ヤンキース松井秀喜バッティングArchives!?

~松井のワールドチャンピオンになるまでの軌跡を見つめていきます~

Hideki Matsui is on fire right now!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Better have a thick skin to go along with the strong arm and sweet swing

上記のリンク記事に、ニューヨークという街のチームがどれだけ注目されているか、そして、そこに所属する選手たちが、どんな環境でプレーしているかが書かれていた。

松井選手が「決断した以上、命をかけて頑張りたい。」と言ってニューヨークに渡ってから、4年目になる。松井選手は、1年目から、しっかりとヤンキースの一員として機能し、競争の激しいチームの中で今のポジションを確立した。これがどれほど凄いことだったのか、この記事を読んで改めて実感した。元々アメリカにいた選手でさえも、ヤンキースというチームに入ったことで、自分の力を十分に発揮することが出来ず去っていったプレーヤーもいる。
松井選手は、日本で一番注目度の高い巨人にいて、最も責任の重い4番を務めてたとはいえ、全く環境も言葉も違うアメリカ・ニューヨークで、そこの野球に適応していくまでには、相当の精神的重圧や葛藤を経験してきたことだろう。

3年が経過し、色々なメディアを見ても今や松井選手は、確実な戦力としてて認識されており、今年は、正式ではないが、副キャプテンを指名され、精神的にもヤンキースを引っ張っていく存在へと成長した。

ここまでヤンキースで、結果を残すことが出来たことと、3年連続100打点以上を記録しチャンスで強いクラッチヒッターとして認知されていることとは、なんらかの関係があるような気がする。
追い込まれても、決してマイナス思考にならない、前向きな考え方が松井の体にしみこんでいる。そして、悪いことは引きずらず、気持ちの切り替えが上手い。日本のファンを裏切ることはできないという心の底にある熱い想い。キャッシュマンGMは、松井選手のそういう人間性を含めて初めの契約を結んだのかもしれない。

今年の松井選手の色々な発言の裏に、今シーズンにかける意気込みは相当なものがあると感じる。今年こそ、松井選手とワールドチャンピオンの美酒を味わいたい。
スポンサーサイト

アメリカ人が、日本野球に対して持っているイメージと同じように、日本人はどこか、韓国の野球は日本の野球より下だと潜在的に思っているのかもしれない。
イチローも2次リーグで韓国に2-1で敗れた時、「不愉快でしたね。今までの野球人生の中で最も屈辱的な日。」と答え、韓国の野球にあって日本の野球になかったものは?と問われ、「韓国にあって日本にないもの? なんでしょうね。それがあるとは思えない。」と言った。僕はここで、イチローに素直に敗戦を認めてもらいたかった。

というのも、イチローはWBC開幕以前のインタビューで、「アメリカには、全く歯が立たず徹底的にやられるかもしれない。そうなった場合、そこで負けを認めることが大切だ。その弱さを知っているものが一番強い。負けがあるから成長できる。」というような内容のことを話していたからだ。

これは、韓国に対しての敗戦にも全く同じことが言えると思う。

アメリカが、ベスト4に進出しなかったことを受けて、以下のような記事があった。


This Final Four is dominating the front pages of newspapers in all four of these countries. Not the sports pages. The front pages. The news pages.

Flags are waving. Politicians are yakking. Hearts are beating. Cash registers are ringing.

That's what this is about.

"It's not about us," said Jim Small, the managing director of Major League Baseball's Tokyo office. "It's about the world. Baseball has been played in Korea for 100 years. It's been played in Japan for 120 years. So it's their sport as much as it's our sport, and it has been for 100 years.

"I have arguments with my friends in Japan all the time. They're convinced that baseball was invented in Japan -- and then it was exported to America. You can't convince them otherwise. And that's how it is in soccer, too. Don't tell anyone in Argentina that soccer originated in England. They'd laugh at you. They think it's their sport. ... And we're getting there in baseball now. In these four countries, we're already there. It's their sport now, too."

【By Jayson Stark ESPN.com】



日本に野球が入ってきて120年だが、韓国にも野球に100年の歴史がある。今回のWBCでの日本の対韓国戦・2連敗で、日本は、韓国野球のレベルの高さを認めるべきだと思う。その認識の共有があってこそ、新たに日本の野球の強さが初めて創造されるのでは。

そうしないと、明日の準決勝・対韓国戦も、再び足をすくわれる可能性があると感じる。



準決勝、日本は韓国に6-0と快勝した。そこでイチローは次のように語っていた。

"This game was not about skill.It was about putting all my heart into it. I know it's the same for all the other players. In baseball you can never stop trying, you can never stop looking for a run, for a win. That's what our team is about."

He hopes this philosophy resonates in the finals against Cuba.

"Since I started to participate in the tournament, I've been making all the necessary preparations. [Monday's] game is just as important as tonight's game, and I plan to give 100 percent."

イチローは、さすがでした。日の丸を背負って戦うというのはそういうことだったんですね。偉そうなことを言ってすいませんでした。

ある記事に、外野の守備に関するランキングが発表されていた。ランナーが次の塁へ進むのを防いだり、ランナーを刺したりしたデータから算出された指標による外野手のランキング。

そのレフト外野手部門で、松井選手は、26人中6位だった。

More Guns in the Outfield: Center and Left Field

松井選手の肩はそれほど強くないとされているが、送球の正確さや、捕球してから送球への素早さがそれを大きく補っているということだろう。
更に、昨シーズン、公式戦でエラーは僅かに3個だった。(1年目:8個、2年目:7個) このことについて松井選手は次のように話している。

「慣れてきたんでしょうね。球場の特徴だとか。行くとこと引くとこの区別がだいぶつくようになったんでしょうね。色んな特長を捉えてね。そういう判断が、多少は良くなったんでしょうね。」

確かに、昨年は、球際の判断のキレがよかったように感じる。堅実な守備を今年も期待。

【参考:「マツイヒデキ」朝田武蔵著・日本経済新聞社】

060313_wbc_ump
WBC2次リーグ第1戦。日本対アメリカ。3-3の同点で迎えた8回表。日本は、1死満塁と最高の場面を迎えていた。打席に立った岩村の打球は浅いレフトフライ。西岡がタッチアップして勝ち越しのホームを踏む。しかし、アメリカチームは西岡のスタートがレフト・ウィンのキャッチより早かったと主張。一旦は、一番近くで見ていた2塁・塁審がセーフと判定するが、その後、主審がその判定を覆し、西岡のホームインは認められなかった。王監督は必死に抗議をするが、もう判定は変わらない。
テレビのリプレーを見ると、明らかに主審の判断は間違っているように感じた。

アメリカのメディアも、この最終的な判定を誤審だと認めている。

Red, white and typical

Oh: What a bad call

今日の試合を知って、なんだかとっても嫌な気持ちになった。日の丸を背負って必死に闘っている日本代表選手達、王監督の純粋な心を得体の知れない大きな力によって踏みにじられた気分。

ある日の記事にこんなのがあった。


イチロー差別への反発、メジャーで不当扱いウンザリ

 WBC日本代表は、マリナーズ・イチローが実質的なリーダーとして、チームを引っ張っているが、ここまで彼を燃えさせる理由の一つにメジャーで味わう"差別"への反発がある、と球界関係者は指摘する。5年連続3割の金字塔を建てたイチローも、米球界に隠然と残る格差に悩まされ続けているという。

 イチローの今回の目標は、ジャパンのユニホームを着てアメリカ代表を打破することに尽きるようだ。米球界関係者がこう語る。

 「彼は最近、日本のマスコミを通じ、"愛国心"の表現で日本のよさを強調していますが、あれは本心でしょう。彼もメジャーで黒人や中南米の選手たちが受ける理不尽な扱いに、腹を立てていることは確かです」

 日本に来る外国人選手たちも、しばしばストライクゾーンの違いで審判に暴言を吐くなどして退場事件を巻き起こすが、メジャーでも似たような"外国人"に対する判定がある、と関係者が解説する。

 「ストライク、ボールの判定で、外国人選手が明らかに不利を受けているシーンがありますね。米では審判が絶対的な権力を持っており、クレームを付ければ即、退場になるので我慢しなければならないけど、もうウンザリ、というのが、イチローの心境ではないでしょうか」

 厳しい判定を下されながら、連続3割を続けるイチローの技術も素晴らしいが、不当な扱いにストレスはたまる一方だ。

 「ここ2、3年、あまりにもひどい判定には、日本語でクレームを付けているようです。相手は分かりませんからね。でもそんなささやかな抵抗では、彼の鬱憤(うっぷん)は晴れない」

 日本の野球がどのようなレベルにあり、素晴らしいかを野球大国と自認する米国に知らしめる。その第一歩が、今回のWBCでアメリカ軍団の打破にある、というのだ。

 「アメリカを破って優勝すれば、彼らの日本野球に対する認識も少しは変わるでしょう。イチローはそのような命題を背負って、今回に臨んでいると思います。今後、続々と現れるメジャーを目指す日本人選手の環境作りのためにも、ジャパンはメジャーを凌駕(りょうが)するほどの実力がある、と披瀝(ひれき)したいのでしょう」

初めて日の丸を背負うイチロー。義憤に燃えて痛快な活躍を見せてくれそうだ。



松井選手のプレーを見ていて、そんな差別があるとは格別感じたことはなかった。だがらこの記事も話半分で読んでいたが、まさにこの記事を体現するような判定が、WBCで現実のものになるとは、なんとも皮肉な話だ。

たとえ今回のWBCの審判員が、マイナーリーグを担当している人たちだとしても、アメリカの野球に懐疑心が生まれたことは確か。もうメジャーリーグなんか見ない!! ・・・今はそんな気持ち。

今回のばかげた判定は、たとえ公正にジャッジしようとして下した決断であっても僕の野球への想いに水を差した。

060307_matsui_smile あるブログに松井秀喜選手の今年の展望が書かれていた。

Looking Ahead to 2006 - Left Field

YB Community Projection: Hideki Matsui

2006 Team Previews: New York Yankees, Positional Players

守備に関しては、昨年よりも伸びしろがあると考えるのは、難しいのかもしれない。しかし、バッティングに関して、松井は、アメリカの野球に対してまだまだ進化の途中だと信じています。
松井は、メジャーに渡って1年目を「学習」の年、2年目を「対策」の年と総括したそうだ。2年目の9月、ほんの遊び心から打席に入った時、右足を引きオープンスタンスに構えることを思いつく。そして、レッドソックス戦、マルティネスから微妙に変化するボールを打ったホームランがメジャーでの理想のバッティングを掴むきっかけとなった。この時、ボールを見る間が非常に長く感じられたという。「ボールを見る間をさらに長くして、ボールをバットの芯で捉える確立を上げる」というテーマを掲げ、3年目は、その「実践」の場ではなかったか。好調時、松井は、まさに理想とするバッティングを体現して見せた。4年目の今年は、何としても松井にとって「飛躍」の年になって欲しい。 4年契約の初年度。今年の結果が、今後4年間の松井の野球人生を左右するような気がしてならない。

松井は、今年更なるパワーアップを図ってきている様子。昨年の反省を踏まえてどのような改良を見せてくれるのか楽しみ。月5・6本のホームランを打てる力があるとして、シーズン通して調子を保って、34本打って欲しいなぁ。そうすれば松井に対して厳しい意見を持っている人も松井への見方がガラッと変わるはず。ホームランが34本となれば自然と長打率、四球(出塁率)も増加してくると思われる。
そして、監督にホームランより期待されている打点。どんな緊迫した場面でも100%理論によって常に平常心で打席に入れる強みを持つ松井選手のクラッチヒッターぶりで、今年もスタジアムを沸かせて欲しいです。

<過去通算打撃成績>
SEASON G AB R H 2B 3B HR RBI BB SO SB AVG OBP SLG OPS
2003 163 623 82 179 42 1 16 106 63 86 2 .287 .353 .435 .788
2004162 584 109 174 34 2 31 108 88 103 3 .298 .390 .522 .912
2005162 629 108 192 45 3 23 116 63 78 2 .305 .367 .496 .863

【今年の松井の希望的予想】
打率:.310、出塁率:.390、長打率:525、OPS:.915、打点:115、本塁打:34本

キーとなるのは、いかにに不調の時期を短くするかではないか。そこには疲労が大きくかかわってくると思われる。メジャーにも慣れてきた松井にとって、好不調を決めるのは「技術」ではなく「体調」だと語っている。「疲れていると、結局バットの振りが鈍いんですよ。技術的にどうのこうの言うよりも、今は、自分の体調によって、状態が左右されることのほうが大きい。同じ技術を持っていれば、全くそれで違ってくる。」
連続試合出場をしながら、どれだけ体調を万全に保って毎日試合に出ることが出来るか。今年も、精神的にも、身体的にも丈夫な松井選手を見たい。

松井選手は、バッティングに関して「絶対」は無いという。今年も、儚い「絶対の感覚」を求めて終わりなき闘いが始まる。昨シーズン、地区シリーズ第5戦・最終打席の悔しさを胸に…。

ある記事に以下のようなことが書かれていた。

フロリダ州タンパで始まったキャンプ初日の2月22日。練習開始の直前、本拠地球場レジェンズフィールドには観衆の拍手を受けながら選手が続々とグラウンドに姿を現した。

そこで松井のもとに真っ先に歩み寄ったのが、ジーターでもなくAロッドでもなく、新参組のデーモンだったのは少々、意外だった。何を話しているのか気になり、二人から十メートルほど離れたファールグラウンドで様子を見ていた。どちらも満面の笑みを浮かべて何やら楽しそうなのだ。

 練習後のデーモンに松井の印象を聞いてみた。一言「ナイスガイ」。しかし、キャンプ三日目を終えた時、今度は「インクレディブル ナイスガイ(信じられないほどいいやつ)」と評価は急上昇。「練習に臨む姿勢がすばらしい。今度はディナーでも誘いたいと思ってるんだ」とも語ってくれた。大物は大物の心を知るということだろう。

 「チームメートになることはすごく楽しみ。ヤンキースにとっても大きい」と言う松井選手。今年は松井選手が左翼、デーモン選手が中堅の守備に入る。四年総額五千二百万ドル(約六十一億三千六百万円)という同じ大型契約を結んだ二人に対する期待は大きいが、シーズン開幕までには名コンビが誕生しているに違いない。その時、またデーモンに聞いてみたい。「松井はどうだい」と。


松井にとってデーモン(32)の加入は大きなプラスになるような気がする。松井もデーモンについて非常に人柄の良い人だという印象を話している。松井より一つ年上と年齢も守備位置も近いデーモンは、松井のよきライバル・よき友となっていくのでは。この二人が切磋琢磨してヤンキースというチームを更に良いものにしてくれるイメージがある。

【参考:「マツイヒデキ」朝田武蔵著・日本経済新聞社】

060305_venezuela
Venezuela Excited About Chances in WBC

Dominicans Don't Mind Absent All - Stars

Dominicans Draw Crowd as Deep as Their Lineup

南米の選手達が、野球というスポーツ対して、そして母国を代表して戦うことに対していかにプライドを胸に秘めているか、そこにほんの少し触れた気がした。国の威信をかけて力を尽くしたいという本当に純粋な気持ちと、いつもは敵味方に分かれて戦っている選手が国のために集結しているという特殊な状態に対する選手の高揚感みたいなものが伝わってきた。

昨日、日本は無事2次リーグへの進出を決めた。日本が世界の野球に対してどのような戦いぶりを見せてくれるのか、本当に楽しみになってきた。この大会で日本がいい成績を残せば、世界の日本の野球への見方が変わり、日本野球界の未来も明るくなるはず。

各国の選手たちには、素晴らしい戦いを期待して、4年後の第2回大会へ繋がるような盛り上がりと、選手たちの満足感や達成感が得られるような記憶に残る第1回大会になることを願っています。

5年連続ワールドチャンピオンから遠ざかっているヤンキース。

今年のヤンキースは、チーム、フロント共に例年とは違うワールシリーズ制覇への意気込みを感じる。
スタインブレナー・オーナーからは、早くも今年は勝つという優勝宣言が飛び出した。チーム内でも背水の陣で今年のペナントレースに臨むという危機感みたいなものがある。そんな中、松井秀喜も例外ではない。昨年大型契約を成立させ、今年にかける意気込みは人一倍強い。今年がもし、4年契約の最初の年でなかったら、もしかしたら出場を決意したかもしれないWBCも辞退した。

スタインブレナー・オーナーは、「(松井秀のWBC出場辞退は)彼にとっても、われわれにとっても、とてもいいことだ。何よりも、ヤンキースでプレーするということが重要なのだからな。まず第一に、彼はヤンキースの選手でなければならないんだ。我々も彼抜きにはやっていけない。彼はこの国に来た日本人の中で、一番のプレーヤーだよ。去年以上の成績?もちろんだ。」と語った。
ジョー・トーレ監督は、「打撃部門で松井に一番求めるのは打点。本塁打数にはこだわらない。犠飛やエンドランといった小さなプレーがわたしたちの助けになる。走者を置いた場面での強さを発揮してもらいたい」とチームプレーに徹する姿勢を評価し、「彼は我々に、小さくても大事なことを持ってきてくれた。チームにとって素晴らしい選手とは、そういうヤツのこと。新たな変化は求めないよ。」と語った。

このように、松井にかかる期待は大きく、松井もその見えないプレッシャーをひしひしと感じていることだろう。

松井の今年にかける決意は、オフにトレーニングをしてきた身体にも表れていた。

【身体サイズ】
今年去年との差
首周り45cm1cm up
胸囲118cm1cm up
ヒップ114cm5cm up
太もも右71cm3cm up
太もも左70cm4cm up
体重105.5cm3.5kg up
※体脂肪率変化なし

松井のコメント:「数字を見ると、太ももやお尻の周囲が発達したようですね。特に太ももが大きくなるということは瞬発力のアップにつながるということで、バッティングだけではなく守りや走塁面での効果も期待していますよ。頭で考えていることと、実際の動きの差が少ないんです。経験も、もちろんありますけど、トレーニングの質も上がっているんだと思います。」

2月20日からは日本から呼び寄せた専属トレーニングコーチの指導の下で、1日2、3時間の筋力トレーニングも続行中だという。
トレーニングでは万が一、落とした際のけがなどを避けるために必要以上の重たい器具を使わず、自分の体重を利用した方法で鍛えていく。鍛える部位は腹筋、背筋、手足の筋肉と体の全体に及び、日によって重点項目を変える。

深夜トレはキャンプインしてからも継続する予定で、3月上旬まで、昼はグラウンド、夜はコンドミニアムと昼夜2部制の練習に励むつもりだ。
(参照:サンケイスポーツ・スポーツ報知)

毎年、優勝することを宿命付けられているチーム。そのチームが、今年、崖っぷちに追い込まれている危機感という共通の感覚のもとに一致団結して、凄いことをやってのけてくれる気がする。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。