。大島氏:「3-1から走ると、空振りをしてはいけないというバッター心理がまず働く。それと当てなければとボールに合わせにいく傾向が強くなる。ヒットエンドランだともう少し違った内容になっていたかもしれない。甘かったので、もったいなかった。速球に差し込まれ気味になっている。もう少し始動を早くすれば、今のポイントでぴったり合うのでは。」

第3打席0-2-1 ランナー:一塁・二塁 2球、インコースの球をファールした後の3球目、インコース高めへの速球(151km/h)を打ち上げてしまいファーストゴロ。ボール球だった。選球眼の良い松井があのコースに手を出してしまうなんて。最終戦の特別な雰囲気がそうさせたのか。それとも昨日から松井の状態が悪いのか。

第4打席1-0-2 ランナー:二塁 初球、外角低めへの変化球(138km/h)を見送ってボール。2球目、真ん中低めへの変化球(129km/h)を打ち上げてキャッチャーフライ。体が前に流れ、ボールを追いかけていったという印象を受けた。また、軸がブレてバットが遠回りしているようだった。

第5打席0-2-2 ランナー:一塁・二塁 初球、真ん中へ甘く変化球(129km/h)を見送ってボール。甘かったーーー!!打ちにいって欲しかった。残念。2球目、インコース寄りへの変化球(129km/h)を打ってファール。変化球に対し引き付け切れなかった。1球のファールの後の4球目、真ん中低めへの変化球(129km/h)を打ってファーストの横へ。ファーストがダイビングキャッチで捕球し、最後の打席ファーストゴロに倒れる。ボールを呼び込むというよりは、変化球に合わせたといった印象を受けた。もう最後、技術云々ではなく無我夢中でボールにバットを当てにいっていた。何とかヒットにしたいという松井の願いみたいなものを感じた。

<試合内容>
1回表、ジーターがヒットで出塁。シェフィールドがヒットで2死一塁・三塁。ここで松井の打席。緊張した。ここで得点できれば、この試合ヤンキース有利に運べる場面だったが、松井は空振り三振。松井ならやってくれるというのと、コロンの球威ある球と昨日の松井の状態を考えるとはそう簡単に打てないなぁという思いの葛藤があった。

2回表、先頭バッター・カノーのときコロンが腰の辺りを痛め降板。試合前から腰に違和感があったようだ。サンタナが登板して、これがどのように影響してくるか。カノーは、カウント3-2からファールで粘って結局、四球を選ぶ。ウィリアムズが打席のときカノーが盗塁失敗。その後ウィリアムズ、ポサダが連続四球で出塁。ラストバッター・クロスビーが一・二塁間を抜けるタイムリーヒットでウィリアムズがホームイン。なおも1死一塁・三塁。ここでジーターが犠牲フライを放ち2点目。

2回裏、4番・アンダーソンにソロ本塁打を打たれる。これで1-2。2死一塁から四球を与え2死一塁・二塁。続くケネディーの当たりは右中間へ。クロスビーとシェフィールドが追いつくも交錯し捕球できず。2人が倒れている間に2人ランナーが生還。記録は3ベースヒット。大歓声により声の連携が出来なかったという事だった。クロスビーが深追いした感じだった。ウィリアムズではなく守備のいいクロスビーを先発させたことが裏目に出たか。3-2とヤンキース1点リードを許す。

3回表、シェフィールドがヒットで出塁。松井のところでカウント3-1からランナーを走らせてきた。松井は、フライを打ち上げてしまいランナーは進塁できず。ベンチの要求には的確に応え、バットコントロールのいい松井にしては、らしくない打席だった。

3回裏、ヒットでランナーを一塁に置いて、ゲレーロが右中間にポトリと落ちるヒット。これで無死一塁・二塁。ジョンソンが投球練習を始める。犠牲フライを打たれ4-2。続く打者がライト前へヒットを打って1死一塁・三塁。ファーストゴロでジアンビはホームへ返球。しかし、完全に間に合わず1失点。次の打者の打球はレフトファールゾーンのスタンドへ。松井が追っていきスタンドに手を伸ばしてジャンピングキャッチ。ナイスプレー!!ここでムッシーナに代わりジョンソンが登板。セカンドゴロでチェンジ。結局、この回2失点。

5回表、ロドリゲスが四球で出塁。ジアンビが一・二塁間を破り無死一塁・二塁。シェフィールドは打ち上げて1死一塁・二塁。ここで松井秀喜。松井がゲームの流れを変える鍵を握っていた。しかし、内野フライに倒れる。がっくり肩を落とす。カノーは振り逃げで一塁へ走るが、守備妨害の判定をされてアウト。この回無死一塁・二塁のチャンスを活かせず。

6回裏、2ベースヒット、内野安打で無死一塁・二塁。送りバントで1死二塁・三塁。2アウトから四球を与え満塁。ここは何とかジョンソンが踏ん張り、無失点。得点差は3点のまま。

7回表、ジョンソンが粘った後の攻撃、すぐさまそれにジーターが応えソロホームラン。2点差。ジアンビは打った瞬間ホームランかと思ったが、フェンスにダイレクトに当たり2ベースヒット。シェフィールド倒れて、松井の打席。ここでどうしても1点欲しい。しかし、松井は簡単に打ち上げてしまいチェンジ。松井選手、一体どうしてしまったんだ。

matsui_051010_saisyudaseki 9回表、先頭・ジーターがヒットで出塁。ロドリゲスは併殺打。↓↓ジアンビが執念のヒットで出塁。ホームランで同点になる可能性が出てきた。何が起こるか分からない。シェフィールドが内野安打で出塁。さあ、松井の打席。ホームランを期待ーーーーーー!!!!

2005年の松井のチャンピオンリングをかけた闘いは、松井が最後のバッターとなって幕を閉じた。

matsui_051010_siaigo 最後の打席まで4打席ノーヒットで来ていて、松井が打てなくて負けたら諦めがつくと思っていた。しかし、第5打席、松井がファーストゴロで最後のバッターとなった瞬間、急に悔しさが込み上げてきた。最後の打席、打てそうな雰囲気はあった。諦めようと思っても諦めきれない何かが残った。ワールドシリーズで大暴れする松井のイメージが鮮明にあっただけに不完全燃焼だった。
2003年リーグ優勝決定戦・第7戦、2-5とレッドソックスにリードを許し劣勢のまま8回の裏の攻撃を迎えた。松井がペドロ・マルティネスから2ベースヒットでチャンスを広げる。そして、ポサダのセンター前へのポテンヒットで一気に松井がホームに生還。そして歓喜のジャンプ。あの奇跡的な同点劇の感動と興奮は今でも忘れることが出来ない。もしかしたらそれ以上の心震えるような感動を探し求めていたのかもしれない。
5打席ノーヒットという結果が画面に出る。松井が実力を全く出し切れなかった現実を見て息が詰まりそうになった。松井の悔しさは想像を絶するものがあるだろう。大島氏は、「これが一生懸命やった結果ですからね。」と言われていた。本当にその通りだ。松井の全力のプレーでの結果だから仕方ない。松井選手は、この悔しさを原動力に再び立ち上がり、野球を続けていくのだろうなぁとふと考えた。これで、松井選手の野球への情熱は更に高まると想像された。

4月の開幕から今日まで、あまりにも松井選手の存在が大きすぎて、今は心にぽっかり穴が開いてしまったよう。今年はワールドチャンピオンになると信じて疑わず応援してきた。しかし現実はそうは甘くなかった。胸をかきむしられるような思いで、今日の結果を受け入れるには年内いっぱいかかるかもしれない。(^^;)「命をかけて頑張る」と海を渡り、脇目も降らず一途にワールドチャンピオンを目指してきた松井選手。そのためならなんだってするという覚悟があったように感じていた。バッティングスタイルを変えることもいとわず、チームの勝利を第一に考え自己犠牲も受け入れる。そして、シーズン通してただ一つの目標に向かって常に全力でプレーしてきた1人の選手の生き様を追ってきた。松井の見せる不器用なまでのひたむきな頑張りとそれが報われなかった今日の敗戦を考えると目頭が熱くなる。今日、負けたことで今年は、松井選手の夢への道は閉ざされた。しかし、松井選手の歩んできた道が消えることは無い。これまでの松井選手の1打席1打席に一喜一憂し毎日の生きる活力とし、松井選手がバッティングに苦しんでいる時は、現実に真正面から対峙する姿に勇気を貰った。ワールドチャンピオンという夢を見続けた日々は幸せだった。松井選手と共に戦ったこの半年は僕にとって貴重な時間となりました。

松井選手、今年も夢をありがとう。そして、お疲れ様でした。これから先、松井選手の野球人生が更に実り多きものになりますように。松井秀喜は必ず夢を叶えてくれる選手だ。松井選手の夢はまだまだ終わらない。

<松井のコメント>
◇「不完全燃焼です」…
 メジャー3年目のヤンキース・松井秀が試合後、今季を振り返った。一問一答は次の通り。
 ――今の気持ちは。
 残念というしかないですね。
 ――5打席とも走者を置いて回ってきたが。
 両サイドを攻められた。インコースの速いボールと、外の緩いボール。一本出ていれば、多少は展開が変わったかもしれない。ちょっと悔しいですね。最後は何とかつなごうと思っていた。
 ――第4、5戦で9打数無安打に抑えられたが。
 しっかり研究されていた。思うようなバッティングができなかった。シーズン中もそうだが、アナハイム(エンゼルス)は本当に細かい攻めをしてくる。コントロールに気をつけていた。分かっていたし、準備もしていたつもりだったけど…。もちろん僕も慣れていくけど、その分相手も研究してくる。その中で成績を上げていくのは難しいこと。調子自体は今もいい。なかなか思い通りの打撃をさせてもらえなかった。<
 ――ワールドチャンピオンへの道は遠いという感じか。
 毎年、チャンピオンを目指しているんですけど、なかなか力になりきれなくて、残念です。
 ――早く終わってしまった分、喪失感は大きいか。
 最後(ワールドシリーズ)までプレーするつもりだったので、多少、不完全燃焼です。
 ――チームには何が足りなかったのか。
 野球の細かいところが、ちゃんとできていなかったんでしょうね。そのへんが差として出た。毎年感じていることなんですが、それが目につくようになってきた。僕も含めてちゃんとできていれば全部勝てた。
 ――(ヤンキースとの契約期間である)3年間を振り返ってどうだったか。
 慣れてはきたが、その分、相手も自分のことが分かってくる。その中で成績を上げるということは難しい。でも、3年間やってきたことについては悔いはない。負けたことは悔しいですけど。
 ――来年に向けて何か考えはあるか。
 契約のことに関しては、まだ何も考えていない。まだ時間もあるし、ゆっくり考えたい。明日から何もやることがないんで、ひとまず休んで、来年に向けて準備をしていきたい。
 ――今後も同じチームで戦いたいというよりは、まずはまっさらな気持ちで、ということか。
 もちろん、そうです。ここで、ぼく個人としては一区切りつくわけですから。
 ――夢である世界一を目指すにあたって、ヤンキースが一番近いチームだと今思うか。
 それはわからないですね。何とも言えないです。
~(毎日新聞)~

松井選手は1人で敗戦の責任を負うようなコメント。最後まで責任感の強い松井選手らしい言葉だった。その人間性が更に僕を松井ファンにさせる。しかし、責任を感じすぎないで欲しいです。懸命にプレーした松井選手を誰も責めたりはしない。

トーリ監督のコメント:「去年よりがっかりだ。この4週間いろいろなことをやり遂げてきた。今回も何とか道を見つけ出すと思っていた。」

<追記・ニュース記事>
今シーズン、一番震え上がる見せ場でベースボールの神様は、松井を打席に立たせた。2点リードされた九回二死一、二塁、マウンド上は守護神KロッドことFロドリゲス。ここまで4打席、走者のいる場面で凡退した。その無念をひとまず胸にしまい込み、エンゼルスファンが大歓声でスタンドを揺らす中、静かに打席に立つと、一つ深呼吸した。
 1球見逃し、2球続けてファウル。そして4球目。松井のバットから放たれたゴロを一塁手がつかみ、ベースカバーのKロッドにトスされ、万事休した。スタンドの観衆とエンゼルスナインは一斉に声を張り上げ、狂気ともいえる喜びを爆発させた。
 そんな中…。一塁ベースを駆け抜けた松井はしばらく天を仰いだ後、がっくりとうなだれながら身体を反転させ、ベンチへとゆっくり歩き始めた。トボトボ歩く間、一瞬だけ一塁ベース付近にできたエンゼルスの歓喜の渦に目をやった。しかし落胆の気持ちは大きく、すぐさま視線を断ち切ると再びうなだれたままベンチへ戻った。長かったのか、短かったのか-。ヘルメットを脱いだ瞬間、苦しんだ1年が幕を閉じた。
~(夕刊フジ)~

地区シリーズ・第4戦 ☆☆
4打数・0安打・0打点  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 4 15 4 1 1 .267 .353 .533 .886
松井:5番・レフト先発出場
先発:チャコーン(IP:6.1 H:4 R:2 ER:2 BB:1 SO:5 ERA:2.84)

『対戦ピッチャー』
・vs ラッキー(R)【Career:20-7 avg .350】:第1・2打席
・vs シールズ(R):第3打席
・vs エスコバル(R):第4打席

第1打席1-2-0 ランナー:なし 初球、外角低めへ速球(148km/h)を見送ってストライク。2球目、インコース高めへの速球(150km/h)を見てボール。3球目、真ん中低めへ縦に割れるカーブ?(129km/h)にかろうじてバットを当てファール。4球目、インコースやや高めへの変化球(140km/h)を見送るもストライクと判定されて見逃し三振。松井の考えていた球種とは違い、高めから変化してストライクゾーンに入ってきたために、対応できなかったのかなぁと思った。右足をステップして腰が早く割れていた。松井の中でかなり迷いのあった打席だったのかなと感じた。

第2打席1-0-1 ランナー:一塁 初球、高さは真ん中、外角への変化球(127km/h)を見送ってボール。2球目、高さは真ん中、1球目よりやや内側、外角への変化球(127km/h)を打ってファースト正面へのゴロ。最悪でもランナーを進めるためにライト方向を狙ったのか、やや強引さが出たバッティングだったのでは。バットが遠回りするために軸が振られて、キレのないスイングに感じられた。また、変化球を引き付け切れなくやや体の開きが早い気がした。中立でボールを見る間合いが、状態がいい時と比べると少ないのかなと考えたりした。

第3打席2-2-2 ランナー:一塁 2球、キレのある変化球を見せられた後の真ん中低めへの速球(150km/h)に振り遅れて空振り。ややスイングにブレがあるように感じた。4球目、外角低めへ速球が大きく外れてボール。5球目、外角寄り低めに沈む変化球(134km/h)を引っ掛けてファースト正面へのゴロ。見逃せばボールかと思われるような厳しい球だった。松井のバットコントロールで何とか捉えたという感じだった。今日は前に押し出す力より、引っ張る力のほうが大きくなっているのかなぁと思った。

第4打席1-2-0 ランナー:なし 初球、インコース低めへの速球?を見送ってストライク。2球目、低めに速球(150 km/h)が外れてボール。3球目、インコース低めへ沈むチェンジアップ(137km/h)を空振り。1球、外角低めへの変化球(142km/h)をカットしたあとの5球目、インコース高めへの見逃せばボール球と思われる速球(150km/h)を強引に打ってファーストフライ

松井のコメント:「緩い球を打たされた。気をつけて投げていた。ボール球を振らせようという感じ。」

今日の松井は、見逃せばボールと思われる球に思わず手が出ていた。また、強引さがあったように感じた。3戦目までの精度の高い落ち着いたバッティングとは違っていたのでは。体を開かずに柔軟性を持った状態でボールを呼び込めていなかったのかぁと感じた。
明日は総力戦となる。特別な雰囲気の中で試合は進んでいくのでは。こんな時こそ、松井の勝負強さは発揮される。松井選手自ら次への扉を開く一打を期待!!

<試合内容>
死球を受けていたモリーナ(打率.455、3試合連続本塁打)が復活していた。そして、相手先発・ウォッシュバーンはのどの痛みと発熱を訴えて、急遽ラッキーが先発。松井とは相性がいいのでいけると思った。

1回表、チャコーンは気合がみなぎっていた。プレッシャーを闘志に変えているようだった。球威、キレ十分で3者凡退に抑える。かなり状態がよさそうな投球だった。

1回裏、ジアンビが四球で出塁。シェフィールドが力ないピッチャーゴロでこの回チェンジ。またも松井の前で打線が切れた。是非、松井までまわして欲しかった。

3回を終わってチャコーンは9人のバッターを完璧に抑えた。

3回裏、ポサダが四球で出塁。クロスビーが送りバントで1死二塁。ジーターが三振で倒れてロドリゲスが打席のとき、ワイルドピッチでポサダは三塁へ。しかし、ロドリゲスは見逃し三振。

4回表、1番・フィギンズの当たりは松井のところへ。しかし、照明が目に入り打球の正面に入るも捕球できず。無死一塁。ここでフィギンズは盗塁を試みるも、ポサダの好送球によりかな差でタッチアウト。ゲレーロは内野安打で出塁。次の打者の時、ポサダがワンバウンドのボールを捕球できなかった瞬間ゲレーロは二塁を狙うが、ポサダの素早い送球でタッチアウト。エンジェルスのちぐはぐな攻撃に助けられる。そろそろヤンキースに流れを持って来たいところ。

4回裏、ジアンビが四球で出塁するも、松井が併殺打。

5回を終わってチャコーンはエンジェルス打線を内野安打1本に抑える。

5回裏、ヤンキースの初安打はポサダの2ベースヒットだった。2死二塁。しかし、クロスビーがピッチャーゴロでチェンジ。

6回表、四球、送りバントで1死二塁。内野ゴロで2死三塁。ここで第3戦2安打を打っていたフィギンズ。ライト線への2ベースヒット。これで1失点。さらにカブレラに2ベースヒットを打たれフィギンズがホームに還ってくる。ゲレーロを三振にとってチェンジ。2死からの2失点だった。これでヤンキースの劇的な逆転勝利の舞台は整った。

6回裏、ロドリゲスが四球で出塁。ジアンビの内野ゴロの間にロドリゲスは二塁へ。ここで当たりの止まっていたシェフィールドにレフトへタイムリーヒットが飛び出す。2死一塁。松井の打球はファースト正面へ。一気に流れがヤンキースに傾きかけていた場面だった。スタジアムもレッツゴーヤンキースの掛け声と共に盛り上がる。松井の手の中にゲームの勝敗があったような気がした。残念。

7回表、ヒットを打たれ1死一塁としたところでチャコーンからライターに交代。ライターがダブルプレーに切って取りチェンジ。

051009_posada_homein 7回裏、先頭・カノーがショートへの内野安打。バーニーはセンターフライ。ポサダが四球で出塁し、1死一塁・二塁。ここでシエラが一・二塁間を抜ける同点タイムリーヒット!!カノーが二塁からホームを狙ったのだけれど、余裕で間に合うと判断したのか、なんと滑り込まず、ホームを駆け抜けた。ジーターも松井も必死で滑るようにジェスチャーをしていたのだが、カノーにはどこ吹く風だった。カノーだけ違う世界で野球をやっているようで少し笑ってしまった。(^^)なおも1死一塁・三塁。続くジーターの打球は高いバウンドでサードのもとへ。サードは本塁に送球するもボールが逸れてタッチが遅れ、ポサダがホームイン!!サード・フィギンズが送球の際、力んだように見えた。3-2と逆転に成功。1死一塁・二塁。ロドリゲスが四球で満塁。しかし、ジアンビ、シェフィールドと凡退して追加点ならず。

8回表、リベラが登板。3者凡退で抑える。

8回裏、カノーが四球で出塁。ワイルドピッチの間に二塁へ。ポサダが四球で歩いて更にワイルドピッチで2死二塁・三塁。マルティネスがショートフライでこの回無得点。

9回表、リベラが1人もランナーを出さずこのゲームを締めた。


序盤、先発のチャコーン、ラッキー両投手の調子が良く投手戦の様相を呈していた。ヤンキースには、いい意味での緊張感と、引き締まった空気が漂っていた。第2戦、第3戦とは明らかに違い、勝てる雰囲気があった。そのため6回にエンジェルスに2点先制されるも全く慌てることなく、必ずチャンスはめぐってくるという予感がした。もうこの試合を落としたら次が無いという試合だというのに、どっしりと構えた落ち着きを選手達に感じた。逆に追い詰められたことで、ある種の覚悟が生まれ、余計なことを考えずに目の前のゲームに勝つことだけに集中できていたのかもしれない。ヤンキースナインには次へのステージに進むと信じて疑わない静かな闘志みたいなものがあった。
そんな中、今日の勝敗の鍵となったのは、四球だった。両チームのヒットは僅か4本とピッチャーの好投が光った一方、ヤンキースの与四球は1に対し、エンジェルスがヤンキースに与えた四球は8。ヤンキースの得点した6回、7回はいずれも四球が絡んでいた。ヤンキースの残塁数は9とチャンスで中々1本を打たせてもらえない中で、四球によってもらったチャンスをチーム全員で得点に繋げたといった印象を受けた。
また守りでは、4回表、ポサダの2度にわたる二塁でランナーを刺すプレー、7回表、ワンポイントで登板したライターの取ったダブルプレーが大きかった。これで、完全にエンジェルスにリズムのよい攻撃をさせなかった。8回からリベラを投入してきたのには驚いた。明日の登板に影響は無いのか少し心配だったが、やはりリベラの信頼性は抜群だった。確実に勝利をものにしてくれた。リベラは「すごい歓声だった。今日は大事な試合で、こうなると思っていた。あの歓声が好きだ。いつも後押ししてくれるから。必要なら、もちろん2イニング投げる。投げたい。(プレッシャーのかかる場面での登板について)簡単なことではないが、この役目と、それをこなす力を与えてくれた神に感謝している。私は自分のピッチングとバックで守ってくれているチームメートを信頼している。」と話した。明日も頼みます!!

輝きを失いかけていたヤンキースが光を取り戻すような戦いを見せてくれた気がした。まだまだこれから、ヤンキースは大舞台で旋風を巻き起こしてくれるに違いない。戦いは始まったばかり。明日は、絶対に勝つ。そして、松井選手と一緒にまだ夢を見ていたい。頑張れ、松井&ヤンキース!!

ロドリゲスのコメント:(長距離移動について)「今ならハワイにだって飛んでいける。(アナハイムへの遠征など)全く気にならない。おれたちは第5戦を戦えること、次のレベル(リーグ優勝決定シリーズ)に進むチャンスを得られたことに興奮しているんだ。今となってはプレッシャーなど完全に消え去った。(第5戦で先発するエンゼルスの)バートロ(・コローン投手)も準備万端だろうが、おれたちだって万全だ。」

ジーターのコメント:「プレーオフの間は誰だってあまり寝ていないもの。それに(長距離移動の)条件はエンゼルスも一緒。彼らが(超音速旅客機の)コンコルドを使うわけじゃないんだから。おれたちはここ数カ月いいプレーをしてきた。できれば明日の夜(の試合)もそうありたい。」

第2戦、第3戦は、両チームの守備力、リリーフ陣の差がはっきりと出た試合となった。まさかここまでヤンキースが隙を見せる野球をしてしまうなんて。ショックだった。負けてしかるべき試合内容だったのかもしれない。それで昨日は一日気分が落ち込んでいた。しかし、ここで下を向いていても仕方ない。どうしても、このままで終わるとは思えない。ヤンキースナインを信じ、もう一度気合を入れなおして試合に臨む。

準備万端で5時5分を迎えたらなんとテレビ画面に、雨のため中止の文字が出る。ガーーーーーーーン!!シーズン中、1回しか雨で順延というのがなかったというのに、なぜこの時期に・・・。この雨はヤンキースにとって吉と出るか凶と出るか。

地区シリーズ・第3戦 ☆
3打数・2安打・1打点・2四球・1本塁打  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 3 11 4 1 1 .364 .462 .727 1.189
松井:5番・レフト先発出場
先発:R.ジョンソン(IP:3.0 H:9 R:5 ER:5 BB:0 HR:2 ERA:15.00)

『対戦ピッチャー』
・vs バード(R)【Career:3-0 avg .000】:第1・2打席
・vs ドネリー(R):第3打席
・vs シールズ(R):第4打席
・vs ロドリゲス(R):第5打席

第1打席2-1-0 ランナー:なし 1球インコースの速球を見せられた後の2球目、外角への速球?(135km/h)をファール。落ち着いて外角の球をさばいていた。ボールが良く見えている印象。3球目、外角への変化球(129km/h)を見送ってカウント2-1。4球目、高さは真ん中、インコースへのカットボール(142km/h)を打つも、完全に詰まらされセカンドへのゴロ。バットが折れた鈍い音がした。差し込まれていたが、ゆったりとテイクバックを取り、安定したスイングがあったように感じた。松井の予想したコースより内へ入ってきたと思われる。

matsui_051007_homerun 第2打席2-1-0 ランナー:なし 初球、外角やや低めへの速球(140km/h)を見送ってボール。2球目、外角高めへの速球(135km/h)を見送ってボール。3球目、外角寄りやや高めへの速球(142km/h)を見送ってストライク。安定したバランスで見逃しているようだった。4球目、外角やや低めへの速球(137km/)を捉える。狙った球は逃さない安定したスイング軌道と力強い振りがあった。いつもよりタメの時間は短かったように感じたが、軸がブレることなくその場でのコンパクトなスイングだった。ボールを十分引き付け、外角の球を打つには最高のポイントで捉えたのでは。打球はぐんぐん伸びていきヤンキースファン一色に染まったレフトスタンドに突き刺さる。反撃ののろしを上げるソロホームラン!!最短距離でバットを出し、左手主導で強い押し込みがあったように見えた。レフトへのホームランは7月21日以来!!この大舞台で外角のボールを完璧なスイングでレフトへのホームラン。凄すぎる。やっぱり松井は松井だった。頂点を目指す松井の強い気持ちが運んだ打球だったように感じた。ゆっくりと塁上を回る松井の背番号55が、いつもより大きく見えた。

第3打席3-2-0 ランナー:なし フルカウントから一旦、間を取った後の6球目、外角やや高めへの際どいコースを見極めて四球。打ちにいきたい場面だったと思われるが、どうにかして出塁したいという気持ちが伝わってきた。

第4打席3-2-2 ランナー:一塁・二塁 フルカウントから四球を選ぶ。

第5打席0-1-0 ランナー:なし 2球目、高さは真ん中、外角寄りへの速球(151km/h)をコンパクトにセンター方向へ弾き返す。セカンドが何とか追いつくも、送球が逸れてセカンド内野安打。今の松井には強引に引っ張る癖は消えていた。

<試合内容>
過去2年、ツインズとの地区シリーズは、いずれも敵地での突破となった。今年こそ「日本の開幕戦や日本シリーズとは比べ物にならないくらい最高の雰囲気」と武者震いするプレーオフのヤンキースタジアムで決めたいと強く思った。しかも地元では地下鉄の爆弾テロが予告され厳戒体制。勝利が不安を募らせるニューヨーカーの光明になることは、松井をはじめヤ軍全員が知っている。~(サンケイスポーツ)~

小雨の中、試合が始まった。先発のジョンソンは、地区シリーズ2勝7敗で、現在7連敗中という悪い情報は入ってきていた。しかし、それは単なる過去の記録としか考えていなかった。

1回表、2死からヒット2本で一塁・三塁としてアンダーソンに3ランが飛び出す。先発・ジョンソンはいつもの球威がないような気がした。まだ初回、これから必ず逆転できる。

1回裏、1死からロドリゲスが2ベースヒット。その後ジアンビ、シェフィールドが凡退。シェフィールドの当たりはピッチャーの足元を通り、完全にセンターへ抜けると思われた。しかし、そこに野手がいた。エンジェルスの守備は堅い。中々外野へボールが抜けてくれない。攻撃へのリズムを作らせてもらえない。

2回表、フラハティが盗塁を刺してチェンジ。

3回表、2死二塁からモリーナに2ランホームラン。松井がボールをずっと追っていき、取れるか取れないか微妙な打球だった。最後フェンス際、必死にジャンプするも僅かに届かず。かなりドキドキした。捕ってくれーーーーーー!!と願ったが思いは届かず。しかし、松井の絶対にこの試合落とせないという気持ちがそのジャンプに表れているようだった。この後、何かやってくれる予感。その後、ライト線へヒットを打たれ、雨でぬかるんだグラウンドのためシェフィールドが足を滑らせ、3ベースヒットにしてしまう。その後はジョンソンが抑えてチェンジ。
ここまでヒット7本のうち、6本が2アウトから。ジョンソンがマウンドを降りるときブーイングが起きる。

3回裏、フラハティが四球で出塁。場内大歓声が沸き起こる。まだまだこれから。必ず山場は来る。続くジーターの痛烈な打球をサードが好守備を見せ、セカンドでアウトを一つ取る。ゴロが外野に抜けない。ロドリゲス見逃しの三振のあと、ジアンビが、ジアンビシフトを破るライト前へのヒット。2死一塁・三塁。続くシェフィールドの打球はセンターへ。一瞬ホームランかと思われたが、伸びがなくセンターフライに倒れる。ヤンキースは大きな流れを逸した。ここまでチャンスでシェフィールドが2度凡退。松井の前で打線が切れてしまっている。松井まで回せば、展開は違っていたはず。

4回表、先頭バッターに2ベースヒットを打たれる。続く打者にもヒットを打たれジョンソンはマウンドをブーイングを浴びながら降りる。投手交代が少し遅れたように感じた。スモールが準備していただけにもっと早く出して欲しかった。無死一塁・三塁でスモールが登板。なんと三振のあとダブルプレーでこの回無失点にしのぐ!!ダブルプレーにはカノーの好守が光っていた。一気にスタジアムのボルテージは最高潮に。これで流れがヤンキースへくることを願う。

4回裏は、松井から。スタンドからは「レッツゴー、ヤンキースの掛け声」。そして、松井の捉えた打球は、なんとレフトへのホームラン。イエス!!松井が流れを変える。続くカノーの打球はセカンドの横へ。またも好守に阻まれるかと思いきや、セカンドがファーストへ悪送球。無死一塁からウィリアムズがライト前へヒットを放ち繋ぐ。無死一塁・二塁。マルティネスが内野ゴロで1死一塁・三塁。ここで代打・ポサダ!!いけーーーーーー!!追い込まれてから外角への際どいコースはボール。そして、内野ゴロの間に1得点。更に、ジーターが外角への変化球を技ありのタイムリーヒット。これで3点目。続く打者は、ロドリゲス。祈りながら打席を見守る。スタンドからはMVPコール。スタンドは総立ち。ロドリゲスは四球で2死一塁・二塁。続くジアンビの打球は、なんとレフト方向へ。ジアンビシフトで誰もそこにはいなく、1点追加。シェフィールドの打球は浅いセンターへのライナー。それをフィギンズがダイビングキャッチ。これは大きなプレーだった。またもシェフィールドで流れは切れた。松井までまわして欲しかった。結局この回、4得点。4-5とヤンキースが1点差に迫る。

松井の内に秘めた闘志は伝わってきていた。4回表の守備でのいい流れをそのまま攻撃に活かしていきたい場面で松井のホームランがあった。松井が凡退していたら、一気に盛り上がりかけたヤンキースへの流れは消えてしまっていただろう。その僅かなチャンスを松井がその手に掴んだ。

5回表、足場の悪い中、松井のスライディングキャッチもあり三者凡退。

matsui_051007_home_in matsui_051007_sourui 5回裏、松井が四球で出塁。ヨッシャーーーーーー!!カノーは初球、送りバントを失敗。その後、ヒッティングに切り替えセンター横へのヒット。フィギンズは滑りながら打球を止めるが、松井は一気にホームを狙う激走を見せる。そしてホームイン!!凄い、凄すぎる。松井の同点へのホームインは、2003年のボストンとのリーグ優勝決定戦・第7戦を思い起こさせた。バックホームの送球は、大きく逸れカノーは3塁へ。ウィリアムズの犠牲フライで逆転に成功!!

この回もヤンキースの流れは続いているという事を相手に示す上でも、松井の四球は大きかった。シェフィールドで打線が切れてチャンスで回ってこないなら、自分で流れを作ろうと奮闘する松井の姿があった。

6回表、スモールが球を甘くなったところを打たれ、2ベースヒット、ヒットで1失点。6-6の同点に。更に内野と外野の間に落ちる不運なヒットの後、このシリーズノーヒットだったフィギンズにヒットを打たれ1失点。これで逆転を許し6-7。これでスモールからスターツに継投。ライトフライでこの回を締める。

6回裏、2死一塁・二塁から松井が四球を選んで満塁とするが、カノーがレフトフライに倒れ、この回無得点。

その後、7回にはゴードンを投入するも打ち込まれ2失点。この2失点には2失策が絡んでいた。8回にもリリーフ陣が踏ん張りきれず2失点とし、6-11とヤンキースは5点のビハインド。8回裏、ジーターにソロホームランが飛び出すも反撃及ばずヤンキース敗退。

5回裏まで完全にヤンキースの勝ちパターンにハマッていると思っていた。4回の怒涛の攻撃は、ヤンキースの勝利への執念が全面に出ていた。こんなに熱くなったのは久しぶりだった。勝ち運を持っているスモールが登板し、いつものように打線の援護もあった。これは絶対いけると思っていたのに・・・。ロングリリーフを期待されたスモールが2失点。1点ビハインドでも絶対今日落とせないということで、ゴードンを攻めの気持ちで投入するも2失点。ライターも2失点。今日は、先発のジョンソンから始まり、スモール、ゴードンと投手陣が大誤算だった。シーズン中、いい成績を残してきた頼りになるはずのピッチャーがことごとく打たれてしまった。このダメージはヤンキースにとって非常に大きい。

松井のコメント:「もう何もない。とりあえず明日勝たなければ、次はない。とにかく、明日。」

matsui_03_jump ヤンキースは王手をかけられた。しかし、松井の夢がこんなところで途切れるはずがない。このままで終わるはずがない。いや、終わるわけにはいかない。大方の予想がエンジェルス有利とあるように、チーム力はエンジェルスのほうが上かもしれない。しかし、ヤンキースはこれまでチームの団結力で修羅場を乗り越えてきた。このチームには何かがあると信じている。今日、松井選手の夢へと突き進む熱いプレーを見た気がした。細かい戦力とかは関係なく、最後まで諦めない"気持ち"がエンジェルスに傾きかけている流れをヤンキースへ引き戻し、次の最終戦へと繋がることを願う。奇跡よ起これ!!そして、そこには松井選手がいる。頑張れ~、松井&ヤンキース!!

<ニュース記事>
打球方向にはこだわらずに3年目の今季に臨んだが、左への打撃を「再認識させられた。来年へのテーマにする」と話す。「どうしても外に逃げていく球で打ち取りに来る。左に強い打球を打つ意識は必要。」
~(共同通信社)~

地区シリーズ・第2戦 ☆
4打数・1安打・0打点・1二塁打  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 2 8 2 0 0 .250 .250 .375 .625
松井:5番・レフト先発出場
先発:王建民【L,0勝1敗】(IP:6.2 H:6 R:4 ER:1 BB:0 HR:1 ERA:1.35)

『対戦ピッチャー』
・vs ラッキー(R)【Career:17-6 avg .353】:第1・2・3打席
・vs エスコバル(R):第4打席

第1打席1-1-1 ランナー:なし 初球、外角への変化球を見送ってボール。2球目、インコース低めへの速球(145km/h)を見送ってボール。3球目、真ん中高めへの変化球(134km/h)を打って、打球は右中間へ。松井は迷わず二塁を狙い、センターがもたつく間に悠々二塁へ。2ベースヒット!!ゆったりとテイクバックをとって、リラックスしているようなバッティングに感じた。大島氏:「早いボールを狙っていって"間"が取れているので、甘く入ってくれば変化球でも対応は出来るだけの状態。変化球を最初から待っていたような打ち方ではない。体が上手く反応している。体は疲れているだろうが、バッティング内容、状態はいい。」

第2打席2-0-2 ランナー:一塁・三塁 初球、外角低めへ縦に割れるカーブ(129km/h)が外れてボール。大島氏:「よくボールが見えていると思う。打ちにいってあれだけ柔らかくは中々見送れない。」2球目、インコース低めへの速球?(143km/h)を見送ってボール。3球目、外角低めへの緩いカーブ?を引っ掛けてセカンドゴロ。非常に厳しいコースだった。カウント2-0から打ちにいくにはもったいなかったかもしれない。それでも変化球に対してもギリギリまで体を開かずにボールを呼び込んで、右肩が開かずに体の正面で捉えていた。松井の思ったより外にボールが来ていたのでは。ボールが遠いために腰が引け気味だった。大島氏:「ボール2からキタッと思って振りにいったのでは。それで力が入った。」

第3打席1-0-2 ランナー:三塁 初球、ワイルドピッチでセカンドランナーは三塁へ。2球目、外角やや低めへ第2打席で打ち取られた球と似たようなカーブ?(127km/h)が入ってくる。そして今度はレフト方向へ強い打球を打ち返す。きたーーーーーーー!!レフト方向への打球にかなりテンションが上がる。緩い変化球にワンテンポ、タメを作って引き付けてから強引に引っ張るのではなくレフト方向へ。腰がしっかり入っていた。また右肩が開かず体の正面で捉え、ボールとバットとの距離がしっかり取れているように見えた。それなのに、サード・フィギンズが横っ飛びキャッチ。その後素早い送球でファーストでアウト。思わず、くそーーーーー!と叫んでいた。フィギンズ、いらんところで好プレーしてからに。結果はサードゴロ。大島氏:「流すというよりもピッチャーの足元へ打ちたいという打撃だった。それで、バットの角度でレフト方向へいった。」

松井のコメント:「いいバッティングだったと思う。抜けていれば1点入っていたので残念でした。守備が良かったという事でしょう。しようがない。野球とはそういうもの。それが勝敗を分けることもある。」

第4打席2-1-0 ランナー:なし 初球、外角高めに大きく速球が外れてボール。2球目、真ん中低めへの速球(151km/h)を見送ってストライク。ボールの見逃し方に余裕を感じた。3球目、外角低めへの変化球(135km/h)を見てボール。4球目、高さは真ん中、インコースへの速球(151km/h)を捉えるもセカンド正面へのライナー。ボールを呼び込んでギリギリまで、どの球にも対応できるような中立な状態が続いている気がした。隙がないよいうなバッティングに見えた。今は、崩され難いのでは。インコースへの球威のある速球にも打ち負けることなくしっかりと打ち返していた。状態の良さを感じた。

今の松井は、落ち着いてボールを見極められているし、体の開きがなくリラックスした状態で間合いを作ることが出来ているのでは。松井の大事にしているボールを捉えるまでのバランスがバッティングに幅を持たせたような気がする。そのために球種、コース共に柔軟に対応することが可能となっているのかなぁと思った。今季の集大成のバッティングをしているようなイメージがある。今日は、好守に阻まれたり、野手の正面をついたりしてツキがなかったが、明日は、きっと試合の流れを決める大きな仕事をやってのけてくれるに違いない。チャンスで気持ちがスカッとするようなタイムリーを放ってくれるイメージが頭に浮かぶ。頑張れ~、松井!!あっそうだ、明日は試合ないんだ。残念!!このいい感覚が続いてくれることを願っています。

<試合内容>
2回表、松井が2ベースヒット、続くカノーがタイムリー2ベースヒットでヤンキース先制。

2回裏、2死一塁でショート横へのゴロ。ジーターが必死で止めてセカンドへトスをするが、カノーが落球し、今日もカノーにエラーがつく。カノーどうしたんでしょう。次の打者の打球はカノーのところへ。カノーがさばいてチェンジ。

3回表、ロドリゲスが四球で出塁し盗塁を成功させる。ジアンビが四球。シェフィールドが内野ゴロで一塁・三塁のチャンス。しかし、松井はセカンドゴロでこの回無得点。

チャンスで得点できず嫌な流れ。

3回裏、9番がヒットで出塁するが、ヒットエンドランでフィギンズが空振りし、二塁でランナーを刺す。ヤンキースにとって大きなプレー。

4回裏、1死一塁からセンター前に抜けようかという当たりをカノーが滑り込みながらキャッチし、打者をアウトにする。ランナーがスタートを切っていて、カノーはちょうどベースカバーに入ろうとしていたというヤンキースにとってはラッキーな面があった。

5回表、ロドリゲス四球、ジアンビ2ベースヒットで1死一塁・三塁。シェフィールドの内野ゴロで1点。その後、キャッチャー後逸で2死三塁。松井はサード横への強い打球だったが、好守に阻まれこの回1点止まり。

5回裏、ソロ本塁打を打たれる。1-2。

6回表、ウィリアムズの2ベース。2死三塁となるが、ジーターが凡退。

6回裏、ロドリゲスがなんでもないゴロを捕球できずエラー。ロドリゲスはシーズン序盤、よくイージーミスをしていたことを思い出した。無死で2番・カブレラを出塁させてしまう。3番アンダーソンはショートフライ。ゲレーロ倒れてランナーは2塁へ。モリーナのタイムリーで同点。2-2。

7回表、四球のロドリゲスが盗塁失敗。ちょっと無理があった。ヤンキース大きな流れを掴み損ねる。続くジアンビが三振。

7回裏、先頭バッターが、高いバウンドの打球で内野安打。続く打者のバントの処理を王が焦り送球が逸れてオールセーフ。更に送りバントで1死二塁・三塁 これがエンジェルスらしさなのか。フィギンズが浅いセンターフライ。しかし、2番・カブレラに2点タイムリーが出る。そつのない攻撃。ヤンキースは、あとを投げるピッチャーがいなく、王建民を引っ張ってしまった。その後ライターが登板しこの回を締める。

8回裏、この回もライターがマウンドへ。モリーナが2試合連続ホームラン。ここでライターからプロクターへ交代しこの回を締める。

9回表、ポサダがK.ロッドからソロホームランを放つが、追撃は一歩及ばずヤンキース敗退。

2回表、ヤンキースが先制し、今日もヤンキースが有利に試合を運ぶかに思われた。その後、エンジェルスがエンドランを失敗したり、カノーのラッキーな好守があったりと、ヤンキースは何とかエンジェルスの攻撃をしのいだ。しかし、3回には1死一塁・二塁のチャンスをものに出来ず、5回には1死一塁・三塁のチャンスに1点しか取れず、ヤンキースに嫌な雰囲気が流れ始める。
6回のロドリゲスのエラー、7回の王のバント処理のミスをエンジェルスは逃さず得点に繋げた。松井はこのシリーズの前、エンジェルスについて「非常にいろいろなことを確実にしてくるチーム。スキがあまりなく、バランスがとれている。今年はヤンキースが苦手にしていたし、かなり手ごわい相手だと思う。弱みにつけ込み、自分たちが有利な展開に持ち込むチーム。」と評していた。全くその通りの展開となってしまった。一筋縄ではいかない、かなりしぶといチームだなぁという印象を受けた。本当に、先発投手、リリーフ投手、打撃、守備のバランスが完璧に思われた。
昨日は、早め早めにリリーフ陣を投入してきたトーリ監督だったが、今日は打たれてからピッチャー交代という後手にまわった。ワンポイントでピッチャーを出したくても、信頼のおけるピッチャーがいなく、リリーフ陣に不安を持つヤンキースの弱みが出た形となった気がした。やはり同点では、ゴードンは出せないということか。
結局、王建民は、6回2/3を投げ被安打6、失点4、自責点1、与四球0だった。前回の緊張した投球とは違い、持ち味のゴロを打たせてとるピッチングを遺憾なく発揮した。与えた四球が0というのは凄い。7回2アウトからの失点だけが悔やまれた。
いずれにしても、終始ヤンキースの流れは悪かったように感じた。エンジェルスは、先発ピッチャーが踏ん張り、打撃陣が効率的な攻撃でじわじわプレッシャーをかけてきて、相手のペースで試合運びをさせてくれなかった。

これで次のジョンソンが先発の試合は、絶対に落とせなくなった。ヤンキースはいかに相手に隙を見せずに粘り強く戦えるかが勝負になるのでは。頑張れ~、ヤンキース!!

地区シリーズ・第1戦 ☆
4打数・1安打・0打点  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 1 4 1 0 0 .250 .250 .250 .500
松井:5番・レフト先発出場
先発:ムッシーナ【W,1勝0敗】(IP:5.2 H:5 R:0 ER:0 BB:0 ERA:0.00)

『対戦ピッチャー』
・vs コロン(R)【Career:10-3 avg .300】:第1・2・3打席
・vs シールズ【Career:8-2 avg .250】(R):第4打席

第1打席2-2-2 ランナー:一塁・二塁 初球、インコース寄り真ん中へのやや甘い速球を打ってファール。若干球威に押されている感じだった。ポストシーズン初打席、初球だったのでちょっとぎこちない振りに見えた。2球目、高さは真ん中、外いっぱいの速球(156km/h)を見送ってストライク。2球で追い込まれる。3球目、真ん中低めへのワンバウンドするチェンジアップ(142km/h)を見てボール。球威のある速球がある中でチェンジアップをしっかり見ることが出来たというのは、状態はいいのでは。4球目、外角やや高めへの速球(155km/h)を一瞬タイミングが遅れるもカットで逃げる。体の反応は松井の思い通りいっているのでは。松井は、ボールかストライクか確認する余裕があった。5球目、低めに速球(150km/h)が大きく外れる。6球目、真ん中やや高めへの速球を打ってファール。やや速球に押されている印象。しかしバットは振れているのでは。7球目、インコース低めへの速球(153km/h)に対して振り遅れることなく捉え、一・二塁間を抜ける痛烈なライト前ヒット!!早めにテイクバックをとって、右足をステップする際、一瞬止まったような"間"があったように感じた。そして、ギリギリまで体を開かずにボールを引き付けていてシーズン終盤の状態の良さは続いているのでは。

松井のコメント:「それまで厳しいところに来ていた。最後だけ甘く入ってきた。(2球で追い込まれたことについて)考えることはない。打つしかない。」

第2打席2-2-0 ランナー:なし 初球、高さは真ん中、外角への速球を打ってファール。2球目、外角よりやや高めへの速球(153km/h)を打ってファール。やや振り遅れ気味だったが、しっかり松井自身のスイングをしていた。3球目、外角真ん中への速球(153km/h)をカット。最後まで松井の形で振り切っていた。1球、インコース低めへの変化球が外れたあとの5球目、インコース高めへの変化球(134km/h)を打ってファール。緩い変化球に待ちきれずに巻き込むようなバッティングだった。再びインコース低めへの変化球を見せたあとの7球目、外角低めへの見逃せばボールと思われる逃げながら沈む変化球に空振り三振。完全にタイミングを外されバッティングを崩された。インコースへの球の残像があったのかもしれない。

第3打席2-1-1 ランナー:一塁 初球、外角へのツーシームがボールかと思われたが、ストライクと判定。バッターにとっては厳しい判定だった。2球目、外角低めへのツーシーム?(143km/h)を見送ってボール。1球、外角へのツーシームを見せた後の4球目、高さは真ん中、外角へスーッと逃げていくツーシーム(145km/h)に泳がされ、引っ掛ける形になりセカンドゴロ併殺打。松井は打ったあとアーっと叫んで悔しがった。見逃せばボールだったかもしれないが、初球に同じようなコースをストライクと判定されている。思わず手が出てしまったというようなバッティングだった。引き付け切れず上体だけで打ったという感じに見えた。また、タイミングが取りきれず、しっかりとした間合いが作れなかったのかもしれない。

第4打席1-1-2 ランナー:なし 初球、インコース寄り低めへの速球を打ってファール。2球目、外角低めへの逃げながら沈む変化球(138km/h)を見送ってボール。最後、キャッチャーは外角低めに構えていた。しかし、外角高めに速球(151km/h)が入ってきた。それを捉えて、セカンドの横(センター寄り)を抜けるかという当たりだったが、セカンドの好守に阻まれセカンドゴロ。バットが折れた音がしたような気がした。やや詰まっていたのかもしれない。しかし、第3打席目とは違い基本的にセンター方向へ素直に打ち返すことを意識したバッティングに感じた。ただ、ちょっと気になったのが、いつもよりテイクバックの時に右肩が内側に入ってきているように見えたこと。ニュートラルな状態でボールを呼び込むことを妨げ、やや強引さを含むバッティングになった要因なのかなと思った。また内に右肩が入ることで、バットが遅れて出てきたり、待ちのバランスが崩れたりするのかなぁと考えたりした。大島氏は、右肩が内に入りすぎることで逆に肩の開きが早くなると語っていた。


<試合内容>
松井は、「プレーオフに出られてあらためてよかったです。また緊張感のある戦いができるのがうれしいです。気持ちも体もしっかりと準備をしてグラウンドに立ちたいです。」と語って試合に臨んだ。トーリ監督は、「エ軍は打線が整っている。強打者がいれば、細かい野球もできる打線。それに対抗するために投手陣に厚みを持たせた。」と話していた。

初回、いきなりヤンキースがチャンスを迎える。コロンは、速球(ツーシーム、フォーシーム)でぐいぐい力で押してくるピッチングだった。その速球が甘く入ったところをヤンキース打線が見逃さず捉える。2アウトから、ジアンビ、シェフィールド、松井とヒットで満塁のチャンス。ここで9月・10月、当たりに当たっていたカノーが打席へ。ホームランも可能なんじゃないかと期待して見守った。すると外角寄りへ甘く入ってきた速球を見事にレフト方向へ打ち返す。打球はぐんぐん伸びていき走者一掃の2ベースヒット。ボールを引き付けて強いレフトへの打球。ルーキーとは思えない広角に打てる技ありのヒット。カノー、やる~!!これで一気に3点が入る。好投手・コロンが相手ということで、打線がここまで繋がったのは、まるで難しい綱渡りを成功させたような喜びがあった。

トーリ監督のコメント:「(カノーが追い込まれて外角低めをカットした場面について)あの状況であれができるのだからたいしたものだ。」

2回表にも一塁・二塁のチャンスで、ジアンビにタイムリー2ベースヒットが出て追加点を挙げる。初回、2回と2死ランナー無しから得点につなげるというヤンキース打線の勝負強さが出た。

援護点を貰ったムッシーナは、落ち着いたピッチングを披露。前回の登板では初回から崩れ1回1/2で降板していたが、しっかりとこの日に合わせて調整をしてきた。さすがベテラン。試合前ムッシーナは、「調子はいいし、ケガも心配ない。公式戦最終戦で登板しなかったので休みも十分だ。」と話していた。
ニュース記事には、「今回の地区シリーズでひとつの鍵となるのは、盗塁王に輝いたチョーン・フィギンズ三塁手が起点となるエンゼルスの機動力野球をヤンキースがいかに封じるか。今年のレギュラーシーズン中、ヤンキースは27回盗塁を試みられ、21回の成功を許しているだけに、このシリーズでは足の速い選手を出塁させないことが重要となってくる。」とあった。ムッシーナも「フィギンズら足の使える選手を抑えられるようにベストを尽くすし、大量失点は避けたい」と語っていた。その1番・フィギンズには出塁を許さず、2番のカブレラにはヒット1本を許すも盗塁は無し。完璧にエンジェルスの機動力を発揮させず、波に乗らせなかった。

ムッシーナは6回ゲレーロにヒットを打たれたところで早めの交代。5回2/3で被安打5、無四球、失点0の好投だった。その後をライターが対左打者として引き継ぐ。7回先頭打者を三振にとってスターツに交代。スターツは変わってすぐソロホームランを打たれるが、その後1人を打ちとってゴードンに継投。ゴードンがライトフライで7回を締める。この回3人のピッチャーを小刻みに投入してきたトーリ監督。ランナーが溜まってからではなく、塁上が綺麗な場面で早め早めの継投。相手に隙を与えないトーリ監督の采配がピタリとはまった。
8回もゴードンが投げきり9回はリベラ。1死からゲレーロが四球、盗塁で2塁へ。次の打者の高いバウンドをした打球をセカンドカノーが後ろに逸らし1失点。続く打者は、ショートへのゴロでジーターがセカンドへ送球、ダブルプレーを取れるタイミングだったがカノーは、一瞬、一塁への送球が遅れ、更に送球が逸れて一塁はセーフ。その後、リベラがサードフライに打ちとって試合終了。

今日は、いい面も悪い面も出て最後まで魅せてくれたカノー。(^^)まさにカノーデーだった。しかし、守備の不安を補って余りある打撃でのチームへの貢献。上位打線から5番の松井が繋いだ場合、カノーがキーとなる。今後も期待してますよカノー君。頑張れ~。

この試合、ジーター、ジアンビ、シェフィールドが2安打だった。一方、2番・ロドリゲスは1死球ながらノーヒットだった。ロドリゲスが打てない時はジアンビが、ジアンビが打てない時はロドリゲスがカバーすれば問題ない。ジーターが出塁して、ロドリゲスかジアンビどちらかが繋いで安定しているシェフィールドに回すという展開。そして、クラッチヒッター松井がダメ押しをする。こんな感じで打線が機能するといいな。

5回裏、松井がレフト線へのファールフライを帽子を飛ばしながらスライディングキャッチ、8回裏には、シェフィールドが大きなライトへの当たりをジャンピングキャッチと外野の守備がピッチャーを盛り立て、試合のリズムを作ったのは大きかった。

松井のコメント:「追いかけている途中に、いけるかな、と。ファウル(ゾーン)だったし、思い切っていった。」

松井は、試合前コロンに対して、「球も速いし、コントロールもいい。ストレートもツーシームもカッターも、いろんなボールを投げる。コントロール次第。甘く来るか、甘く来ないか。(そして)甘く来たら打てるかどうか。でもそれは、どのピッチャーでも同じ。早いカウントから難しい球を打っても仕方ない。打てる球を待ちます。」と語っていた。第1打席、速球には押され気味だったが、厳しいコースを見極めて打てる球をひたすら待って、最後は捉えた。松井の追い込まれてからの勝負強さが光った。その後は、インコースの球を見せ球にして、決め球は外へ逃げていく変化をする球を効果的に使われ打ち取られた。明日からも外角への逃げていく球をどう攻略するかが鍵となりそう。頑張れ~、松井!!最終戦で見られたレフト線への強い打球を再び。

松井のコメント:「まあ、打てるに越したことはない。ただ基本的に勝つことだけが目標ですから。」

今日は、21勝投手・コロンが先発ということで苦戦が予想された。ヤンキースは、初回のワンチャンスをしっかりものにして勝ちに繋げた。コロンから挙げた今日の一勝はかなり大きい。これで波に乗れる。コロンが相手では初回のようのな展開は稀だと思われる。第5戦までもつれ込めば再びコロンが出てくるはず。それまでにヤンキースは勝負を決めておきたい。明日もエンジェルスの機動力を封じることが出来るか。

<追記>
短期決戦では自分の打撃を追い求め過ぎても良くない。この日の試合前練習では、いつもの手元ぎりぎりで打たず、とにかく強い打球を意識していた。試合後にはすぐにこの日の全打席をビデオでチェック。3年連続の大舞台で、気持ちにも余裕が生まれている。
~(スポーツ報知)~

<通算打撃成績>

試合数 打数 安打 二塁打 本塁打 打点 四球 三振 打率 出塁率 長打率 OPS
通算 162 629 192 45 23 116 63 78 .305 .367 .496 .863
AL 1位 11位 9位 2位 24位 8位 17位 67位 7位 17位 21位 17位
<月別打撃成績>

試合数 打数 安打 本塁打 打点 四球 三振 打率 出塁率 長打率 OPS
4月 24 92 23 3 16 12 16 .250 .330 .413 .743
5月 27 107 29 1 20 8 18 .271 .314 .393 .706
6月 26 93 37 6 23 15 9 .398 .477 .688 1.165
7月 26 104 33 7 22 8 7 .317 .377 .587 .964
8月 29 118 30 3 17 9 13 .254 .310 .390 .700
9・10月 30 115 40 3 18 11 15 .348 .402 .530 .932
<10試合ごとの打撃成績>

打数 安打 本塁打 打点 四球 三振 打率 出塁率 長打率 OPS
4/3~4/15 39 14 3 11 3 8 .359 .395 .667 1.062
4/16~4/26 37 8 0 4 9 6 .216 .362 .270 .632
4/27~5/6 37 5 0 6 4 5 .135 .214 .243 .458
5/7~5/17 43 12 0 8 2 8 .279 .298 .372 .670
5/18~5/29 40 12 0 5 1 7 .300 .317 .375 .692
5/31~6/10 33 10 1 5 4 5 .303 .368 .455 .823
6/11~6/21 38 19 5 17 7 3 .500 .578 1.053 1.630
6/22~7/3 37 14 2 4 6 1 .378 .465 .568 1.033

打数 安打 本塁打 打点 四球 三振 打率 出塁率 長打率 OPS
7/4~7/17 39 12 3 10 5 4 .308 .386 .615 1.002
7/18~7/28 39 12 3 8 2 3 .308 .357 .564 .921
7/29~8/8 44 9 0 3 0 5 .205 .239 .318 .557
8/9~8/19 39 11 2 9 5 2 .282 .364 .462 .825
8/20~8/29 41 14 1 8 3 4 .341 .378 .512 .890
8/30~9/9 38 8 1 6 4 7 .211 .279 .421 .700
9/10~9/20 40 14 0 6 3 5 .350 .395 .450 .845
9/21~10/2 45 18 2 6 5 5 .400 .460 .600 1.060
もしかしたら間違っているところがあるかもしれません。ご参考までに。

昨シーズンOPSは.912(出塁率.390+長打率.522)でア・リーグ10位だった。今から考えるとこの数字は本当に驚異的だったなぁと感じる。今シーズンOPSは.863(出塁率.367+長打率.496)でア・リーグ17位。毎日記録をつけながら、この数字が徐々に上がっていけばいいなぁと密かに願っていた。しかし、この数字を上げるにはやはりホームランが必要となってくる。昨シーズンより今年は8本、本塁打が少なかった。もし今季の8本のシングルヒットをホームランだとして計算すると長打率は.534となり、OPSは.901と9割を超える。
松井選手は日米通算400号を達成したときに「こっちではオレがホームランを打つことを、監督も、ファンも、誰も期待していない。ヒットで勝利に貢献しているのを、日本のファンは分かってくれていると信じてる。もう、巨人時代の影を追わないで欲しい。」と話していたという。一方、シーズンが終了して「ホームランは(昨年の31本から)減ってしまって、日本のファンの方にはホームランを期待している人もいると思うので、残念な思いをさせてしまったかもしれない。また、それは来年ということで。」とも語っている。巨人時代の影を追わないで欲しいという発言にはドキッとさせられた。それでも、松井選手は打者を置いた場面での勝負強いバッティングと、ホームランを期待してワクワクしてしまうバッティングの両方を兼ね備えた選手で、いつまでもいて欲しいと願う。松井選手の追い求める理想のバッティングとホームランはなんら矛盾しないと僕は思う。今シーズンもバッティングの状態が良くて広角にヒットを打てている時期には、自然とホームランが出た。好調時、本来のバッティングをしている時の松井選手のプレーは、あのロドリゲスに負けない、いやそれ以上のファンを引き付けて離さない魅力とチームへの貢献度の高さがあると感じる。

打率を見ると4月、5月苦しんでいたのが分かる。花粉症による体調不良もあったが、新しいバッティングフォームに変えて、これまでとは違う微妙なズレを修正するのに時間がかかったのかなぁといった印象を受けた。8月連戦の疲れから打率を落とすが、それ以外は安定した数字を残した。松井選手がメジャーに渡り、3割打者になったというのは物凄く嬉しい。松井選手の実力を本当の意味で周囲に示すことが出来た気がした。「テイクバックを深く取り、右足をステップしながら体の中央に重心を置いて、バランスを取りながらボールを見極める」という今シーズン取り組んだ松井選手の試みは間違いではなかったことが証明された。来シーズンは更に上の打率を狙えるのでは。

今季四球の数は昨シーズンの88から63に下がった。これはホームラン数に比例するのかなぁと感じた。また松井選手は「オレは振って失敗することが多いタイプ。(早いカウントで)ファウルや空振りが少ない。当たってゴロになる。振ることを我慢するのが一番だろうね。」と語っている。早いカウントで厳しいコースを打ちにいき、ゴロアウトになることが多いと打率も下がるし、四球の数も減ってくると思われる。今季、最終戦でラミレスは、厳しいコース、ボールと思われるコースを確実にファールして粘っていた。外角低めへの難しい球を引っ掛けてゴロになるケースを少なくすれば、バッティング全体にいい影響があるのでは。

4月、5月、松井選手は不調のどん底にいた。本当にどうなるか心配された。そこで、松井選手は自分の信念を曲げなかった。新しくしたバッティングが正しいのかどうなのか答えの出ない中で、自分を信じて前へ前へ進んでいった。その時インタビューでこう答えている。
―過去、ここまで苦しんだことはなかった。
 「ない、かもしれないけど、そんなふうには思わないな。巨人時代、(98年)開幕戦で1安打して、それから13打席ノーヒット。打率が1割なくて、4分何厘…とかいうことだってあったんだから」
―気はめいらない?
 「こういうことでは暗くはならないんだよ。調子がいい時はいっぱい来るメールも電話も、おかげ様で、今はほとんどないね。」
と話している。
松井選手の勇気には人間として尊敬してしまう。強い精神力と、どんな時もプラス思考の前向きさ。毎日松井選手を見つめてきて不調の時も、その戦う姿勢には感動させられた。そして、野球の神様は松井選手を見放さなかった。今年、松井選手にとって素晴らしい、実りの多いシーズンになったのでは。やっぱり松井選手はファンの期待を裏切らないスーパースターだ。

まだまだこれからが本番、常にベストを尽くしてプレーする松井選手に目が離せない。

3打数・2安打・0打点・1二塁打  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 162 629 192 23 116 .305 .367 .496 .863
松井:5番・レフト先発出場
先発:ライト【L,5勝5敗】(IP:3.1 H:3 R:3 ER:3 BB:5 HR:1 ERA:6.08)

『対戦ピッチャー』
・vs シリング(R)【Career:16-5 avg .313】:第1・2・3打席

第1打席2-2-2 ランナー:一塁・三塁 初球、外角低めへの速球(140km/h)を見送ってボール。2球目、外角低めへの変化球?(137km/h)を見送ってストライク。3球目、外角低めへ鋭く逃げながら落ちていく変化球(137km/h)を空振り。4球目、インコース高めへの速球(150km/h)で上体を起こされた後の5球目、外角低めへ沈む変化球(137km/h)を打ってファースト正面へのゴロ。上体を残して上手くバットに乗せようとしていたように見えたが、やや体が流れて当てるだけのバッティングになったのでは。インコースを見せられてから外角の低めの厳しいコースで、上手く攻められた。

第2打席1-1-1 ランナー:なし 初球、高さは真ん中、外角への速球(144km/h)を見送ってボール。2球目、再びインコース高めへの速球(140km/h)で上体を起こされる。3球目、真ん中に甘く入ってきたカーブ(121km/h)を打ってファーストの横を抜ける痛烈なライト前ヒット。おそらくストレートのタイミングで待っていた。そして、緩い変化球に対して、ステップした後一瞬の"間"を作って体を開かずボールを呼び込んでいたように見えた。状態が悪かった時は、このあとバットが出てこなかったが、今は、鋭い体の回転によりスムーズにバットが走っていた。変化球にも崩されることなくボールを呼び込めて柔軟に対応でき、甘い球を逃さない。いい状態が続いている。

第3打席2-1-1 ランナー:なし 2球、外角への速球が外れてカウント2-0。3球目、外角やや高めへの速球(142km/h)を打ってファール。3球目、高さは真ん中、外角への速球(140km/h)を打ってレフト戦を破る2ベースヒット。ついに出ました!!9月18日以来13試合ぶりのレフトへのヒット。松井の調子のバロメーターといっていい?レフトへのヒット。右肩が開かずボールを引き付けて、体の右側に壁を作って体の正面で捉えていたのでは。レフトにヒットが出るというのは、いいバランスといい感覚でボールを呼び込めている証拠なのかなぁと思った。

松井のコメント:「非常にいい感じで左右に打てた。バッティングはいい状態だと思う。」

今日の先発はライト。前回の登板、ヒット6本を打たれ1回で降板していたので、期待せずにいたら予想通り今日もピリッとしない。結果は3回1/3を投げ被安打3、四球5、失点3という結果だった。ライトは結果以上に内容が非常に悪かった。四球でランナーを溜め打たれるという一番、野手の集中力を削いで、攻撃へのリズムを作れない投球だった。

その後を引き継いだ投手は以下の通り。

プロクター【IP:0.2 H:3 R:3 ER:3 BB:0 HR:1 ERA:6.04】
チャコーン【IP:0.2 H:3 R:1 ER:1 BB:0 HR:0 ERA:3.44】
フランクリン【IP:0.2 H:0 R:2 ER:2 BB:2 HR:0 ERA:6.39】
F.ロドリゲス【IP:1.2 H:2 R:1 ER:1 BB:1 HR:1 ERA:5.01】

誰も火のついたレッドソックス打線をピシャリと抑えることが出来なかった。昨日は、今シーズンのヤンキースのいい面が出た試合だったが、今日は、先発が崩れその後を引き継いだリリーフ陣も総崩れという悪いヤンキースを象徴するような試合だった。
今日知ったのですが、この試合はエンジェルスとの地区シリーズをホームからスタート出来るか、ロードでスタートするかが決まる結構、重要な一戦だった。そういうことを聞かされると、この試合内容は、残念だった。
攻撃面では、シリングの高めに浮いた球を捉え、ヒットは8本出たものの要所を締められ、シリングから奪った得点は1点のみだった。
でも、いいんです、地区シリーズで勝てば。勝ち先行でヤンキースタジアムに戻ってきてくれると信じています。

松井選手がポストシーズンへの思いを語っていた。
「おとどしもワールドシリーズに出ましたけど負けてしまったし、やっぱり短期決戦は勝ち抜いていくのが非常に難しい。僕がこちらに来て2年間にね、そういうことを体験したし、一つのプレー、一つのちょっとした事で色んなことが変わっていく。それがペナントよりも非常に大きな割合を占めるんで、色んな準備をしっかりして、対応できるようにしていかないと取り返しのつかないことに繋がることもあるし、その辺をしっかり肝に銘じてグランドに立っていきたい。そして、またワールドシリーズの舞台に立ちたい。そして今度は勝ちたい。」

松井選手は笑顔で話していた。しかし、その笑顔の奥に必ずワールドチャンピオンになるという強い信念みたいなものを感じた。いよいよだ。過去2年は、チャンピオンリングに手が届きそうになりながらその手をすり抜けていき、悔しい思いをした。今年はもう後がないという思いで応援します!!今年こそは、絶対に・・・。

松井選手はここ数試合で徐々に調子を上げてきて、最高の状態でプレーオフに進めるのでは。オールスターの時は、3日間の休みでバッティングに微妙なズレが生じたと松井選手は話している。あまりシーズン中に間が空くと良くないみたいだけど、メジャーリーグは日本と違い、一日おいて間髪容れずプレーオフに入るありがたいシステム。バッティングのいい感覚が、出来るだけ長く続いてくれることを祈っています。頑張れ~、松井!!

<松井のコメント>
・(全162試合の出場で残した打率.305、23本塁打、116打点という成績については、)「自分の感想は特別ない。毎年、前の年よりいい成績を残したいと思ってやっているから、(自己ベストの)打率と打点はよかった。ホームランは(昨年の31本から)減ってしまって、日本のファンの方にはホームランを期待している人もいると思うので、残念な思いをさせてしまったかもしれない。また、それは来年ということで。」
・(今後の抱負としては)「最終的な目標はもちろんワールドチャンピオンになることだが、目の前の1試合、1試合をしっかりやっていきたい。しっかり準備して、気持ちも体も整えてグラウンドに立ちたいと思う。明日1日(オフが)あるし、ここまで来たら疲れは関係ない。」
・(エンジェルスについて)「非常にバランスの取れたチームだと思う。そつのないプレーをして守りもしっかりしている。非常に手ごわい相手。レギュラーシーズンでは(4勝6敗と)苦戦しているので、3つ勝てるように頑張る。」
・「目指すメジャーリーガーはいないけど、ヒットもホームランも打てるラミレスはいい打者だと思うな。また来年以降、チャレンジしたいと思います。」

4打数・2安打・1打点・1本塁打  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 161 626 190 23 116 .304 .366 .494 .859
松井:5番・レフト先発出場
先発:R.ジョンソン【W,17勝8敗】(IP:7.1 H:5 R:3 ER:3 BB:3 SO:8 HR:2 ERA:3.79)

『対戦ピッチャー』
・vs ウェイクフィールド(R)【Career:33-5 avg .152】:第1・2打席
・vs スタントン(L):第3打席
・vs ディナルド(L):第4打席

第1打席1-1-1 ランナー:なし 初球、外角やや高めへのナックル(111km/h)を見送ってストライク。2球目、インコース低めへのナックルを見送ってボール。3球目、高さは真ん中、外角寄りへのナックル(111km/h)を打ってファーストゴロ。引き付けて打とうとしているように見えたが、待ちきれなかったという印象。やや強引さが出たのかも。

matsui_051001_23homerun_2 matsui_051001_23homerun 第2打席0-2-2 ランナー:なし 初球、高さは真ん中、インコースへの速球(108km/h)を見送ってストライク。2球目、インコース寄り低めへのナックル(110km/h)を見送ってストライク。2球で追い込まれる。3球目、真ん中やや高めに甘くナックル(111km/h)が入ってくる。ポイントまで引き付けてしっかり軸足に残り、松井本来のややアッパー気味のスイングで捉えた打球は、センターバックスクリーンに一直線に飛んでいく。打った瞬間はセンターフライかなと思った打球は、ぐんぐん伸びていき、本当にギリギリスタンドに飛び込んだ。第23号ソロホームラン!!待ちに待ったセンター方向へのホームラン(センターから左方向へのホームランは7月24日以来)、センター方向への強い打球だった。松井がメジャーに渡って追い求めていた「打つポイントを後ろにし最後まで球を見極め、体重を後ろに残したまま左手主導でボールを強く捕らえ、体が開かないように振りぬく。」が実践できたバッティングだったのでは。右肩が最後まで我慢できてボールを引き付けられたのが大きかったと感じた。2ストライクからこれだけきっちりバットを振れるというのは、状態の良さがそうさせたのかなと思った。20連戦中、疲れを隠せない松井がいた。その松井が休み無しに毎日試合に出場しながら、ここまで状態を回復させてきたのは、さすが松井としか言いようがない。想像を超えていた。

松井のコメント:「オレは振って失敗することが多いタイプ。(早いカウントで)ファウルや空振りが少ない。当たってゴロになる。振ることを我慢するのが一番だろうね。」

第3打席1-2-0 ランナー:なし 2球、インコースへの変化球、1球、外角への速球を見せられたあとの3球目、外角低めへのカーブ?(129km/h)に完全にタイミングを外されて空振り三振。バッテリーに上手く攻められた感じ。松井の頭の中に全くなかった球種だったのかも知れない。

第4打席0-0-1 ランナー:一塁・二塁 初球、真ん中へ甘く入ってきた速球を素直にセンター方向へ弾き返した。センターに抜けようかという打球をショートが何とか止める。セカンドへ送球するがシェフィールドが好走塁を見せ、間一発セーフ。ショートへの内野安打。遊びのあるボールの待ち方に見えた。ボールを見極める十分なタメがあった。第2打席目のホームランと同じくらい価値のあるヒットだったのでは。そしてそして、第三打席、第4打席は松井の打率のことが頭に浮かんでいた。どうしても3割の大台に乗せて欲しいと願っていたので、この第4打席のヒットは非常に嬉しかった。明日5打数0安打でも3割を超える。ヨッシャーーー!!(今日4打数1安打、明日5打数0安打でも3割超えてました。(^^))

トーリ監督のコメント:(レッドソックスとの2試合で8打数5安打だった松井について)「鉄の神経。きのうのウェルズに相性が悪いのも、ナックルボーラーを打っていないことも知っていた。でもあいつは打つんだな。」

<試合内容>
初回、ジーター、ロドリゲスがヒットで出塁。これで無死一塁・三塁。ジアンビのセカンドゴロの間に1点先制!!ダブルプレーは取れずジアンビが一塁に残る。ここでシェフに2ランホームランが出る。ストレートを見逃さず捉えた。松井、カノーと倒れてこの回3得点。1回表、見事な攻撃だった。効率的な攻撃。レッドソックス打線を考えるとこれでイーブンになった気持ち。

1回裏、ジョンソンがデーモンに四球を与えてしまう。そして、デーモンは難なく2塁へ盗塁。1死三塁となってオルティスを三振に切って取る。しかし、ラミレスに場外に消える特大のホームラン。これで2-3。カメラが追えず一瞬ファールかと思ったが、入っていた。残念。

2回表、先頭・マルティネスがヒットで出塁。ウィリアムズの打球はファーストのグラブをかすめ2ベースヒット。これで無死二塁・三塁のチャンス。バッターはフラハティ。最低でも1点お願いします。そのフラハティが犠牲フライ!!ウィリアムズはタッチアップして三塁へ。ここでジーターが再び犠牲フライを放ち追加点を挙げる。結局、この回2得点。2-5。昨日の攻撃陣とは一味違う。この回も超効率的な攻撃。

2回裏、再びジョンソンが先頭バッターに四球を与える。その後2人の打者を連続三振。続く打者にジーターの横を抜けるヒットを打たれる。これで2死一塁・二塁。バッターはデーモン。カウント2-0とボール先行。カウント3-1となってから際どいインコースの球を取ってもらえず四球。2死満塁の大ピンチ。ストライク・ボールの判定でジョンソンにフラストレーションがたまらなければいいが。続くレンテリーアに対してもストライクが入らずカウント3-1.場内は凄まじい歓声に包まれる。カウント3-2。最後は速球で三振に切って取る。空振りの瞬間、全身の力が抜けた。あ~、危なかったぁ。

2回を終わって1時間近くたっていた。

3回表、この回ジアンビから。松井の前にランナーを置いてほしい!!しかし、ジアンビ、シェフィールドと簡単に凡退。そして、松井の打席。松井にホームランが飛び出す。一瞬、場内は静まり返りセンターフライなのかと思ったらセンターの一番深いスタンドへギリギリ飛び込んだ。ホームランが出て歓声がないというのは少し寂しい。それでも嬉しいものは嬉しい。イエスッ!!この大舞台で松井が大きな追加点となる6点目を上げた。

3回裏、先頭バッター・オルティスに2ベースヒットが出る。ここまでジョンソンは毎回先頭バッターを出している。その後シェフィールドのスライディングキャッチなどあり無得点に抑える。

4回裏、シェフィールドがヒット性の打球を飛び込んでキャッチ。肩と足が万全でない中で相手に隙を見せない見事な守備を披露。その後、ヒットと盗塁で2死二塁とするが、最後内野ゴロに打ち取ってチェンジ。ランディーは、4回を終わって70球を超える球数。どこまでランディーを引っ張れるかが問題となってくる。

5回表、ロドリゲスがレフトへ場外ソロホームラン(第48号)を放つ。これで2-7。

6回表、松井が倒れてカノーが内野安打で出塁。しかし、けん制で誘き出されアウト。

6回裏、レッドソックスの攻撃中、1-0とリードしていたインディアンズが対戦相手のホワイトソックス・井口に3ランホームランなどがあり1-4と逆転されたという情報が入ってきた。

7回表、ウィリアムズの痛烈なライナーがライトへ飛ぶ。しかし、この打球をライト・ニクソン?がダイビングキャッチ。両チーム守備が堅く締まった試合となっている。

7回裏、ジョンソンが9番バッターにソロホームランを浴びる。これで3-7。ここまで安心してみていたが、ちょっと不安になっていくる。

8回表、同時進行のインディアンズ対ホワイトソックス戦でインディアンズが追い上げている情報。 先頭バッター・ロドリゲスがグリーンモンスター直撃の2ベースヒット。ジアンビ倒れて、シェフィールドを敬遠。松井、カノーと左が続くからという事らしい。ここで松井に内野安打が出て満塁。カノーはセカンドゴロ。セカンドが一塁ランナー・松井にタッチをしようと試みたが、松井が大きく一塁・二塁を結ぶ線から外れてよける形となった。セカンドはタッチを諦めてファーストに送球するが、カノーもセーフ。松井、ナイスランニング。(^^)1得点入ってなおも1死満塁。しかし、続くマルティネス、ウィリアムズが倒れこの回1点止まり。

8回裏、ここまで119球投げているジョンソンがマウントに上がる。オルティスをファーストゴロに打ち取ったあと122球でジョンソンがマウンドを降りる。代わったゴードンがラミレスに今日2本目となるソロホームランを打たれる。真ん中高めへの速球だった。今後のことを考えるとラミレスを調子に乗せたくはないのだが。その後、ゴードンは2人をきっちり抑えチェンジ。残すはあと1回のみ。この時点で4-8とヤンキースが4点リード。踊りながら観戦する。

9回表、1死からジーターがライト線へのヒット。ここでインディアンズが4-3で負けたという情報が入ってきた。今日、ヤンキースが勝てば地区優勝が決定する。ロドリゲスがヒットで1死一塁・二塁。フェンウェイパークのスコアボードにもインディアンズの負けが表示される。この瞬間、観衆から拍手が起こる。ジアンビ、シェフィールドが倒れてこの回無得点。

9回裏、満を持してリベラ登場。さあ、3人で気持ちよく打ちとって優勝だーーーーーーー!!画面に一人ひとり選手達の様子が映し出される。優勝の瞬間が徐々に近づき、冷静と喜びの狭間の選手達。バリテックが、カノーのグラブをかすめるヒットで出塁。続く打者をライトフライ。あとアウト2つ。トーリ監督も落ち着かない様子。サードゴロであとアウト1つ。これまでの長い長いシーズンのことが頭をよぎる。秋の空の下、何かを成し遂げたという清々しい気持ちになっていた。そして、最後リベラへのピッチャーゴロで試合終了。ヤンキースの8年連続14回目の地区優勝決定!!!
051001_yusyou_tori 選手達は、ゆっくりとマウンドに集まりお互いの健闘をたたえあっていた。ジーターとトーリ監督が抱擁を交わした姿は、お互い表には出ない苦しい時期を共に乗り越えてきたであろうことが想像され、まさに感動的だった。トーリ監督は感極まっている様子だった。今年はトーリ監督の手腕が試されたシーズンだった。何度もオーナーの逆鱗に触れるような結果を出しながらも、黙々と自分の役割を果たした監督。そしてそれに応えたヤンキースナイン。勝負の世界の厳しさとそれを超えた喜びを感じた。

-----------------------------------------------------------------

2時から始まるニューヨーク発のFMラジオ「World Musix」でニューヨークの盛り上がりを感じつつ、2時20分から試合に突入。

昨日、エラーのあったジアンビはDHで起用。ファーストにはマルティネスが。そして、昨日不調だった6番・7番・8番を変えてきた。昨日2安打だったカノーが松井の後ろ6番を任された。昨日の結果を受けて迷いなく布陣を変えてくるトーリ監督のフットワークの良さは、さすがだなぁ。

今日は先発がジョンソンとウェイクフィールドということで大方の予想は投手戦になるというものだった。ある程度、ホームランにより試合は動くと思われたが、初回からいきなりシェフィールド、ラミレスのホームランの応酬となった。この時点では、流れがどっちに転ぶか全く分からなかった。その流れをヤンキースに引き寄せたのは、今日ジョンソンが先発ということでスタメンに名を連ねたフラハティだった。フラハティの犠牲フライをキッカケに2回に2得点を追加。
序盤、やや制球に苦しんで毎回ランナーを出す本調子ではなかった?ジョンソンは、味方の援護、バックの好守備にも助けられ徐々に調子を上げていった。結局ジョンソンは7回1/3を投げて被安打5、失点は2本のホームランによる3点のみだった。(ジョンソンは、8月26日以降の勝負の1ヶ月は6勝無敗と、まさに優勝請負人の名にふさわしい活躍だった。) 
ヤンキース打線は、3回以降も本来のナックルでないウェイクフィールドを攻め、単発ながら松井、ロドリゲスに1発が飛び出す。特に3回、松井のホームランによる追加点は大きかった。これでレッドソックスの戦意をある程度喪失させたのでは。
最後はヤンキースの必勝リレーであるゴードン、リベラが機能して優勝を掴んだ。

この試合、上位打線の繋がりによる得点、下位打線の繋がりによる得点があったり、先発では、ジアンビとフラハティ以外全員安打だったが、そのジアンビ、フラハティにも打点がついたりして、チーム全員が一丸となって勝ち取った勝利という印象が大きい。
優勝を決める試合で投打がバッチリと噛み合い、9月の負けないヤンキースを象徴するような戦いを見せてくれた。

今日は、ヤンキースが勝っても優勝は決まらないと思っていた。しかし、インディアンズが負け、ヤンキースの勝ち数に追いつけないことが決定。更に、レッドソックスとの直接対決で勝ちが先行しているヤンキースの優勝が確定した。なんだか優勝がむこうから転がり込んできたような印象。明日はシリング投手が先発ということもあり、優勝決定戦をある程度覚悟していたので心底ホッとした。(^^) これで本当に優勝なんですね!?ね!やったーー!!という開放感があった。(^^)
しかし、これまで山あり谷あり長かった今シーズン。最後はヤンキースナインの優勝への強い思いによって最高の形でピリオドを打つことが出来た。試合が終わった瞬間は、次のステージに進める安堵感の方が大きかったが、一夜明けてこれから、また最高の舞台でプレーする松井選手を見ることが出来る喜びがふつふつと沸いてきた。気がつけばもう季節はすっかり秋になっていた。ちょっと肌寒くて凛とした空気の中、今年も熱いプレーオフの戦いが始まる。上手く言葉では表せないけど身が清まる思い。

優勝決定直後の松井のコメント:「今シーズンチームが本当に苦しい時期がたくさんありました。そういう意味では、去年、おとどしにはない違った喜びがあります。(この1ヶ月苦しい戦いでしたが)勝たなくちゃいけないという試合の連続でしたしね。そういう中でも本当にチームがいい力を出し始めていたし、素晴らしい1ヶ月になりましたね。(今日のホームランについて)ナックルが高めに甘く入ってきたので、それをしっかり打てましたけど、非常に効果的な1発になってよかったですね。(バッティングについて)ここ何試合か非常に状態はいい。明日もプレーオフと同じ気持ちで戦いたい。」

matsui_051001_yusyou 今シーズンは松井選手にとっても、山あり谷ありで色んなことがあった。それだけ自然と応援にも熱が入った。苦しい時期に松井選手が闘っている姿には、大きな勇気を貰いました。そこで見せた松井選手の野球選手としてだけでなく人間としての大きさは、僕を一層松井選手のファンにさせた。松井選手の夢はまだまだこれからだけど、一先ずおめでとうございます!!

松井のコメント:「ようやく次のステップに乗ったところ。大騒ぎというほどではない。」と抑え切れない笑顔で語ったという。

トーリ監督のコメント:「絶対に勝たなくてはいけないと言われて勝つことの大変さが、みんな分かってないと思う。残り5試合になってからの先発がチャコン、スモール、王建民。想像もできなかったよ。」

<追記>
◇ヤンキースの月別成績  
 月    勝   敗   勝率
 4月 10勝 14敗  .417
 5月 17勝 10敗  .630
 6月 12勝 14敗  .462
 7月 17勝  9敗  .654
 8月 19勝 10敗  .655
 9月 19勝  9敗  .679
10月  1勝  0敗 1.000
計  95勝 66敗 .590
~(MAJOR.JP編集部)~

<松井のコメント>
・「去年もその前も、リードがあって最後までいった。今年は追いかける展開で何とか勝てました。やっぱり信じることでしょう。信じることをやめたらそこで終わっちゃう。だから今年もそういう気持ちが途切れることはなかった。」
・(日米通算400号を達成した直後のコメント)「こっちではオレがホームランを打つことを、監督も、ファンも、誰も期待していない。ヒットで勝利に貢献しているのを、日本のファンは分かってくれていると信じてる。もう、巨人時代の影を追わないで欲しい。」
・「一息ついている暇はない。また違う戦いだし、気持ちを締め直していかなくちゃいけない」

<トーリ監督のコメント>
・「サングラスを取れないよ。赤ん坊のように泣いてしまったから…。絶対に勝たなくてはいけないと言われて、勝つことの大変さが、みんな分かっていない。最初の優勝は確かに思い出深いけれど、今回が最高だよ。」
・「開幕前には夢にも思わなかったことばかり起きた。苦しい戦いだったが、若手やスモールのような選手が才能を開花させていく姿を見るのは就任して以来初めて味わう喜びだった。」
・「松井は安定していた。鉄のような神経で、冷水のような冷静さがあった。きのうのウェルズも、今日のナックルボーラーも苦手にしていることは知っていた。でも、打っただろう。マツイはそういう男。この時期が彼をさらに熱くさせるんだろうな。」

◆松井に聞く 
―シャンパンファイトの様子は?
 「盛り上がってました。みんな多少ホッとしたんでしょう」
―自分自身、苦しい時期はあった?
 「僕はそう思った時期はない。ただ、チームはずっと苦しかったと思う。最近まで本来の力が出せなかったから」
―昨年、一昨年と優勝の味は違う?
 「苦しかったシーズンでしたけど、喜びの大きさは一緒ですね」
―苦手のウェイクフィールドから本塁打。試合前にナックルボールを打つ練習は?
 「僕はしなかった。練習でも抑えられたら気分が悪いですからね」
―3割はほぼ確定。
 「昨年は最終戦でだめだったわけで、いいことですね。うれしいというのはそんなにないですけど。少しでも数字を上げるのが目標ですから」
―最終的な目標は?
 「ワールドチャンピオンしかない。でもいくつかの階段があるし、1つずつ上っていくだけ」
~(スポーツ報知)~

4打数・3安打・1打点・1二塁打  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 160 622 188 22 115 .302 .365 .489 .854
松井:5番・レフト先発出場
先発:王建民【L,8勝5敗】(IP:6.2 H:4 R:5 ER:3 BB:6 HR:1 ERA:4.02)

『対戦ピッチャー』
・vs ウェルズ(L)【Career:14-3 avg .214】:第1・2・3打席
・vs マイヤーズ(L):第4打席

第1打席0-0-1 ランナー:満塁 初回、満塁のチャンスで松井に打席が回ってくる。異様な雰囲気のスタジアム。そして、大舞台でいきなりの先制点のチャンス。僕は一気に緊張が高まった。しかし、松井はどこまでも冷静で、集中していた。
初球、キャッチャーはインコースへ構えていたが、真ん中低めへ速球?(139km/h)が入ってくる。これまでの松井なら引っ張ってもおかしくないような球だったが、内からバットを出して詰まりながらもレフト寄りへのセンター前ヒット!!ギリギリまで体が開かずにボールを呼び込んでいた。いつもよりワンテンポ、ボールを見極めるタメの時間が長かったような印象。ある程度どんな球種、コースでも崩されないような安定したボールの待ち方に見え、状態の良さを感じた。

第2打席1-1-0 ランナー:なし 初球、インコース高めへの速球(137km/h)を打ってファール。2球目、外角への速球(139km/h)が外れてボール。3球目、外角高めへの速球(139km/h)を打ってセカンドの横を抜けるセンター前ヒット。この打席も体を開かずに体の正面でボールを捉えているように見えた。テイクバックして右足を踏み出していく間、左肩が前に出ずしっかりグリップが後ろに残っていて、どのような球にも柔軟に対応できるように感じた。センター方向への打球を意識したバッティングだったように見えた。

第3打席1-0-1 ランナー:一塁 初球、外角低めへの速球(137km/h)を見送ってボール。2球目、肩口から入ってくる緩いカーブ(118km/h)が高さは真ん中、インコース寄りへ来る。その球に合わせて肩の開きが全くなくゆったりとタイミングを取り、緩い変化球に体が前に流れそうになるが、何とか後ろに体重を残した。そして、バットに上手く乗せた打球はライトの横を抜ける2ベースヒット。下半身の柔軟性を使い、体重の乗った打球だった。これまで速球しか見せられていなく、松井に対して初めて投じられたカーブだった。それを見事に捉えた。変化球にも速球にも対応できる状態という事か。バットが振れていると感じた。

第4打席2-2-1 ランナー:なし 外角への球、2球でカウント1-1。3球目、インコースへの速球?をファール。これで1-2と追い込まれる。1球外角に外れたあと6球ファールで粘った。インコース低め、外角と色んな球種で攻めてくる投球に対しバットコントロールでかわしていった。最後は、下から浮き上がってくるような真ん中への球(120km/h)にタイミングが合わず空振り三振。見応えのある対決だった。6球、ファールで粘ったときは凄すぎて笑いが出てきた。もしここで松井にホームランが出ると同点か逆転という場面だったら、もっと盛り上がっただろうなぁと思った。

<試合内容>
初回、先頭バッター・ジーターが三振すると場内凄まじい歓声が上がる。激しいブーイングの中、ロドリゲスは四球で出塁。ジアンビも四球。四球の少ないウェルズには珍しい展開。シェフィールドへの初球、ロドリゲスがなんと三盗を決める。シェフィールドは死球で満塁。ここで松井の打席。手が震えた。松井がタイムリーヒットで1点先制。2点入ると思いきや、フライかヒットか微妙でランナーがスタートを切れず1点どまりだった。おしいっ!!!センターのデーモンの肩がそんなに強くないと聞くと更に悔しい。ポサダは三振。ここで追加点が上がらないと嫌な展開になる。シエラはライトフライ。残念。あと1点、あと1点取りたかったーーーー。

1回裏、王建民は、いきなり先頭デーモンを歩かせる。緊張があるのか。ややボールを置きにいっている印象。デーモンが盗塁を決める。オルティスが当然のように余裕を持ってセンター前タイムリーヒット。ラミレスは空振り三振。ニクソンは見逃し三振。

2回表、ウィリアムズ、ジーターといい当たりで大きな打球は飛ぶが、外野手にキャッチされる。

2回裏、初球、バリテックに甘く入った速球を狙い打たれ、特大の勝ち越しホームラン。意表を突かれたホームランだだった。その後の3人は内野ゴロで簡単に打ち取る。

3回裏、ロドリゲスがデーモンの打球をトンネル。相手に隙を与える形となり、嫌な走者を出してしまった。続く打者がバントを決める。王建民はナイスフィールディングでバッターはアウトにした。1死二塁でオルティスはピッチャーゴロでファーストにてアウト。二塁ランナー・デーモンは、なぜかなんとなく三塁を狙い、アウト。走塁ミスが出てヤンキース、助けられる。

4回表、松井が先頭バッターとして出塁するもその後が続かずこの回無得点。ここまでヤンキース打線は、松井の2本のヒットのみに抑えられる。

4回裏、王が四球を与えるもレッドソックスがヒットエンドランを失敗し、ランナーを二塁で刺す。

5回裏、この回も王が先頭バッターに四球を与えるも、次の打者がカウント3-1から内野ゴロ併殺打。

6回表、ジアンビがヒットで出塁。松井に2ベースヒットが出て1死二塁・三塁。足の速い選手なら一気にホームを狙えたタイミングのようにも見えた。ここでポサダがサードゴロ。ランナー動けず。シエラ、センターフライでこの回得点できず。チャンスをどうしても活かせないヤンキース。どうしたんだ~~~~~~。

6回裏、先頭バッター・デーモンがヒットで出塁。デーモンが盗塁を決める。オルティスを敬遠で歩かせて1死一塁・二塁。ラミレスへの初球、一瞬ホームランかと思うような特大のファール。危なかった~。スタジアムはこれで更に盛り上がる。ラミレスにヒットが出て1死満塁。王建民はもうフラフラ状態。次のバッター・ニクソンにカウント3-1としてしまう。最後は押し出し四球。3-1。なおも満塁。次のバッターはファーストゴロ。ジアンビがホームへ送球するも、逸れてポサダがキャッチできず、更に1失点。オルルッドにも犠牲フライが出て1失点。王のワイルドピッチの間にそれぞれランナーが進塁して2死二塁・三塁とするが最後はファーストゴロに切って取る。この回、相手に隙を見せヤンキースが自滅した形となった。この回3失点で5-1。

7回表、カノーのヒットの後、ジーターに第19号2ランホームランが出る。まだまだ諦めないという意思をキャプテン自ら示した。

7回裏、カノーが2死から四球を出したところで左対策でライターに交代。オルティスに対してストレートの四球。仕事を出来ず。継投したプロクターがラミレスを抑えチェンジ。

8回裏、プロクターが3人で抑える。

9回表、2死ながらカノーがヒットで出てジーターへ打順が回る。しかし、ジーターはショートゴロに倒れゲームセット。

----------------------------------------------------------------------

この試合、ヤンキース打線は、ヒット7本、残塁7だった。ヤンキースは、初回・1死満塁、6回・1死一塁・二塁の得点のチャンスを活かすことが出来なかった。いずれもポサダ、シエラにヒットが出ないという結果に終わった。今日、6番・ポサダ、7番・シエラ、8番・ウィリアムズの下位打線にヒットが出なかったというのが試合展開に大きく響いてしまった。松井選手が打ってチャンスを作れば何かが起こると期待していただけに、残念だった。この好機をものに出来なかったヤンキースには重苦しい雰囲気が流れ始める。
そして迎えた6回裏。状態が良くないながらもレッドソックス打線を2失点に抑えた王建民が崩れる。押し出しの四球とジアンビのエラーで隙を見せ失点を許してしまう。このプレッシャーのかかる舞台でルーキーの王建民は良く投げたという印象だったが、四球が6とレッドソックスの勢いと威圧感に押されてしまった感じ。
結局レッドソックス打線のヒットはトータル僅か4本。効率的な攻撃と相手の見せる隙を見逃さない勝負強さがあった。
一方、チャンスを活かせず、勝負どころは自滅してしまったヤンキース。レッドソックスファンで埋め尽くされたフェンウェイスタジアムの異様な雰囲気に自分達の野球をさせてもらえなかったのでは。

トーリ監督のコメント:「最高のチームが同じことを成し遂げようとしている。きょうは向こうが一歩前を行った。高揚するな。まあ、仕事だから楽しいということもないが。これまで3週間毎日、勝たなくちゃいけない状況の中やってきた。今日の負けは、プレッシャーに勝てないことを示してるわけじゃない。」

その中で孤軍奮闘したのが試合前、「(昨シーズンの)悔しさは忘れちゃいけない。思いだしながらプレーするものではないけれど、悔しさをいい形で出したい」と語っていた松井選手だった。第1打席、初球から打ちにいく積極性を見せ、この試合ヒット3本の大活躍。大舞台での松井はやはり一味違っていた。今日の松井は、あの6月の絶好調時を彷彿とさせるような状態の良さだったのでは。強引さはなくなり、基本的にセンター方向へのバッティングだった。体が開かずポイントまでいい形で呼び込んでいるように感じた。今の松井選手には、広角にヒットが打てる柔軟性があるのでは。そして、何よりもバットが振れている!!
ランナーを置いて2本ヒットが出た場面があったが、キーとなるランナーがジアンビだったということもあり打点は1だった。もう2打点は取れたようなイメージだったので悔しさが残る。
明日も得点圏にランナーを置いた場面で松井選手の勝負強いバッティングを見たい。頑張れ~、松井!!

<松井のコメント>
・(今日の試合の雰囲気について)「好きですよ。空気が違う」
・「センター方向にいい打撃ができた。」
・「相手がいい野球をしたということ。とにかくあした。それしかない。明日の試合を全力でやる。今日はミスと四球があったけど、しっかりした野球はできていた。」

これであと2試合を残してヤンキースとレッドソックスは勝率が全く同じで再び並んだ。凄い展開になってきた。明日の試合、負けた方が王手をかけられる状況になるため、絶対に落とせない。戦う姿勢を全面に出したヤンキースナインが、気持ちのこもった試合をしてくれること期待します。頑張れ、ヤンキース!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。