ヤンキース松井秀喜バッティングArchives!?

~松井のワールドチャンピオンになるまでの軌跡を見つめていきます~

Hideki Matsui is on fire right now!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打数:5・安打:1・打点:1・三振:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 22 85 22 3 13 .259 .344 .424 .767
松井:6番・レフト先発出場
先発:R.ジョンソン【W,4勝2敗】(IP:5.0 H:6 R:6 ER:6 BB:4 ERA:4.71)

『対戦ピッチャー』
・vs タワーズ(R)【Career:15-3 avg .200】:第1・2打席
・vs マゴワン(R):第3打席
・vs マーカム(R):第4打席
・vs チョーク(R):第5打席

第1打席2-1-1 ランナー:なし ジアンビに3ランホームランが飛び出した後の松井の打席。
初球、高めに大きく変化球が外れて2球目、外角低めへ抜いた変化球(116km/h)を見送ってボール。2-0とバッティングカウント。3球目、真ん中やや外寄りへのツーシーム?(135km/h)を見送ってストライク。打ちごろの球に見えたが松井は手を出さず。昨日から、松井はじっくりボールを見ているという印象。4球目、高さは真ん中、外角への抜いた変化球(126km/h)に対し、待ちきれずに早く体が開いてしまった。そのため、外角のボールにバットを当てるために完全に体からバットが離れ両腕が伸びた状態になっていた。当てるだけのスイングとなり、ファーストゴロに倒れる。

第2打席0-0-1 ランナー:一塁・二塁 5-5の同点で迎えた3回裏。1死一塁・二塁、勝ち越しの場面で松井の打席。 初球、真ん中高めへ速球(142km/h)がスーッとはいてくる。しっかりトップの位置にグリップが入って入って一瞬止まったように見える安定したタメによってボールを十分引き付け、鋭い回転によって捕らえた打球は、ライトフェンス際まで飛んでいく。ライトは必死に追っていきボールをグラブに当てるも捕球できずライトへのタイムリー2ベースヒット
非常にいい角度で上がっていったが、ややバットの根元寄りに当たっていたのと、ややアッパースイング気味に見えた。若干詰まり気味でスタンドまで届かなかったのかも。
この打席、松井選手は右足をステップする際、いつもよりも軽くそして、優しく踏み出したように感じた。それだけ、軸足に重心を長くしっかり乗せることが出来ていたのかもしれない。昨年、松井選手が6月、捻挫をしながらも出場し続け絶好調の時期を迎えた時、右足のステップに対し同じような印象を受けた。何かいい感じを掴んでいるといいな。

松井のコメント:「別に打球にドライブも掛かってなかったし、もしかしたら(太陽で)まぶしかったのかも…。捕られると思ったから、本当ラッキー」

第3打席2-2-2 ランナー:一塁・二塁 初球、外角低めへのカーブ(126km/h)を見送ってストライク。2球目、インコース高めへ速球(155km/h)が外れてボール。3球目、低めに沈む変化球(138km/h)が外れてボール。4球目、真ん中低めへの鋭く沈む変化球(137km/h)にバットが空を切る。これでカウント2-2。5球目、外角低めいっぱいに抜いたカーブ(126km/h)に手が出ず見逃し三振。球威のある速球と、落差のある変化球に上手く攻められた。

第4打席1-2-2 ランナー:満塁 ジアンビが四球で歩き満塁となり松井の打席。
初球、真ん中低めへカーブ(121km/h)がいっぱいに決まってストライク。1球、変化球が高めに外れた後の3球目、高さは真ん中、インコースへのカット気味の速球(143km/h)を打ちにいくも空振り。ボールだと思われるが、思わず手が出てしまった。4球目、外角低めへの緩い変化球(122km/h)を引っ掛けてセカンドゴロに倒れる。この打席も変化球に対し呼び込みきれずにタイミングを外され、ボールが遠く感じるようなスイングで当てるだけとなってしまった。

第5打席3-1-0 ランナー:一塁・三塁 低めへの攻め中心でカウント3-1。与田氏:「見逃した形が、かかとの方に体重が乗っているよいうに見える。そのため外のボールを自分で遠くしてしまっている。」最後、高さは真ん中、外角への微妙に外に変化する速球(150km/h)を引っ掛けてピッチャーゴロ。バットが内から出てこなく、遠回りしているように見えた。そのため、インパクトの後、手首が早く返ってしまうのかなぁと感じた。それもやはり、右肩の開きによってボールが体から遠くなっているのが原因なのか。



ここのところ、変化球を待ちきれずに凡退になるケースが増えてきているような気がする。タイミングを外されていることで腰の回転と上半身の連動が困難となり、それをスイングスピードに反映させることが出来ずにいるのかなと感じた。そのため腕だけのスイングとなり力の無い打球が右方向へ飛ぶことが多くなっているのでは。変化球にタイミングを外されるというのは、打ちに行くまでの間合いの作り方がしっくりいっていないためだと思われる。その一つとして体の開きがどうしても早くなってしまったり、下半身の粘りが足りなく軸足に体重を乗せて安定してタメを作ることが出来ていなかったりすることがあるのかなと考えた。
松井選手は、調子が悪くなる原因として早く右肩が開いてしまうことを挙げている。そして、それは長年の悪い癖だと。見ていると、頭の中で分かっていても、どいしてもそういう風に反射的に体が反応してしまっているように見える。結果を求めて、松井選手も言っているように右に強い打球を打ちたいという気持ちが潜在的にあるように改めて感じた。
変化球に対応できるようになったら、松井選手の復調の兆しと見ることが出来るのかもしれない。

また今日は、真ん中高めへの球をヒットにしたものの、外角への球に対して、三振と3つのライト方向へのゴロだった。
ここ10試合、各打席、外角球が最後の球だったのは、21打席。三振が、6つで15打席がインフィールドに飛んだことになる。その内訳は、

・レフト方向  2本 (ヒット:1本、ヒット割合.500)
・センター方向 6本 (ヒット:3本、ヒット割合.500)
・ライト方向  7本 (ヒット:1本、ヒット割合.143)
(※本ブログ調べ)

ライト方向へ飛んだ7本すべてが、内野ゴロでうち1本が内野安打だった。アウトコースの球をライト方向へ打った場合、ヒットにするのは非常に厳しいということが分かった。松井選手も当然そのことは分かっているはず。それでもライト方向へ打球が飛んでしまうというのは、やはり今の松井選手の打撃の状態に問題があるのかもしれない。そこにスランプといわれる要因か潜んでいるのでは。

松井選手は、「僕の場合、右投げ左打ちのバッターだから、どうしても利き手の右手が強い。右利きですから。」と語っている。外角球が右方向へのゴロになった時は、やはり右手が先行してして右手主導になっているように感じる。外角球を左方向へ遠く運ぶには「左手を意識して振ればいい」と松井選手が言っているように左手をいかに効率的に使って左方向へ打球を押し出すか、そのためには右肩の開きは障害となると考える。引き付けて左方向への強い打球を今シーズンこそたくさん見たい。

頑張れ~、松井選手!!
スポンサーサイト

打数:2・安打:1・打点:0・四球:2  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 21 80 21 3 12 .263 .352 .425 .777
松井:6番・レフト先発出場
先発:ライト【L,0勝2敗】(IP:5.0 H:6 R:4 ER:4 BB:4 ERA:7.20)

『対戦ピッチャー』
・vs ハラデー(R)【Career:23-4 avg .174】:第1・2打席
・vs ショーネワイス(L):第3打席
・vs ライアン(L):第4打席

第1打席3-2-1 ランナー:なし ハラデイは、縦に大きく割れる120km/h台のカーブと外に逃げながら沈む高速シンカー(150km/h)、ストレートを織り交ぜながら攻めてくるも、松井はカウント3-2まで持ち込む。最後、高さは真ん中、外角への逃げながら沈む高速シンカー(151km/h)を見て、際どいコースだったがボールの判定。四球で出塁。これまで、外角の際どい球に対する判定では、松井は悔しい思いをさせられてきた。これは、松井にツキが戻ってきたということか。

第2打席2-0-2 ランナー:一塁 初球、高さは真ん中、外角へのシンカー(151km/h)を見てボール。2球目も同じような球種(150km/h)が外角低めに外れて2-0とバッティングカウントとなる。3球目、外角高めへ外に逃げながら高速シンカー(151km/h)が入ってくる。松井選手の予想通りの球が来たのか、待ってましたとばかりに打ちにいくが、当たり損ねでボテボテのゴロがファースト方向へ転がる。松井選手は、思わずアーッと声を上げる。ピッチャー・ハラデイが追っていくが、追いつくことが出来ずセカンドゴロ内野安打。結果オーライということでやはり、松井選手に運が向いてきているのかも。
狙った球が来て力が入ったのか、右方向へ強い打球を打とうと強引さが出たように見えた。体の開きが早く、松井選手の言葉を借りれば、体の左側が雑になったという印象だった。解説・辻氏は、ハラデイのシンカーを引っ張ろうとするとゴロになってしまうとおっしゃっていた。それにしても、この微妙に動くシンカーをバットの芯に当てるのは至難の業か。
横からの映像を見ると、やや差し込まれ窮屈な打ち方になっていた。タイミング的には逆方向へ打つ場合に合うような感じだった。

松井のコメント:「あのヒットはラッキーなだけ。(ハラデーの)ボールは良かったですけど、(ストライクゾーンの)際どいところを取ってくれなくて苦しんでいる感じはしました」

第3打席3-2-2 ランナー:なし フルカウントから外角低めへ大きく外れて四球

第4打席1-2-0 ランナー:一塁・二塁 2-5と3点をヤンキースが追う8回裏。ロドリゲスが、センター前ヒット、ジアンビが四球で出塁し、無死ランナー一塁・二塁と絶好の場面で松井の打席。
初球、左投手・ライアンから対角線上に速球(145km/h)が高さは真ん中、外角いっぱいにズバッと決まってストライク。2球目、インコース高めへ速球(142km/h)が入ってくる。高さ的に完全にボール球だったが、思わず手が出てしまいファール。球速表示以上の球威を感じ、やや押され気味か。2球で追い込まれた松井。3球目、外角低めへ大きく変化球(138km/h)が外れてボール。最後4球目は、抜いたカーブ?(129km/h)だった。真ん中低めに入ってくるが、タイミングを外され体が前に泳ぎながらバットに乗せるだけとなり、平凡なライトフライに倒れる。調子が良く、体のキレがある時は、ストレートを待っていて抜いた球が来た時、ステップした後も若干の間を作ってボールを呼び込み、後ろに体重を残しながらライトスタンドに運ぶというイメージがある。もしそうなっていたら劇的な同点打。う~ん、夢は広がるけど、それはまた次に期待。

この後、2塁ランナーはタッチアップで3塁へ進塁。次の打者・バーニーがダブルプレーに倒れ、この回無得点。無死一塁・二塁のチャンスを作るも得点できず。もしこの回、1点でも得点できていれば展開は変わっていたかも。ここでキーとなってくるのが松井選手の打席だった。今、上位打線が活発で、ジアンビの出塁率も高く、松井選手のいる6番が、ランナーを還す重要なポジションとなっている。
昨日、ジーターは、松井選手について「調子は関係なく、チャンスに立ってほしい打者」と話し、トーリ監督は、報道陣から対左投手の打率が.179の松井選手について聞かれ「ひどいな。どこかよそに放出するか」とジョークを飛ばした。松井選手は、その後タイムリーを放ち、それを受けてトーリ監督は、「(最近は)ヒデキが打席に入るたびに、"ここで、ここで"と思っていたけどね。ヒデキに関しては、心配していないよ。自分を見失わないしいつも同じように準備して臨んでいる。彼は決して自信を失わない。自分のやり方を守るし、うっぷんをためて、すぐにやり方を変えようとしない。我々は松井が心地よく打席に立てるかということだけ考えればいい。」と語った。そして、ファンのブログの言葉。こういうコメントを踏まえ、首脳陣もチームメイトもニューヨークのファンもみんな温かい心で松井選手の復調を心待ちにしているという風に感じる。
実力が上位打線に比べ劣るから6番にいるというのではなく、打者を還す能力がチームいち長けているからこそ、そこにいるという脅威の6番打者に、松井選手にはなってもらいたいです。松井選手には、6番打者のイメージをガラッと変えてもらいたい。
これから5月に入っていくが、なんと5月は2日しか休養日がない。毎日試合に出続ける松井選手は疲労に加え、左ひざの事もあるし少し心配だが、5月がペナントレースに於いて最初の山場になるような気がする。昨年、松井選手は、5月非常に苦しんだ。今シーズンは、5月が終わった時点で松井選手がいい意味でキーパーソンとなりチームが独走の首位に立っているといいな。

頑張れ~、松井選手!!

打数:4・安打:1・打点:2・三振:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 20 78 20 3 12 .256 .333 .423 .756
松井:6番・レフト先発出場
先発:チャコーン【W,3勝1敗】(IP:6.1 H:4 R:1 ER:1 BB:2 ERA:4.56)

『対戦ピッチャー』
・vs ヘンドリクソン(L)【Career:27-8 avg .296】:第1・2・3打席
・vs R.ルーゴ(R):第4打席

第1打席2-2-1 ランナー:なし 初球、外角低めへの厳しいコースに速球(142km/h)が決まってストライク。2球目、外角高めへの速球(143km/h)が大きく外れてボール。この2球、いい形でボールを見極めていた。3球目、外角低めへ沈む変化球(134km/h)を打ちにいくもバットは空を切り空振り。本西氏:「引っ張りにいくスイング。ちょっと力が入っている。右腰が早く開いてバットが外から出てきている。」4球目、外角高めへの速球(143km/h)を打ってファール。1球、外角高めへ速球が外れた後の6球目、高さは真ん中、外角への縦に割れるカーブ(124km/h)を見送るもストライクの判定で見逃し三振。本西氏:「気持ちが逆方向にあれば松井君だったらカットできたはず。今はアウトコースが遠く見えているのでは。」

第2打席0-0-2 ランナー:一塁・二塁 ロドリゲスが2ベースヒットの後、ジアンビが死球でランナー一塁・二塁となり松井の打席。
初球、外角低めへの沈む変化球(134km/h)を打つもバットの返りが早く、ボテボテのセカンドゴロ。バットにボールを慎重に当てに行くような感じに見え、スイングに鋭さが感じられなかった。結果が出ていないということで思いっきりが影を潜めてしまっているのかも。本西氏は、調子がいいバッターはバットが体に巻きついて出てくると語っておられたが、それに対し松井選手は、本来遅れて出てくるはずのバットが体の軸と同じように回転し、スイングにキレがないのかなぁと考えた。

第3打席0-0-2 ランナー:二塁・三塁 打率が脅威の.408(試合終了時)というジーターと強打者ロドリゲスの威圧感による2四球もあって満塁。ジアンビの内野ゴロの間に1得点。これで1-1の同点。なおもランナー2塁・3塁で松井選手の打席。
初球、高さは真ん中、外角への緩いカーブ?(121km/h)を松井選手は積極的に打ちにいく。タイミングは外され気味で、腰が早めに開いていた。しかし、グリップを何とか残してボールを呼び込みバットの先でボールを捉え振り抜いた。当たりはあまり良くなかったが、打球はゴロで二遊間のちょうど真ん中を抜けていく勝ち越し2点タイムリーセンター前ヒット。バットが折れた音がしたが、実際折れていたようだ。1球目から失敗を恐れず打球に向かっていく積極性と自分もヤンキースの一員として勝利に貢献したいという意地が打たせたヒットだったのでは。

松井のコメント:「真ん中からちょっとアウトコース寄りぐらい。当たりは良くなかったけど、ここしかないというところに転がってくれて良かった。抜けるかどうかは分からなかったけど、最低でも内野安打にはなるだろうと思った。オーバーランしてアウトになったら、そんな間抜けなことはないからね(笑)結果は出た方がいい。そういう意味では良かった。」

トーリ監督のコメント:「少しは球を長く見られるようになってきた。本来の打撃ではないけど。」

第4打席1-2-2 ランナー:なし 初球、外角高めへの変化球(137km/h)を打ってファール。2球目、真ん中へのカーブ(121km/h)を見送ってストライク。2球で追い込まれる。1球、高めへ速球(148km/h)が外れた後の4球目、真ん中低めへの緩い変化球(121km/h)を打って大きなセンターフライ。遅い球に対しても、しっかり軸足に乗って体の開きを抑えてタメを作ってから、バットを振りぬいていた。本西氏:「もう少しポイントが前で打てたらよかったが、松井選手は中で勝負するバッターだから仕方ない。最近の中では一番いい打ち方をしたのでは。」この打席が、キッカケを掴む打席となるか。



松井選手は、試合が終わって今日のタイムリーについて「I'm pretty happy. In a situation like that, to be able to come through with a hit that became the difference in the game, you're happy to be able to contribute to the win.」と語った。
昨年、不調を極めた5月でも打率は、.270と低調だったが、不思議と終わってみるとその月、打点は、20と全くペースが落ちていなかったので少し驚いたのを覚えている。それだけ松井選手と打点は切っても切れない関係にあり、それをトーリ監督も評価している。今日も、少しの運も味方につけてチームにとって貴重な2打点をたたき出した。
絶好調のジーターは、「You have to come up with the big hit, and Matsui had a huge hit. That was big for us, because we really didn't have too many good swings.」として松井選手のヒットを称えた。
ランナーを得点圏に置いた場面では、6打席ぶりのタイムリー。このところ松井選手の前のバッターが調子が良く、ランナーを背負って松井選手の打席を迎える機会が非常に増えている。その中でなかなか結果を出せなく、表には出さないが心に期するものがあったに違いない。今日のヒットは、調子が悪くてもチームへの貢献のために、最大限自分の出来ることをするという松井選手の松井選手たる所以を誇示すものになったのでは。こういうヒットを続けていけば、いずれ打率も自然と付いてくると信じています。

トーリ監督のコメント:「ほかの打者なら自信を失うが、マツイはそうはならない。何かを変えようとはせずに、同じ努力を続けるからね。Every time he comes up, I figure now is the time. It's nice to see him get a hit like that. He has been struggling. A bleeder like that could help him find his stroke.」

松井のコメント:「My condition I don't think is bad. I think it's pretty good. The results don't show that, obviously.」

松井選手がバッティングについて語っていた。

Still, Matsui is down to .256 after going 1-for-4 to extend his slump to 7-for-45. But the key single was a start.

He had taken extra batting practice with hitting coach Don Mattingly the last two nights. He was adamant that there was nothing technically wrong with his swing. His approach at the plate might have been a little anxious, and he admitted he was trying to swing a little too hard. That may have resulted in him opening his batting stance too much, but he said that overall he was happy with his swing.

"No, I don't feel that," Matsui said of being in a slump. "The season has just started and I don't have much to comment on that now. When I look to hit the ball too hard, I have a bad habit of opening my shoulder up. It's a habit I have had for a long time and I have worked on that, but there is nothing technical. The swing is fine. It's just early in the season."

~(DAILY NEWS)~

松井選手は、周りがスランプ、スランプと騒いでいるが、そんな雑音を一向に気にせず、いたって楽観的で前向きだと記事から伝わってきた。今日の決勝タイムリーも、松井選手が、もし結果が出ないことに思い悩み後ろ向きの気持ちだったら決して出ていないヒットだったと思う。どんな時でも、気持ちを一定に保って常にプラス思考の姿勢を貫けることは、松井選手の大きな武器なのかもしれない。

頑張れ~、松井選手。

打数:4・安打:0・打点:0・敬遠四球:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 19 74 19 3 10 .257 .337 .432 .770
松井:6番・レフト先発出場
先発:王建民(IP:7.0 H:3 R:2 ER:2 BB:3 ERA:4.80)

『対戦ピッチャー』
・vs マクラング(R)【Career:4-1 avg .250】:第1・2・3打席
・vs オルベラ(R):第4・5打席

第1打席0-0-0 ランナー:一塁 初球、真ん中に甘く入ってきた速球を打ち上げて平凡なライトフライに倒れる。しっかり軸足に体重を残した奇麗な軸回転をしていたように見えた。もしかしたら手元で微妙にボールが変化していたのかもしれない。

第2打席3-1-0 ランナー:一塁 初球、真ん中低めへの変化球を見送ってストライク。その後、3球外角低めへの球をじっくり見送ってカウント3-1。5球目、真ん中高めへ甘くスーッと入ってくる速球を打ちにいくも、やや差し込まれてセンターへの浅いポップフライに倒れる。始動が若干遅れて松井選手の間合いを作らせてもらえなかった感じだった。甘い球という点では打ち損じ。芯に当たればホームランに出来る球だった。

第3打席3-0-2 ランナー:二塁 敬遠四球。

第4打席0-0-1 ランナー:一塁・二塁 2-2の同点で迎えた7回裏。一打勝ち越しのチャンスで松井選手の打席。 初球、外角高めへの速球を積極的に打ちにいくも、打ち上げてしまいセンターフライ。打った瞬間、松井はしまったという感じで下を向き、バットを地面に強くたたきつけ悔しがった。

第5打席1-0-1 ランナー:一塁 2-2の同点で迎えた9回裏。ロドリゲスが内野ゴロアウトの後、ジアンビが四球で出塁。ジアンビには代走が送られ、ヤンキース必勝体勢。1アウト、ランナー・一塁。ここはヒットで繋いでどうしてもサヨナラを演出したい。また、長打が出れば一気にサヨナラとなる場面。
初球、外角へ速球が外れた後の2球目、外角やや高めへの外に逃げていくような速球を捕らえるも、打球は上がらず、痛恨のセカンドゴロ併殺打。これで延長戦突入となる。
この打席も、明らかにライト方向への強い打球という意識があったのでは。バットが内から出てくる鋭いスイングというよりは、ややバットのヘッドが、体の回転に対し先行して出てくる感じで、打球に強いインパクトを与えることが出来なかった。右方向へ打ちたいという意識による弊害が出たのでは。やはり、どんな球が来てもチームバッティングのためには右方向に打たなければならないのか疑問が残った。

松井のコメント:「チャンスを広げたかった。」

延長戦・10回表、デビルレイズが、2点を追加し、ヤンキース敗戦。松井選手が全打席ランナーを背負ってノーヒットだったのを象徴するかのように、ヤンキースの残塁数は何と16だった。



今日はしっかり打球が上がっていたし、スイング自体に問題があるようには見えなかった。きっちり甘い球を見逃さず打つべき球を打っていたと思う。ただ、僅かに芯を外される場面が目立った。ヒットとフライアウトは、紙一重の差だったのでは。この打ち損じは、やや始動が遅れ松井選手の間合いを作れていないのが原因なのかなと感じた。

松井選手は、昨日の打撃について「全部、打ち損じ。ミスショットが多いですね。(ミスショットについて)(原因は)あるといえばある。でも、それを直せばすぐによくなるというものではないでしょうけど。」と語った。今日も、昨日と全く同じような問題点が出てきた。どんな原因が考えられるのか気になるところ。

松井選手のコメント:「打つボールは間違っていない。紙一重だったと思います。ちょっと上がりすぎたのと、ゴロになったのと…。ミスショットというか、全部しんではとらえていますけど。You feel that something's not right, but it's hard to pinpoint it. You have to be really aware of every part of your swing.」

松井選手は、試合前、マッティングリー打撃コーチと30分間、ティー打撃練習を行ったという。マッティングリーコーチは、ここ8、9試合の松井選手のバッティングをビデオで見て、いくつかのスイングのズレを見つけていた。松井選手は、「基本的には(通常の練習内容と)そんなに変わらない。確認した感じです。」と語った。
トーリ監督は、最近の松井選手について「打ち損じている感じ。スイングに関して彼は今ハッピーじゃないだろう。少し引っ張り過ぎているかもしれない。毎日プレーしていれば、いいときも悪いときもある。」と話している。松井選手は、右方向へのやや強引なバッティングについて「I'm not conscious of it, but usually when my hitting goes bad, that tends to happen. It's a habit of mine.」とし、逆方向へのバッティング練習に多くの時間を割いたという。
昨年、松井選手が調子を落としていた時、マッティングリーコーチが与えたちょっとしたヒントによって松井選手は、何度も復調を果たしている。それだけ、今、松井選手のコーチへの信頼は厚い。このホームでは珍しいというマンツーマンでの練習によって松井選手は復活することが出来るか。

松井選手は、不調から抜け出すキッカケとして「It's a combination of how you feel and what the results are. When they come together, that's a sign that you're getting out of it.」と話した。
昨年のインタビューで、この微妙なズレについて松井選手は、「頭でこういう風に動きたいというのがあるわけでしょ。その通りに動いてくれないという事。だから、頭でこういう風に思っているのにその通りに動いてくれないから微妙なズレがあるわけでしょ。そこに違和感を覚えるんですよ。ちょっと。これは練習中に分かる。というより構えただけで分かるんだけどね。(具体的に微妙なズレとは)やっぱり、打ちにいくまでのバランス的なものですよね。僕はそれが一番大切だと思っているんです。それが出来れば、絶対いいスイングが出来るし、いいボールの捉え方が出来ると思っているんですけどね。」と答えている。昨年5月のスランプに陥っていた時もこのズレが生じていた。その時は、6月11日のカージナルス戦で放った一本の2ベースヒットによって、松井選手のバッティングは劇的に好転していくことになる。
見た目では分からないような些細な感覚的要素によって、大きく左右されるバッティング。一本のキッカケとなるヒットさえ出れば、一気にこのスランプを脱出できるかもしれない。

頑張れ~、松井選手!!

【追記】
「体が開いてしまっている」マッティングリー打撃コーチの提案で、練習前に早出特打を行った。高さを様々に変えたティー打撃練習。
~(スポーツ報知)~

打数:5・安打:1・打点:0・三振:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 18 70 19 3 10 .271 .346 .457 .803
松井:6番・レフト先発出場
先発:ムッシーナ【W,3勝1敗】(IP:6.0 H:4 R:1 ER:1 BB:0 ERA:2.45)

『対戦ピッチャー』
・vs カズミアー(L)【Career:6-2 avg .333】:第1・2・3打席
・vs R.ルーゴ(R):第4打席
・vs メドウズ(R):第5打席

第1打席2-2-2 ランナー:一塁 7球目、高さは真ん中、外角への速球(148km/h)を打ってセンター前ヒット

第2打席2-0-2 ランナー:なし 2球、変化球、速球が、低めに外れてカウント2-0。3球目、真ん中低めへの速球(148km/h)を打つも、当たり損ねでファーストゴロ

第3打席1-1-1 ランナー:一塁・二塁 初球、真ん中低めへのスライダー(134km/h)を打ってファール。2球目、外角高めへの速球が外れてボール。3球目、高さは真ん中、インコースへのスライダー?(134km/h)に対し一瞬タメて、引き付けて打つも差し込まれ浅いセンターフライに倒れる。

第4打席1-1-1 ランナー:二塁 初球、真ん中付近への甘い速球(151km/h)を見逃してストライク。2球目、インコース高めへの大きく外れる速球(151km/h)でカウント1-1。3球目、インコース高めへの変化球(140km/h)を打つもやや詰まり気味で大きなセンターフライ

第5打席3-2-2 ランナー:一塁 カウント3-1からインコースへの速球、真ん中高めへの速球をファールで粘り、フルカウント。最後、外角高めへの速球(145km/h)に対して全く予期してない球が来たのか、腕だけのスイングで空振り三振。松井選手らしくないあっけない終わり方だった。明日に繋がる打席にして欲しかった。



ここのところヤンキースは打線が好調。ここ3試合、平均得点が7点台で3連勝。チーム打率は、.308とメジャーリーグ全体でもトロント・ブルージェイズに続く2位の成績。そんな中、もう一つチームの波に乗り切れない松井選手。
今日、松井選手は、「後の打席は(1打席目以降は)、全部打ち損じで、ミスショットが多い。チームが勝つのはいいことですが、自分のことは自分でなんとかしなくてはいけないと思う。」と自分を戒めた。
周りの調子がこれだけいいと焦ってしまう部分があるかなと一瞬考えたが、松井選手は、常々「何に向かって野球をするかだよ、ね。勝つことを目標にプレーする。そうすれば一番いい成績が出るってことだよ、オレはね。数字を目標にしたら、それに向かって野球をしてしまうでしょ?」(夕刊フジ)と語っていて、個人成績にはほとんど執着心がなく、チームの勝利にどう貢献できるかしか頭に無い。
松井選手は、昨日の休養日、マンハッタンにあるデパートで、素振りでバッティングフォームをチェックするために、全身が映る大きな鏡を約10万円で購入したという。チームが調子がいい間に、焦らず松井選手のペースで調整し、徐々に打率が上がってくればいいな。

頑張れ~、松井選手!!

打数:4・安打:0・打点:0・三振:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 17 65 18 3 10 .277 .356 .477 .833
松井:6番・レフト先発出場
先発:R.ジョンソン【W,3勝2敗】(IP:8.0 H:3 R:1 ER:1 BB:1 ERA:3.73)

『対戦ピッチャー』
・vs チェン(L)【Career:20-5 avg .250】:第1・2打席
・vs ハラマ(L):第3打席
・vs ブロワー(R):第4打席

第1打席3-2-0 ランナー:なし 初球、高めへの球を見送ってボール。2球目、高さは真ん中、インコースへの変化球(114km/h)を打ってファール。緩い変化球に対して待ちきれずに早く体が開いた。3球目、外角低めへのスライダー?(124km/h)を見送ってボール。バットは出さなかったが、ボールを呼び込む時に体の開きが見られた。これで、カウント2-1。4球目、インコース低めへの肩口から入ってくるカーブ(122km/h)を空振り。やはりタイミングが合っていないよう。1球、低めへ速球が大きくはズレてボール。これでフルカウント。6球目、左投手から対角線に投げられた外角低めへのスライダー(126km/h)を自信を持って見送るも、判定はストライクで空振り三振。コース的には、ストライクともボールとも見える厳しい球で、松井選手にとっては、外角の球に最近ややツキがない。
ピッチャーのチェンは、速球が130km/h台と遅いながら、球速差の激しい変化球を持っている。松井選手は、タイミングを合わせるのに苦労しているのかも。

第2打席1-1-2 ランナー:なし 2球目、高さは真ん中、外角へのカーブ(122km/h)を見送ってボール。見送る時に早い段階で右肩が開いて、いい形での見送り方ではなかったように感じた。3球目、高さは真ん中、外角への速球(138km/h)を打って浅いセンターフライに倒れる。バットの先に当たり、打球に伸びがなかった。ややボールの引付が甘くタイミングが早かったのかもしれない。

松井のコメント:「(第2打席の)センターフライはまあまあよかったんじゃないですか。」

第3打席0-1-0 ランナー:なし 初球、真ん中へ甘く入ってきた変化球に体の開きが早く、腰が引け気味でファール。タイミングが全く合っていない。今日の松井選手は、ちょっといつもと違うかも。2球目、高さは真ん中、外角への変化球に合わせるようなバッティングで、センターフライ。待ちきれずに若干タイミングを外されていたように感じた。昨日のセンターオーバーの時に見られたセンター方向への左腕の押し込みは見られなかった。

解説・高橋氏:「バットのヘッドが下がっていなくレベルスイングなので、スイング自体はいいと思う。ボールの勢いにちょっと押されているかなという気はする。右方向へ狙った場合はどうしても今のようになってしまう。昨日のように自然に左中間にボールが飛んでいくように、体がセンター方向へ向かっていけばヒットになる確率が高くなる。」

松井のコメント:「打たなくてもいい球だったかも。」

第4打席2-0-2 ランナー:二塁 2球、外角へ外れてボールの後の3球目、真ん中へ甘く入ってきた速球(146km/h)を打ち上げてしまいレフトフライ。ライト方向へ意識のある鋭い回転のスイングに見えたがボールはレフトへ。振り遅れということだった。



第一打席目の4球目のカーブは、本来、松井選手の好きな左投手の球のはずだが、空振りでバットに当てることが出来なかった。昨年7月4日、松井選手は同じチェン投手からインコース低めへの108km/hのカーブをライトスタンドへホームランにしている。その時は、右足をステップした後ワンテンポ、タメを作って回転によって体の前で完璧にさばいていた。今日はその腰を開かず一瞬のタメを作ることが出来ず、空振りしたのでは。
今年、これまで左投手には打率が悪く.160(25-4)となっているのは、昨年実行されていた「最後まで体を開かずにしっかりボールを見つつタメを作って打つ」ことが何らかの理由で出来ていないのかなぁと感じた。

打球方向別割合を見てみると・・・

【対右投手】(対戦機会:40打席、三振数:4)
レフト方向:19%
センター方向:47%
ライト方向:33%

ライト方向への内野ゴロは、40打席中3打席(8%)。

【対左投手】(対戦機会:25打席、三振数:6)
レフト方向:21%
センター方向:32%
ライト方向:47%

ライト方向への内野ゴロは、25打席中7打席(28%)。ちなみに内野ゴロはすべて、ライト方向へのゴロだった。

(※本ブログ調べ)

となっていた。この結果を見ると、対右投手に比べ対左投手においてライト方向への打球が多く、特にライト方向へのゴロが目立っていることが分かった。松井選手は、今季の対左投手に対しての結果について「左といってもいろいろなタイプがいるので気にしない。相手がいいところに投げてるというのと、自分の打ち損じ、両方が原因。」と言っているし、その時々の球種や状況もあるし、これで一概にどうこう言うことは出来ないが、やや対左投手の方が、強引さが出て、しっかりタメて打つことが出来ていないのかなぁと思った。

昨日は、第1打席・第2打席の右方向へのゴロを反省にして、第3打席、満塁でセンター方向にヒットを放った。その延長線上で、今日も、左投手から、センター方向への打球が飛んでいた。解説の高橋氏も、スイング自体に問題はないと語っていたし、松井選手も調子は悪くないと言っている。このまま、体調を維持していけば、自然と対左投手に対しても結果は付いてくると信じています。

頑張れ~、松井選手!!

打数:4・安打:1・打点:2・二塁打:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 16 61 18 3 10 .295 .377 .508 .885
松井:6番・レフト先発出場
先発:チャコーン【W,2勝1敗】(IP:7.0 H:4 R:1 ER:1 BB:3 ERA:5.59)

『対戦ピッチャー』
・vs カブレラ(R)【Career:14-7 avg .500】:第1・2・3打席
・vs ロドリゲス(R):第4打席

第1打席1-1-0 ランナー:一塁 初球、インコース低めへ速球(148km/h)が外れてボール。2球目、同じような球(148km/h)が、再びインコース低めに決まって今度はストライク。松井は、ステップした瞬間、思わず腰を引いて対応しようとした。与田氏:「今の見逃し方は珍しい。ほとんど真ん中のボールに腰を引いた。かなりインコースを意識したのでは。」3球目、外角高めいっぱいへの速球(150km/h)を打ってセカンドゴロ併殺打。高めの球に対して重心の位置が上がって腕だけのスイングになった感じだった。そのため、体重の乗らない力の無いゴロとなった。
与田氏:「今のもインコースに意識があった打ち方に見える。アウトコースに対しちょっと腰が引けながら強引に引っ掛けた感じに見えた。初球の荒れたボールが結果的に先発ピッチャー・カブレラにとっていい結果になった。」

第2打席0-2-0 ランナー:一塁・二塁 初球、高さは真ん中、インコースへの速球(146km/h)を打ってファール。2球目、シュート回転で微妙に動く速球(150km/h)がインコース高めへ決まってストライク。松井選手は判定に納得していない様子。2球で追い込まれる。3球目、シュート回転しながら沈むツーシーム系の速球(151km/h)が高さは真ん中、インコース寄りへ入ってくる。松井選手はそれを捕らえるも、ボールの上を叩いてファースト正面へのゴロ。ダブルプレーは免れランナー一塁・三塁となる。コース的には甘いコースだった。
松井選手は、この場面もランナーを進めるためにライト方向へ強い打球をうとうとする意図があったのでは。ノーアウトでランナーが一塁にいる時、その意識が強すぎるのではないかと思う。強引に引っ張ろうとすれば、どうしても体の開きが早くボールの上っ面を叩きがちになる。やっぱりセンター方向へ打ち返す意識では駄目なのかなぁと思ってしまう。

松井のコメント:「強く振りにいき過ぎた。」

060423_ml_c2hit 060423_ml_c2hit_2 第3打席1-1-0 ランナー:満塁 ヤンキースが1点リードで迎えた6回裏。今日、2四球のジアンビがお約束どおり四球で歩き、ノーアウト満塁で松井に打席が回ってくる。昨日のリベンジを果たす機会が早速やってきた。
初球、高さは真ん中、外角への速球(151km/h)がいっぱいに決まってストライク。2球目、外角高めへ速球(151km/h)が外れてボール。速球一辺倒で攻めてくるピッチャーに当然松井選手もストレートにタイミングを合わせているだろうということだった。そして運命の3球目、期待通り真ん中低めへ速球(151km/h)が入ってくる。松井選手は待ってましたとばかりに、どんぴしゃのタイミングで捕らえ鋭く振りぬいた打球は、ぐんぐん伸びてワンバウンドでフェンスに当たるセンターオーバーの2点タイムリー2ベースヒット!!。これが9試合ぶりの打点となる。またヤンキースはこれまで満塁で16打数ノーヒットだった。それを打ち破るヒットとなった。久しぶりに松井選手の力強い本来の打球を見て少し興奮していた。やっぱり松井選手はこうでなくっちゃ。打ったポイントはこれ以上引き付けると詰まってしまうその僅か手前、絶妙の位置までボールを呼び込み、左腕によるしっかりとした押し込みがあってのセンター方向への大きな打球。松井選手の理想とするバッティングだったのでは。

松井のコメント:「速いピッチャーだと反発力が出る。強くたたくという意識は、ほとんどなかった。上背があるので、高めを振りがち。どちらかといえば、低めに目線を置いていた。」

この後、松井選手のヒットを足がかりにヤンキースが2点を追加。6-1とリードを広げる。

第4打席2-2-2 ランナー:なし 外角低め、内角低めへの変化球でカウント1-1。3球目、真ん中外寄り高めへの速球(142km/h)を打つも振り遅れでファール。やや始動が遅れたように見えた。4球目、インコースへの伸びのある速球(142km/h)をファール。5球目、外角低めへ抜いたような変化球を見送ってボール。カウント2-2。6球目、高さは真ん中、外角への速球(142km/h)を打ってファール。やや振り遅れ。7球目、インコースやや低めへのスライダー(132km/h)を打ち上げてしまいセンターフライ。比較的合わせやすい変化球にも見えたが、打ち損じてしまった。当たれば長打になるようなコースだったと思うので捉えて欲しかった。



昨日の9回裏、満塁、2アウト、フルカウント、一打逆転サヨナラという究極の場面で結果を残せなかった松井選手。その松井選手が今日は、満塁の場面でしっかりと結果を残してくれた。こうやって松井選手はこれまで、メジャーリーグでの地位、チームメイト・監督・ファンの信頼を勝ち取ってきたように思う。メジャーリーグはそう何度もチャンスを与えてくれるような生易しい場所ではないというイメージがある。その中で、追い込まれ崖っぷちに立たされ普通の人間なら震え上がって動くことができなくなるようなプレッシャーのかかる場面で松井選手は結果を残してきた。昨日、ニューヨークのヤンキースファンのブログに、昨日のチャンスでの凡退を踏まえた上で、それでもなお満塁のチャンスの場面では松井選手に打席に立って欲しいとあった。松井選手はそんなバッターなんだと思う。そんなみんなの期待を裏切らない選手。

トーリ監督のコメント:「マツイの一打は大きな、大きなヒットだった。あれでデーモンも続いたし、ショーン・チャコンからリリーフにうまく継投できた。」

【松井のコメント】

「昨日は昨日だし、今日は今日だし、後悔はないです。無死満塁というケースだったが、外野になんとか打ちたいと思っていたが甘く入ってきたのでちゃんと打てました。Any time the bases are loaded, you always want to do whatever you can to bring a run or two in to make something happen.」

「Once I leave the ballpark, whatever happened in the ballpark stays there,[Today], when I come into the ballpark it is a new day and I'll start out fresh. Basically (Friday's) game had nothing to do with yesterday's game. The situation we were in yesterday, it was 2-1, I mean it could have gone either way at that point. But it feels good to come through like that.」

やはり松井選手は常に前を向いてプレーしている選手だった。

MATSUI HAS MOMENT OF REDEMPTION

松井選手について印象的な記事があったので載せておきます。

Godzilla's monster mark

Sunday, April 23, 2006

By BOB KLAPISCH

Any amateur mental health specialist could've interpreted Hideki Matsui's facial expression Friday, when he took a called third strike that ended the Yankees' 6-5 loss to the Orioles. Matsui was a billboard of frustration, but true to his non-confrontational nature, he didn't argue the call with home plate umpire Phil Cuzzi, nor did he blame anyone except himself.

In fact, Matsui handled the near-miss the way it's taught in the instruction manual: He coated that final at-bat with amnesia, went home and started all over on Saturday. Matsui obviously recovered; he smacked a critical two-run double in the Yankees' 6-1 win over Baltimore, proof that he's as steady emotionally as anyone in the Yankee lineup, not to mention durable.

The Japanese star's consecutive-games streak stands at 503 -- exactly the number of games the Yankees have played since opening day 2003, when Matsui joined the team. He ended his career in Japan with 1,250 games in a row, making it one of the longest overall streaks in baseball history. Had Matsui's streak been played entirely in the U.S., he'd rank third on the all-time list behind Cal Ripken Jr. (2,632) and Lou Gehrig (2,130).

Matsui's willingness -- indeed, obsessive need -- to be in the lineup every day says plenty about his commitment to the Yankees, if not his good fortune. The left fielder laughs when remarking, "It could be over tomorrow, I know that. I could fall in my house and break my leg and that would be it."

Still, there've been plenty of opportunities for both Matsui and Joe Torre to end this run, if for no other reason than to give the slugger a day off when he's been tired or sore. But Torre doesn't want to get in the way of history and Matsui also knows The Streak is bigger than he is. When he gets up in the morning, it's his assumption that he'll be in the lineup, no matter what.

"I want to play, not just because of the number of games that I've played in a row, but because I always expect to have a good outcome," Matsui said the other day through an interpreter. "Even when I've been in a slump, I come to the ballpark expecting to do better. I always say, "This will be a good day for me." I never think about it any other way."

It's easy to maintain that confidence during the peak of a professional career. Matsui is only 31, and is hitting just under .300 in his three-plus seasons with the Yankees. This would be a different story if he were in his late 30s, like Ripken was at the tail end of his streak. Despite the universal respect Ripken commanded as he shattered Gehrig's previous record in 1995, he was never the same player through 1998, when the streak finally ended.

Matsui has no chance of catching Ripken, of course, so he would never object to Torre's benching him. Not that the manager ever would. He came close one day in April 2003, when the Yankees were unaware that Matsui had already made history in Japan. Matsui was out of the lineup for the first six innings against the Twins when Torre was told Matsui's record was in jeopardy. He then rushed Matsui into the game to replace Bubba Trammell, and has never again made that mistake.

Matsui says, "I have too much respect for the Yankees and Joe Torre to put myself ahead of the team," but until he hears or sees otherwise, the streak lives. The left fielder goes about his business quietly and professionally, having found his (low) profile.

He's neither the Yankees' richest nor most talented player. He's not the most popular star, either. But the Bombers also know Matsui will never embarrass the organization, his name will never come up in the current steroids scandal and he'll never be caught in some after-hours club with his photo on Page Six.

If a called third strike with the bases loaded doesn't push his buttons, Matsui's streak -- games played and his long road of perfect calm -- appears safe.

~northjersey.com~

打数:3・安打:2・打点:0・二塁打:1・四球:2・三振:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 15 57 17 3 8 .298 .385 .509 .893
松井:6番・レフト先発出場
先発:王建民【L,1勝1敗】(IP:5.1 H:8 R:6 ER:6 BB:2 ERA:5.48)

『対戦ピッチャー』
・vs ベンソン(R)【Career:5-1 avg .200】:第1・2・3打席
・vs ホーキンズ(R):第4打席
・vs レイ(R):第5打席

第1打席3-1-1 ランナー:なし 外角中心の攻めでをよく見極め四球を選ぶ。

第2打席3-1-1 ランナー:なし カウント3-1から大きく変化球が低めに外れて四球を選ぶ。

第3打席2-1-1 ランナー:なし 初球、高めへ大きく外れた後の2球目、外角やや真ん中寄りへの甘い変化球?(143km/h)に対して若干振り遅れてファール。ややバットが下から出ていた印象。松井選手も打ち損じに悔しい表情。3球目、外角低めギリギリの速球(147km/h)が外れてボール。カウント2-1とバッティングカウント。4球目、外角低めへの厳しい変化球(143km/h)に対し、左肩が全く開くことなくポイントまでしっかりタメて、バットにボールを乗せるように弾き返した打球は、センター前ヒット。フォロースルーの時も体が前に流れそうなのを抑えて後ろに体重がしっかり残っていた。松井選手の間合いを作っていて、体も開かず非常に対応能力の高い状態に見えた。松井選手らしい技ありの美しいバッティングだった。

第4打席1-2-1 ランナー:なし 4-6とヤンキースが2点を追う8回裏の攻撃。ジアンビがレフトフライに倒れて松井の打席。ここはどうしても出塁したい場面。
初球、すっぽ抜けのボールの後の2球目、真ん中やや高めへの速球(150km/h)を打ってファール。バットが下から出て遠回りしているためか振り遅れていた。3球目、外角低めへの速球(151km/h)を見送ってストライク。カウント1-2と追い込まれる。4球目、真ん中外角寄りへの微妙に外に動いていく速球(147km/h)を流し打ってレフト線への2ベースヒット。バランスよくボールを引きつけることが出来ているので、ボールが良く見えているのではないかと思わせるようなバッティングだった。こういう打つまでの間合いがしっかりしていると打ち損じが少なくヒットになる確率が高くなるということか。上からバットが出て、左腰をぶつけるようなスイングだった。こういう力強い打球でレフと方向へ打っていれば、レフトへのホームランが出る日も近いのでは。

この後、ポサダにタイムリーヒットが出て、松井がホームに生還。ヤンキースが1点差に追いつく。

060422_k 第5打席3-2-2 ランナー:一塁・二塁 9回裏、5-6と1点を追うヤンキースの最後の攻撃。ジアンビが四球で歩いて2死ながら満塁で松井に打席が回ってくる。松井選手にとって今シーズン最大の見せ場がやってくる。
初球、外角へ力のある速球(155km/h)が外れてボール。2球目、真ん中低めへの速球(153km/h)。膝より少し下をボールが通ったように見え完全にボールだと思ったら、何と判定はストライク。松井も判定に少し驚いた様子。納得いかない。このストライクが後々大きく影響してこなければいいがと思って見守る。3球目、4球目、外角やや高めへの速球を見送って、1球はストライク、1球はボール。いずれも際どいコースだった。5球目、外角高めへの変化球(140km/h)に思わず手が出るが、何とかバットを止めてボール。最後の投球に向けて観客の歓声は更に大きくなる。6球目、外角低めへの変化球・スライダー(142km/h)を松井は自信を持って見送る。そして一塁に歩き出そうとした瞬間、無情にも審判の右手が上がって見逃しの三振。これで試合終了。

この打席、今日の松井選手なら絶対に結果を出してヒーローになれると信じて疑わなかった。打席が松井選手に回ってきた時は、しめしめと思った。ただ、1球も甘い球が来なかった。ほぼすべて外角への際どい球ばかりで、ヒットに出来るコースに来なかった。満塁の状況でも四球を恐れず最後まで攻めのピッチングをしたクローザー・レイを褒めるべきかも。
最後の投球について、A.ロドリゲスは、
「The 3-2 slider, you really tip your cap. I couldn't believe it was a 3-2 slider. That situation -- bases loaded, the runners going -- they deserve it.」
ジーターは、
「A 3-2 slider -- I don't know if there's anyone in baseball looking for a 3-2 slider with the bases loaded. He made a good pitch, so you tip your cap to him. That's a tough pitch to throw in that situation.」
と脱帽した。

それをレイ投手に伝えると喜んで、「Well, that's good. Maybe next time they'll look for it and I'll throw a fastball.」と答えたという。またスライダーをチョイスした点について「I hadn't had much success with my fastball that inning.」と語った。

トーリ監督は、「It's unusual for Matsui to take a called strike three.」と肩を落とした。

【松井選手のコメント】

「うーん、ある程度は自信を持って見送ったんです。外からのスライダーだったんですけど、あそこはたまに(ストライクを)取られるんで、審判がストライクと言ったらしょうがないですよね。まあ厳密に言えばボールです。ただ、取られるときがあるってことですから。」

―「振っておけばな」という後悔のような気持ちは?

「そりゃ結果ストライクですから。そういう意味では振った方が良かったんでしょうけど、なかなかあそこは手が出ないですね。」

―スライダーにはあの場面で手が出しにくいというのはありますか。

「いや、出しにくいんじゃなくて、追い込まれたらもう何でも打たなくちゃいけないんだけど……。それまでは基本的に常にストレート待ちですよね。追い込まれたら当たり前ですけど、ストライクは何でも打たなくちゃいけないんですよ。」

―9回の打席で、カウント1ストライク2ボールからの4球目のボールを見逃してストライクを取られましたが。

「あれは、その前に(カウント)1-1からボールって言われたボールとまったく同じようなボールだったと思います。あの辺は本当に(ストライクを)取ったり取らなかったりなんで、一貫性もないし、しょうがないです。」

クローザーレイのコメント:「Obviously it probably started a little bit outside. but it was called a strike, and that's all that matters.」



今日の松井選手は、これまでと一味違ったのではないかという印象を受けた。18日の試合、本西氏は、「焦って打ちにいっていて打席の中で余裕がない感じ。」とおっしゃっていた。結果を見てもバッティングは難しいなぁというイメージを持った。しかし、今日は、ゆっくりテイクバックを取り、軸足に体重を乗せてボールを見極める間があった。その中で生まれた2本のセンターから左方向へのヒット。松井選手は、バッティングについて、「僕は一番大切なのは、打ちにいくまでのボールを見る時間だと思っている。しっかり体重が残って打ちにいく体勢がしっかり出来る。トップも自分の一番いいところに決まる。後はボールが自分のポイントに来たら打つ。それだけだから打ちに行くところまでが最も意識する部分。」と昨シーズン語っている。このようなバッティングが実現できている時は調子が良く、自然と広角にヒットが出る。
ちょっと不思議なのが、今日のピッチャーはすべて右投手だったということ。昨年までは、特に左ピッチャーに対して、ボールをよく見て、体の軸を最後まで残したバッティングが出来ていた。今日の松井選手は、右投手に対して難なくそれをやってのけた。これで、対右投手の打率は、.371(35-13)。後は、左投手に対して結果を出すだけ。

今日のバッティングに関する感想として松井選手は、「ボール先行の打席が多かったんですけど、甘い球は少なかった。ちゃんと対応できていたと思います。きょうは(ボールが)見えていたと思いますけどね、はい。」と答えた。いかに前の打席でいいバッティングをしていても、最後の打席、あの絶好の場面で結果を出せなかったら、それまでのいい感触が吹き飛んでしまうのではないかと心配した。
しかし、松井選手は、プラス思考で気持ちの切り替えも上手く、終わったことを後まで引きずらないという印象がある。最後の打席についてのコメントからも、結果については、もう自分の中で納得して整理できていると感じた。

「最後は残念でしたけど、球も見えていたということですし、ヒットの内容も良かったと思うし、そう言う意味ではこれから先、長いシーズンに向けて手応えは?」という質問に対し、「今日の1試合で長いシーズンのその先がどうのこうのというのはないですけど、きょうが終わったらまたあしたですからね。あしたにいい形でつながればいいんじゃないですか。」と前向きなコメントを残してくれた。
これから先、何度となく試合を決める大一番が松井選手に巡って来るはず。次こそはヤンキースファンの期待にこたえてくれるに違いない。松井選手のこれからのバッティングが楽しみになった一日となった。

頑張れ~、松井選手!!

打数:5・安打:1・打点:0・三振:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 14 54 15 3 8 .278 .350 .481 .831
松井:6番・レフト先発出場
先発:ムッシーナ【W,2勝1敗】(IP:7.1 H:7 R:1 ER:1 BB:0 ERA:2.67)

『対戦ピッチャー』
・vs リリー(L)【Career:22-8 avg .364】:第1・2・3打席
・vs ショーネワイス(L):第4打席
・vs ライアン(L):第5打席

第1打席0-1-0 ランナー:なし 初球、外角低めへ変化球が決まってストライク。2球目、真ん中インコース寄りへ甘く入ってきた変化球を打つも、力の無いセカンドゴロに倒れる。タイミングをずらされ、完全に詰まっていた。やや体のキレがなく、いつもの鋭い奇麗な軸回転が見られなかった。

第2打席2-2-0 ランナー:なし カウント2-2からの5球目、高さは真ん中、外角への速球(140km/h)を打ってレフトフライに倒れる。体の開きが早く、腰が引けて腕だけのスイングになり、当てるだけのバッティングだった。

第3打席2-1-2 ランナー:なし キャッチャーは外に構えたが、4球目、速球(143km/h)が、高さは真ん中、インコースへ入ってくる。迷わず振り抜き捕らえた打球は、ライト線とファーストの間を鋭く抜けていくライト前ヒット

松井のコメント:「内のけっこう難しいボール。うまく打てた。きのうのスイングならしんに当たらなかった。」

第4打席2-1-0 ランナー:一塁・二塁 ロドリゲスが一塁でジアンビの打席。そのジアンビが死球で出塁し、得点圏にランナーを置いて松井の打席。
初球、真ん中低めへの速球(146km/h)を打ってファール。2球、インコース低めへの速球(146km/h)を見送ってボール。カウント2-1となって4球目、インコース低めへの速球(148km/h)を打ってセカンドゴロ併殺打に倒れる。二塁ランナーは三塁へ進塁。
松井選手の間合いで打っているというよりは、打たされているという感覚だった。松井選手が好調な時は、テイクバックしてボールを引き付ける際、一瞬止まったように見えるタメがあるように感じる。完全にピッチャーとの間合いを自分のものにして、バッター優位の状況を作り出す。そんな時は、打てそうな雰囲気が漂ってくる。今は、あまりそれがないのでは。

第5打席1-2-1 ランナー:なし 外角中心の攻めでカウント2-1。5球目、真ん中インコース寄りへの速球(145km/h)に対して空振り三振。外に意識があったためか完全に振り遅れでバットが空を切った。ややバットのヘッドが下がり、アッパー気味に遠回りをしていているように見えた。調子のいい時の松井選手なら確実に長打を打っていたような球だったかも。



松井選手は、開幕直後の打撃爆発から一転、あまり結果が出ない状態が続いている。7試合連続打点なし、9試合ホームランなし、そして昨日の段階で打率3割を切り現在打率.278。昨年も開幕は調子が良かったが、その後、打率が徐々に低下し、開幕から31試合時点で打率.231まで落ち込んだ経緯がある。現在松井選手はどういう状態なのか。そのことについて松井選手は次のように話している。

「(打撃の)感じはそんなに悪くないけど、うまく打ち取られているって感じだね、バッテリーにね。バッティングの感じとしては決して悪くないけど。身体は調子いいし、体調はいいよ。悪いときには悪いときなりに、いいときにはいいときなりにやることがある。経験を次に生かす。」

この言葉から、調子は悪くないとしながらも、今、松井選手は必死にバッティングに関して微調整していると思われる。『経験を次に生かす』という言葉は大きい。昨年、極度の不振に陥った経験から松井選手は、自分のバッティングに関し崩れた時はどこをチェックすればいいかを学んだ。だから、今年は、不調の時期が飛躍的に短縮されると僕は予想しています。同じてつは踏まない、松井選手は、ゆっくりながらも確実に成長していく選手だと思っています。

昨年、バラバラになった打撃フォームを修復する三段階のチェックポイントとは、『ボールとの距離体重移動トップの高さ』ということだった。

明日、ヤンキースは試合がなく休養日。休み明けには、再び長打を打って塁上を走り回る元気な松井選手の姿を見たい。

頑張れ~、松井選手!!

打数:4・安打:0・打点:0・三振:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 13 49 14 3 8 .286 .364 .510 .874
松井:6番・DH先発出場
先発:R.ジョンソン【L,2勝2敗】(IP:3.1 H:9 R:7 ER:7 BB:2 ERA:4.63)

『対戦ピッチャー』
・vs チャシン(L)【Career:15-4 avg .267】:第1・2・3打席
・vs ショーネワイス(L):第4打席

第1打席3-2-1 ランナー:なし 松井選手の前、ロドリゲス、ジアンビと2者連続ホームランのあと、松井選手の打席。
初球、変化球(135km/h)が決まってストライク。2球目、外角低めへの変化球が外れてボール。3球目、外角低めへのチェンジアップ?(119km/h)を見送ってストライク。これでカウント1-2と追い込まれる。この後、際どいコースをいい形で見極め、厳しいコースをファールにし、フルカウントまで持ち込む。最後、真ん中低めへの速球を打つも詰まってセカンドゴロ。やや差し込まれ気味で、窮屈なスイングに見えた。

本西氏:「トップの位置からすでに力が入っていてる。振り出しにいくまでが。」

第2打席1-2-2 ランナー:一塁 2球、高さは真ん中、インコースへの変化球?(143km/h)を打ってファール。差し込まれタメを作る前にボールが来ているような感じだった。また、ややバットが下から出ているという印象。本西氏:「ちょっとタイミングが合っていない。」DHということでリズムを作るのがどうしても難しいのでは、ということだった。3球目、外角低めへのスライダーが大きく外れてボール。4球目、インコース低めへの速球(143km/h)を打ってファール。打席を一回外し戻ってくる時、松井選手が、かすかに首をかしげた。松井選手も何かしっくりいっていないところがあるのか。最後、ズバッと速球(146km/h)が、外角低めへ決まって、松井選手は手を出すことが出来ず、見逃し三振。あまりにもコースが良かったというのもあるが、松井選手の中で迷いがあったまま打席に入って、反応できなかったという感じだったのでは。

第3打席3-2-1 ランナー:なし 初球、ボールを見た後の2球目、外角寄り低めへの変化球を打ってファール。若干甘めへの球だったが捕らえきれず。本西氏:「ちょっと強振しすぎ。」3球目、真ん中から外へ逃げていく緩い変化球に、上体が反応し思わず体が開くもバットを出さずストライク。1球、外角へ大きく外れたぼーるの後の5球目、高さは真ん中、インコースへの速球をファール。インコースへの厳しいボールを上手くファールで逃げていた。6球目、明らかにボール球の速球が低めに来て見送る。これでフルカウント。7球目、真ん中高めへの変化球(カーブ)に対し、一瞬タメを作って引き付けて打つも、詰まらされてショートフライに倒れる。やや差し込まれ気味で、打球に力が伝わらないポイントで捕らえているように見えた。

本西氏、「珍しく今日は松井君に力みを感じる。」

第4打席0-0-2 ランナー:なし 初球、真ん中低めへの速球(148km/h)を打って力の無いセカンドゴロ。センター方向へバットを投げ出すようなスイングとは違い、手首の返りが早く、ボールの上っ面をたたいていた。こういうバッティングになる原因について松井選手は、強くボールを打とうと強引になってしまうことを挙げている。



松井のコメント:「(先発左腕の)チャシンは球がシュート回転して、詰まらされた。しかたがない。」

本西氏:「ちょっと最近は、ボールを長く見られていない気がする。どうしてもバッティングが忙しく見えてしまう。要するに自分のポイントまでボールを呼び込みきれていない感じ。その原因として、始動が遅いのか、どうしても焦って打ちに行くイメージ。また、腰の開きも早いのでは。開幕当初、ボールを長く見れている時は、ステップしても腰を開かず、もうひとつボールを呼び込んで打ちにいっていた。三振の時もそうだが、長くボールを見られてないので早く打ちたいという感じで開きが早くなる。打席の中で余裕が無かった感じがする。」

今日の松井選手は、ボールを捕らえるポイントにズレが生じていて、自分のバッティングを崩しているという印象を受けた。昨年5月にも、松井選手は、ボールをなるべく引き付けて打とうと意識するあまりボールが体の近くまで来すぎたり、体が前に突っ込み気味になったりして、ポイントが前後に微妙にズレていた。そして、マッティングリーコーチにボールとの間隔が取れていないと指摘された。その時は、ミートポイントを若干前に意識しながらティーバッティングを行った。この練習からボールをしっかり見る間合いを保つことができ、スイングも良くなったといわれている。今日は、松井選手にとってボールを長く見ることが出来ている感覚が薄いのではないかと思われる。いい時の松井選手は、ゆっくりテイクバックを取って、十分なタメの後、狙いすましたような鋭いスイングでボールを捕らえる。
ベンチで自分の打席を待つ松井選手が、テイクバックと同時に右足を前にステップする動作を繰り返し練習している場面が見られた。このバッティングによって、重心が前後にブレることを防ぎ、ボールを長く見る感覚を掴めるようになった。この感覚が早く松井選手に戻ってくればいいな。

昨年、松井選手の対左・対右投手の打率は以下の通り。

対右_.281
対左_.354

それに対し今シーズン、これまでの打率は以下の通り。

対右_.344(32-11)
対左_.176(17-3)

ほぼ対右・対左の打率が逆転している。今シーズンの松井選手に何が起こっているのか。松井選手が対左投手にいい結果を残せていたことについて、「最後までしっかり見て打とうとすると体が開かないようになる。それがいいんじゃないですかね」と語っている。それが今シーズンは、左投手に対して僅かヒットが3本でその内、長打は0といった結果になっている。松井選手が、打率3割を超えるキーを握っているのは、対左投手だと思っている。松井選手の復調の鍵は、対左投手に対するバッティングにあるのかもしれない。

今日、松井選手は、メジャーデビューから500試合連続出場を果たした。巨人時代の93年から通算すると1750試合連続出場。連続出場を継続している現役選手の中では、933試合のミゲル・テハダ(オリオールズ)に次いで2位。ヤンキースでの連続500試合到達は、1925年―39年に2130試合を記録したルー・ゲーリッグ以来、ということらしい。

松井選手は記録に関して「あっという間の感じがします。日々の積み重ねなので、特別な感慨はない。光栄なことだが、大変な記録かどうかも分かりません。毎日気持ちを切らさずにきた。気持ちを常に切らさないで毎日やるのは、簡単なようで大変なことだと思う。この記録が続いていくように、きちんと準備したい。」といかにも松井選手らしく淡々としたコメントを残している。

トーリ監督は、「毎日選手が試合に出場し続けることがどれだけ大変かということを考えると、ディマジオらの数字とはとても比較できない。毎年、162試合全部に出場できることで、体が丈夫だということを誇るべきだと思う。」と松井選手に賛辞を送った。

昨年、6月8日、それまでの極度の不振によりチームに貢献出来ていない状態だった松井選手は、先発から外れていた。首脳陣が、松井選手を記録のためだけに出場させてくれるという保証はどこにも無い中、ヤンキースは、9回の攻撃を迎えた。そして、試合展開の助けもあって松井選手への奇跡の代打コール。僕は、この日が、メジャーに渡って『松井秀喜の連続試合出場記録ストップに一番近かった日』だと考えています。 そんな、記録が途切れそうな状況がこれまで何度となくあったに違いない。それを乗り越えることが出来たのは、松井選手のプロ意識の賜物だと思う。大好きな野球に対する松井選手にとって精一杯の誠意の示し方。そして、その気持ちを感じ取り理解し、尊重してくれるトーリ監督との信頼関係を勝ち取ったことも大きい。そんな松井選手が語った今日の記録に対するコメントは重い。

今シーズンも、これから全試合出場に向けて松井選手には困難が待ち受けていることが予想される。サンケイスポーツが、18日、松井選手の左ひざの完治が遅れていることを報じた。

4月3日(日本時間4日)のアスレチックスとの開幕戦(オークランド)から2週間。キャンプ序盤から左ひざの不安を抱えながら臨んできた松井秀だが、炎症を起こしている患部の腫れは依然、引いていなかった。

 「まだ完全には消えません。状態は60-70(%)くらいじゃないかな。一度腫れると長引くものなのですが…。完治はいつ? それは分かりません」

 努めて明るく振る舞っていたが心の引っかかりは残る。オープン戦後半の3月下旬には練習前のアイシングをやめ、練習後だけで済むようになった。この時点で完治も近いはずだったが、その後は小康状態。全12試合に先発し14日(日本時間15日)のツインズ戦(ミネアポリス)から19日(日本時間20日)のブ軍戦まで5試合続けて硬い人工芝での試合と、環境も治りづらい状況にある。松井秀自身にも完治の見込みはつかない。

 「左をかばっていると右半身が張ってきてしまうかもしれません」

 打撃や守備、走塁はこなせる状態だが、問題のない右半身にまで影響が及ぶのを恐れている。

年1回しか呼んでいなかった個人トレーナーを、32歳になる今季から月1回のペースで日本から呼び寄せることにした。「40歳まで進化できる」と信じている松井は「必要とされて試合に出続ける」ため、体の手入れを怠らない。

松井選手は、置かれている立場が厳しくなればなるほど、持ち前のひたむきな努力によって力を発揮してくれるというイメージがある。これから先も、多くを語らず、自分が出来る最大限の準備を行って試合に出続け、「IRON MAN(鉄の男)」の称号を維持してくれると信じています。野球に対する強運を味方につけて。早期の左ひざの完治を祈っています。

頑張れ~、松井選手!!

打数:3・安打:1・打点:0・四球:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 12 45 14 3 8 .311 .392 .556 .948
松井:6番・レフト先発出場
先発:王建民【W,1勝0敗】(IP:7.0 H:7 R:2 ER:1 BB:0 ERA:4.08)

『対戦ピッチャー』
・vs ラドキー(R)【Career:10-4 avg .400】:第1・2・3打席
・vs ゲリアー(R):第4打席

060416_o_lhit_2 060416_o_lhit 第1打席1-0-0 ランナー:なし 初球、大きく変化球が外角に外れた後の2球目、高さは真ん中、外角へのやや微妙に逃げていく速球?(142km/h)を打ってレフト線を破る2ベースヒット。今季2本目の2ベースヒット。7試合ぶりの長打となった。しっかりポイントまで引き付けていて逃げていく球にバットをぶつけるように捕らえていた。フォロースルーまで軸足に重心の乗った奇麗な回転だった。決して甘い球ではなかった。しかし、それをいとも簡単に(そう見えた)レフト方向へ打ち返していて、シンプルで無駄のないバッティングだったのでは。キャンプで取り組んでいた「振り切った後も体を開かず、顔を残してホームベースを見るように繰り返しスイングする。」というのが実践され、頭を最後まで残し体の正面でボールを捕らえていた。

松井のコメント:「外角のいいボール。珍しくいい具合に打てた。」

第2打席0-1-1 ランナー:なし 初球、真ん中低めへの沈む変化球(126km/h)に空振り。2球目、真ん中高めへの速球(145km/h)を打ち上げてしまいショートフライ。見逃せばボール気味の球だった。

第3打席0-2-0 ランナー:なし 初球、真ん中高めへの速球(143km/h)を打ってファール。2球目、高さは真ん中、インコースへの変化球?(142km/h)を見送ってストライク。2球で追い込まれてからの3球目、真ん中低めへの変化球(126km/h)を打ってショートゴロ。合わせるようなバッティングになり力の無いゴロだった。

第4打席3-2-2 ランナー:一塁 フルカウントから四球を選ぶ。



松井のコメント:(第2・3打席について)「うまく緩急をつけられた。」

今日、トーリ監督は、松井選手を指名打者で起用する考えを示していたが、「レフトの守備で必要だし、あした(17日)は休みだから」ということで、レフト先発出場した。松井は、「必要とされて続けられるのが一番いい」と語る。

昨日の記事には、『日本から来た専属トレーニングコーチに試合前後の宿舎で体の状態をみてもらっているが、疲労が原因の張りがあり、体調は万全ではない。その影響か、最近5試合は17打数3安打の打率.176。』とあった。

その影響から今日の守備では、5回、レフト前への打球を後逸し、2塁走者の生還を許した。これで、今季初の失策を記録。松井選手は、「早く本塁に返球しようとして慌てた」と話している。また昨日の守備では、9回無死一塁でレフト線の打球を捕球すると一走を刺そうと三塁に送球。セーフとなり送球間に打者走者の二進を許した。その後、逆転サヨナラ負けへと繋がった。トーリ監督は、「われわれはそうする(二塁へ投げる)と思った」、松井秀は「二塁に投げた方がよかったかも」と話しており、このところ守備での精彩を欠いている。

打撃のリズムが悪いと、それが守備のリズムにも影響し、それがまた、打撃へと悪循環に陥っているのかもしれない。これもすべて、疲労や、花粉症、痛めているひざの影響、などが元となっているのでは。花粉症や、ひざの具合がこのところ報じられていないが、松井選手は、一切言い訳をしない選手なので、今どんな状態なのかは気になるところ。

明日は、7日ぶりの休みということで、ゆっくり休養して、もう一度、開幕当初の大きな波が来ればいいな。

頑張れ~、松井選手!!

【追記・ニュース記事】
ミネアポリス、次のトロントと足に負担の大きい人工芝が5試合続く。今季は左ひざのはれに悩まされているが、松井はこの試合で499試合連続出場を果たした。テハダ(オリオールズ=現在931試合)とともに、休む気配はない。地味だが「鉄人」記録を続ける。
 この日は当初、DHでの出場を予定されていたが、WBC中に左肩を痛めたデーモンの疲労が考慮されてDHになった。「やっぱり下が硬いから疲れるよね」という松井は、メトロドームの人工芝での守備を余儀なくされた。
 ミネソタ入りしてからは「なんか花粉が飛んでるみたいなんだよ」と、持病の花粉症が再発。くしゃみをしていると、となりのロッカーのウィリアムズから「Bless you!(神のご加護を=英語圏では、くしゃみをすると魂が抜けるという言い伝えがあるため、こう言う)風邪ひいたのかい?」と心配される場面もあった。
 体調は万全ではないが、試合後、ブルージェイズ戦のためトロントに移動。休日を挟んで、18日には再び人工芝のロジャース・センターで区切りの500試合目を迎える。「これを続けるに越したことはないし、毎日準備はしっかりしていきたい」。硬いグラウンドにも花粉症にも負けない鉄人はファンの前に立ち続ける。

(~日刊スポーツ~)

●ジアンビが、アリーグ週間MVPに選ばれた。トーリ監督は、「マツイがいるから、相手はジアンビと勝負しなくてはいけなくなる」と話して、松井選手の存在の大きさを認めた。

打数:4・安打:0・打点:0  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 11 42 13 3 8 .310 .383 .548 .931
松井:5番・レフト先発出場
先発:ライト(IP:3.0 H:8 R:4 ER:3 BB:1 ERA:7.02)

『対戦ピッチャー』
・vs サンタナ(L)【Career:10-5 avg .500】:第1・2・3打席
・vs リリアーノ(L):第4打席

第1打席0-2-0 ランナー:一塁 外角への変化球、速球の2球で追い込まれた後の高さは真ん中、外角への速球(151km/h)を打つも、伸びがなくレフトフライ。に倒れる。

第2打席0-1-1 ランナー:一塁・二塁 初球、真ん中高めへの速球(151km/h)を空振り。見逃せば完全にボールだった。2球目、インコース高めへの速球を打ってファーストゴロ。いずれの球も、打ちにいくには厳しいコースだった。サンタナの150km/hを超える速球にじっくりボールの見極めをさせてもらえなかったということか。

第3打席1-0-1 ランナー:なし 初球、外角へ逃げていく変化球(135km/h)を見送ってボール。2球目、真ん中インコース寄りへの速球(151km/h)を打つも芯を外され、センターフライ。やや詰まっていた。

第4打席2-1-1 ランナー:二塁・三塁 初球、インコース高めの顔付近へブラッシュボールが来てボール。2球目、外角低めへの逃げていく変化球(ボール球と思われる)を空振り。1球変化球がボールになって、カウント2-1から真ん中低めへ逃げていくスライダー(146km/h)を打ってファーストゴロ。タイミングを崩され、前に泳がされながら当てただけのバッティングとなってしまった。もう少し体を残せていたら、ライト前へ運べたかもしれない。

松井のコメント:「外野フライを打てれば一番良かった。正面を突いてしまった。負けは負けですからね。あそこで1、2点入っていれば楽だったかもしれませんが…。しようがないです。」 



今日は、甘い球をじっくり待って、確実に捕らえるという松井選手らしいバッティングが見られず、厳しい球に手が出て、苦しい状況になる場面が多かったような気がした。この結果を見るともしかしたら、現在あまりボールが見えていない状態なのかなと感じた。

今日の試合、4-5とヤンキースがリードして9回リベラを投入。しかし、リベラが打ち込まれ、逆転サヨナラ負けを喫した。ヤンキース、今季の成績は、5勝6敗。

開幕から4番を務めているロドリゲスが、一時ヤンキースに逆転をもたらすタイムリー内野安打を放つも、今日の負けという結果を受けて自分に対し厳しい言葉を話している。

「I need to do more.I know what I'm capable of doing. I'm a very important part of this lineup, and I feel when I'm swinging the bat really well, the team does a lot better. I need to pick it up.I can only say that I need to elevate my game; I'm not happy with it. I'm one of the guys to blame for what's been happening here.」

ロドリゲスは、現在、打率:.262、得点圏打率:.250(16-4)。

この言葉を聴いて、昨シーズンの松井選手のことを思い出した。昨年、松井選手は、4月、5月のほとんどの試合を4番で出場。そして、なかなかバッティングで結果を出せず、更にチームの負けも込んで精神的な面から自分のバッティングを崩していった。チームが勝てないと、4番を務める選手は、本当にまるで負けの全責任を負うような精神状態になってしまうのかもしれない。

ロドリゲスは基本的にファーストスターターで、これまでの4月の平均打率は、.319らしい。4番は辛いということか。そういう厳しい立場で4番を務めている選手は、それだけ人が見ていない所での苦労があったり、努力を重ねたりしているんだろうなぁと思うと哀愁や切なさを感じる。頑張れ~。

松井選手も今日は、2度の得点チャンスに凡退を喫し、好機を生かすことが出来なかった。今日は今季初の5番だったが、これまで6番を務め、ロドリゲスほどチームの不調時に注目されることはないが、それでも責任感の強い松井選手の心中は穏やかではないだろう。今季は、"程よい"プレッシャーを味方につけ、この悔しさを明日からの試合にぶつけて欲しいです。
ちなみに、松井選手のRISP(得点圏打率)は、.300(10-3)。

【追記・ニュース記事】
Rodriguez had said on Saturday(15日) that he'd been "(ticked) at my game for about a week now" and he's been increasing his already-heavy work load. He arrived early yesterday(16日) and worked in the batting cage with hitting coach Don Mattingly, perhaps finding "a little something" that he said might help him. そして、ロドリゲスは、ホームランを含む5打数3安打2打点でヤンキースの勝利に貢献した。しかし、それに満足せずロドリゲスは更に上を目指し完璧を求めているようだ。

『Rodriguez is tough on himself』

April 17, 2006
MINNEAPOLIS -- Alex Rodriguez, who blamed himself for the Yankees' loss to the Angels in last season's ALDS, saying he "played like a dog," barked up the same tree after Saturday night's 6-5 loss to the Twins - even though he drove in the go-ahead run in the seventh inning before Mariano Rivera lost the game in the ninth.

And he still wasn't pleased after yesterday's 9-3 win over the Twins, even though he went 3-for-5 with a double and two-run home run. The reigning AL MVP is hitting .298 with three homers and nine RBIs in 12 games.

"I expect a lot out of myself and it's one of those things where when I swing the bat really well, the boys roll," Rodriguez said. "So it was important for me to go out and take responsibility for what I have to do each and every day."

Asked if 3-for-5 made him feel better, Rodriguez said: "No, not really, because it's what I need to do. It's what I expect to do."

With his seventh-inning home run, Rodriguez passed his idol, Cal Ripken Jr., for 36th place on the home run list with 432. He allowed himself a small smile at that.

"Alex is very tough on himself because he doesn't think he should do anything wrong ever," manager Joe Torre said. "I don't think we can live our lives that way. I think all of us who watch him from off to the side see more than he does, how much he drives himself."

(amNewYorkより)

『A-Rod rips three hits after ripping self』

"I just want to be consistent," Rodriguez said.

"I've just found that when I swing the bat really well, the boys roll," Rodriguez said when asked to explain why he feels such a responsibility. "It's contagious."

Joe Torre wasn't surprised to hear Rodriguez was being hard on himself because he's seen A-Rod "set the bar sky-high" ever since Rodriguez arrived in the Bronx. Torre sometimes wishes Rodriguez would give himself a break.

"He drives himself to the point of expecting himself to do more than any human being is capable of doing," Torre said. "Alex is very tough on himself because he doesn't think he should do anything wrong ever. I don't think we can live our lives that way."

Rodriguez doesn't figure to change anytime soon. Mattingly said Rodriguez probably is the player who takes the most batting practice and admires A-Rod's commitment.

"He never tires of physical work," Torre said. "He's out there constantly, trying to make himself better. Over 162 games, it takes its toll."

And that's fine. Torre just wants to make sure that Rodriguez doesn't go too far.

"He expects so much of himself," the manager said. "But that's a big part of why he's the player who he is."

(DAILY NEWSより)

<月別打撃成績>

試合数 打数 安打 二塁打 本塁打 打点 四球 三振 打率 出塁率 長打率 OPS
4月 23 89 23 6 3 13 11 14 .258 .340 .427 .767
<10試合ごとの打撃成績>

打数 安打 二塁打 本塁打 打点 四球 三振 打率 出塁率 長打率 OPS
4/3~4/14 38 13 1 3 8 5 6 .342 .419 .605 1.024
4/15~4/27 40 7 3 0 4 4 6 .175 .250 .250 .500
もしかしたら間違っているところがあるかもしれません。ご参考までに。

打数:3・安打:0・打点:0  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 10 38 13 3 8 .342 .419 .605 1.024
松井:6番・レフト先発出場
先発:ムッシーナ【L,1勝1敗】(IP:6.2 H:6 R:3 ER:3 BB:2 ERA:3.20)

『対戦ピッチャー』
・vs ベーカー(R)【Career:0-0 avg .000】:第1・2・3打席

第1打席0-0-1 ランナー:一塁 初球、真ん中ややインコース寄りへの速球(142km/h)を打って、センターフライに倒れる。インコース寄りの球を払うような形になり、左腕によるボールへの打ち込みとセンター方向への押し込みが足りなかったように感じた。ミートポイントが内に入りすぎてやや窮屈な打ち方に見えた。また、バットヘッドが下がっていて、バットが最短距離に出ていなかったのでは。窮屈なスイングは下半身の安定感を奪い、きっちり軸足に重心を置いた余裕のあるバッティングとは違っていた。

第2打席2-1-2 ランナー:なし カウント2-1から、高さは真ん中インコースへの微妙に動く速球(145km/h)を打ってライトフライ。バットの根元寄りに当たったのか、やや詰まっていた。

第3打席2-2-2 ランナー:なし 外角高めへの変化球(132km/h)を見送ってボール。これでカウント2-2。5球目、真ん中高めやや外寄りへの見逃せばボールである速球(150km/h)を打ってセンターフライ。高めの球は、バットの振り出しからミートポイントまでの距離が短い分、センター方向にホームランする飛距離を出すのは、至難の業なのかも知れない。



松井のコメント:「コントロールがよかったし、微妙に詰まらされましたね。インコースにきっちりと投げてきた。思ったよりストレートが手元できていました。(初対戦だったベーカーについて)イメージと違った。ビデオではツーシーム(沈む速球)が多かった。」

今、松井選手は、まさに、状態がよくもなく悪くもなくという状態だと思う。トーリ監督は、16日に松井選手をDHとして起用する考えを示した。松井選手は、8日のホームラン以来、5試合長打が出ていない。昨年、気持ちの維持の仕方や、体の準備の仕方を学んだDHで心も体もリフレッシュして、試合の主役となる日が近いうちに来ると信じてます。

頑張れ~、松井選手。

打数:3・安打:1・打点:0・四球:1・三振:2  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 9 35 13 3 8 .371 .450 .657 1.107
松井:6番・レフト先発出場
先発:R.ジョンソン【W,2勝1敗】(IP:5.0 H:4 R:1 ER:1 BB:0 ERA:2.25)

『対戦ピッチャー』
・vs ボーティスタ(R)【Career:1-1 avg 1.000】:第1・2打席
・vs シスコ(L):第3打席
・vs ゴブル(L):第4打席

第1打席1-1-0 ランナー:一塁 初球、真ん中高めへの速球(155km/h)を見送ってストライク。1球、変化球(143km/h)が外れた後の3球目、高さは真ん中、インコースへのツーシーム(151km/h)がシュート回転で真ん中寄りに動いてきた所を捕らえ、カンという乾いた音を残して、ライト前ヒット。しっかりトップの位置に入って打つ準備が出来て、そこからコンパクトなスイングと体の回転でライトへボールを運んでいた。ややインコースを打つにはボールが中に入って詰まったような当たりだったが、ツーシームという微妙に変化するボールに対して、意図的にボールを引き付けてポイントを近くして打っていたのかもしれない。

解説・高橋氏
・今のはちょっと詰まっていた。でもレベルスイングでしっかりスイングしているから、ヒットコースにボールが飛んでいく。
・更にレベルスイングでボールを捕らえているので、最近は、打球が良く上がっている。非常にリラックスしてスイングしているように見える。
・バットのヘッドが下がらずしっかり捕らえているので詰まり気味だが、正しいスイングをしている。

バットのヘッドが下がらず立っているということで、最短距離にバットが出せるために、バットの出が非常にいいということか。

第2打席3-2-2 ランナー:一塁 2球外角への球でカウント1-1。3球目、外角高めへの見逃せばボールと思われる速球(150km/h)を打ってファール。待っていた球種だったために思わず手が出てしまったのかなと感じた。1球、外角への変化球(135km/h)を見てボールとなった後の5球目、懐に入ってくる高さは真ん中、インコースへのスライダー(140km/h)に対応しファール。
高橋氏:「コンパクトなスイングで、ヘッドが下がらずに上からしっかりボールを捕らえている。」
6球目、インコース低めへの速球を打ってファール。7球目、外角に大きく速球が外れてフルカウント。8球目、外角高めいっぱいへの変化球(138km/h)に完全にタイミングを外され空振り三振。内角、外角、球速の自在な変化によって、上手くピッチャーに攻められたという感じだった。最後の球は、追い込まれていたので手を出すしかなかったと思うが、あのボールをカットできれば状況は変わったかもしれない。

第3打席3-0-1 ランナー:なし ボール(150km/hを超える速球)を低めに集めてくるが、ストレートの四球

第4打席1-2-0 ランナー:なし 2球目、真ん中低めへの変化球(134km/h)が止めたバットに当たってファール。若干甘めの球で、松井選手の好きな背中側から入ってくる左投手の変化球だった。この球を捕らえて欲しかった。3球目、外角へ変化球(130km/h)が大きく外れてボール。これでカウント2-1。最後、一転速球が外角低めいっぱいにズバッと決まって、松井は手を出すことが出来ず見逃し三振。この打席はピッチャーが一枚上手だった。



【松井のコメント】
「(ボーティスタとの対戦は、)ちょっと思い出せなかった。しかし、打席に入るまでにだいたいの特徴はつかんでいた。(やや沈む球の軌道をバットのしんでとらえた。)甘いボールにちょっと詰まったけれど、しっかり振れた。いいバッティングだった。」

(2日連続の2三振について)「自分の問題ではない。いいピッチングをされると仕方がない。」

(今日のヤンキースの攻撃について)「打線がつながった。長打に頼りがちだけど、この方が相手は嫌だと思う。」

松井選手は、今シーズン、インコースの球を確率よくヒットしているなぁという印象がある。コースを縦に三つに分けて打率を見てみると、対象となる打席数がまだ少ないが、以下のようになっていた。

・インコース__.444(9-4)
・ミドルコース_.333(12-4)
・アウトコース_.357(14-5) (※本ブログ調べ)

やはり、インコースの打率が一番高く、今シーズンインコースに対してきちんと対応出来ていることが分かる。オープンスタンスを取ることによってインコースの球がよく見えるということに加え、始動を早めたことで内角の球に対しても振り遅れることなく、しっかりタメが出来ているのかなぁと感じた。また、今シーズンのステップを小さくするという取り組みによって、コンパクトなスイングが実現できているのかも。
全コースまんべんなくヒットが出ていて、このまま、どのコースに対しても高い打率が維持できていけばいいなぁ。

頑張れ~、松井選手!!明日もヒットを打って開幕からの10試合連続安打達成だ~~~。

打数:4・安打:1・打点:0・四球:1・三振:2  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 8 32 12 3 8 .375 .444 .688 1.132
松井:6番・レフト先発出場
先発:チャコーン【W,1勝1敗】(IP:6.0 H:7 R:5 ER:5 BB:2 ERA:7.59)

『対戦ピッチャー』
・vs アフェルト(L)【Career:6-4 avg .667】:第1・2打席
・vs ゴブル(L):第3打席
・vs ハドソン(R):第4打席
・vs ステムル(R):第5打席

第1打席1-2-2 ランナー:なし 外角への速球、変化球、2球で追い込まれる。大きく外角高めへ速球が外れた後の 4球目、真ん中低めへの速球(150km/h)に空振り三振。外角に目がいっていて、意表を突かれ振り遅れたという感じだった。

第2打席3-2-1 ランナー:一塁・二塁 フルカウントから真ん中低めへの速球(142km/h)を空振り三振。この打席、外角の球を強引に巻き込んで引っ張るようなスイングがあった。意図的にライト方向へ引っ張ろうとしていたのだろうか。

松井のコメント:「カッター(カットボール)を投げ始めていて、いいところに決まっていました。今年から投げているんじゃないですか?」

第3打席3-1-0 ランナー:なし 1球インコースのボール球を見せらた後の高さは真ん中、外角への速球・カットボール(143km/h)を捕らえ奇麗にレフト前ヒット。外角いっぱいへの速球をポイントまで引き付けてバットがギリギリ届く位置で捕らえていた。捕らえた後もしっかり体が残って左手で押し出すようなバッティングだった。ベース上で松井に笑顔が見られ、納得いく打席となったようだった。
今シーズン初のレフト方向へのヒット!!前の打席の強引なライト方向へ引っ張りにかかるようなスイングがあったから、それを踏まえてレフト方向への打球が出たのかなと感じた。1球インコースを見せられてからの外角への速球をヒットにしたのは、大きな価値があるのでは。

松井のコメント:「カットした分だけ先に当たった」

第4打席3-0-1 ランナー:三塁 敬遠四球

第5打席3-2-2 ランナー:一塁・二塁 チャンスで松井の打席。フルカウントからの7球目、外角低めへの速球(148km/h)を引っ掛けてショートゴロ

三振の少ない松井選手が、今日は、2連続三振。しかも、同じような真ん中低めへの速球にやられた。また、2度の好機に凡退と精彩を欠き、ややピッチャーから見て打ち取り難く、"しぶとい"バッティングが影を潜めた。
しかし、左方向への理想的なバッティングが1本出た。松井選手は、「大きいのを打つには(左への)意識は持っていないと難しい。来年へのテーマにする。外に逃げていくボールの方が、内に入ってくるボールより多いわけだから、レフトに強い打球を打つ意識を持てるようになればいい。」と語っている。体の開きを抑えた対応能力の高いバッティングが出来ていないとレフト方向へのいい打球は飛ばない。このヒットを足がかりに明日からも、勝負強い松井選手を見たい。

松井のコメント:「状態はそんなに変わっていません。よくもなく、悪くもなくという感じ。打てるボールにちゃんとスイングできていると、打てる確率は高くなる。」

060413_ar_ho 今日の松井選手が打った外角いっぱいの球をホームランにするのは難しいと思われるが、松井選手のレフト方向へのバッティングと、A.ロッドのライト方向(右打者のA.ロッドにとって逆方向)へホームランを打った時のバッティングを比べてみた。ライト方向への長打に定評のあるA.ロッドの場合、ステップして体と腕を同時に回転させていくが、ある時ピタッと体の回転が止まり、体のピッチャー側に壁が出来る。そして、それまでの運動エネルギーを腕の回転だけに変換し、グンとバットヘッドのスピードを上げているように見えた。そして、キャッチャー側の手(右手)主導でボールをグッと押し込むようにフォロースルーまでもっていっている。松井選手の場合は、壁の作り方がA.ロッドに比べやや甘く、極端に言うと腕と体が、最後まで同じように回転しているように見える。A.ロッドより体のねじりが少ない感じ。これは、A.ロッドがピッチャー側にクローズ気味踏み込んでいるのに対し、松井選手は、スクエアかややオープン気味にステップしているという違いから来るのかもしれない。A.ロッドが、逆方向へボールを打ち込むイメージだとすると、松井選手は逆方向へ流し打つといった印象を受ける。その差が、昨年、A.ロッドは、ライト方向へのホームランが約10本、松井選手は、レフト方向へのホームランが約2本という長打力の差となって結果に表れているのかなと思った。

松井選手は、レフト方向へのバッティングについて常々、「体の回転を止めて腕を振り抜く感じ」を理想としていると話しているということだ。この理想とするバッティングを体現できれば、今シーズンレフト方向へのホームランが増え、結果的にホームランの総数を高い位置まで持っていけると信じている。

頑張れ~、松井選手!!

打数:3・安打:1・打点:1・四球:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 7 28 11 3 8 .393 .452 .750 1.202
松井:6番・レフト先発出場
先発:王建民(IP:6.0 H:8 R:5 ER:5 BB:2 ERA:5.91)

『対戦ピッチャー』
・vs メイズ(R)【Career:11-4 avg .364】:第1・2打席
・vs ウッド(R):第3打席
・vs シスコ(L):第4打席

060412_2003_ho 今日の先発メイズは、松井選手がニューヨークに渡って本拠地デビュー戦(2003年)でグランドスラムを打った相手。あの鮮烈なメジャーデビューから3年が経過した。そして今日、松井選手は、ピンストライプに身を包みヤンキースタジアムに再び登場する。3年間の活躍が認められ、今やすっかり主力の一員となった松井選手が、あの日と同じメイズ投手と今日ヤンキーススタジアムオープニングデイに相対するなんて、なんだか感慨深いものがあった。これまでの松井選手の必死にメジャーリーグに適応しようと努力を重ねてきた日々が思い出された。季節は一周し、再び今日が松井選手にとって晴れ晴れしいスタートの日となるような気がした。
あるニューヨークのヤンキースファンブログに、あの2003年の再現を見たいとあった。成長した松井選手が、今日、ニューヨーカーのファンの前でどんなプレーを披露してくれるのか楽しみ。

第1打席1-0-2 ランナー:なし 初球、高さは真ん中、外角への速球(142km/h)を見送ってボール。2球目も同じようなコースへの微妙に外に動いていく速球(143km/h)を打つも当たり損ねで、力の無いショートゴロ。テイクバックを取ってから振り出すまでの時間が短く、十分なタメを作りきれていなかったように感じた。そのためか、打つポイントが近くバットとボールの距離が足りかなったのでは。また、右手主導のスイングでややライト方向への意識があったのかボールを巻き込むような形になり、スイングが小さかったという印象。左手主導のレフト方向へのバッティングを見たかった。

松井の前、一塁・二塁で5番ジアンビの打席だった。ここでジアンビが四球で歩いて満塁となり、松井のグランドスラムというシナリオを密かに期待したが、ジアンビがインコース低めへの変化球をすくい上げる見事な3ランホームランを放つ。そして、3年前の松井同様、カーテンコールを観衆から受ける。満塁になって松井の打席に回ってきたら、スタジアムも盛り上がっただろうなぁ。

第2打席3-1-2 ランナー:満塁 初回、満塁になりかけて残念だなぁと思っていたら、な、な、なんと再び松井の前で、ランナー一塁・二塁でジアンビの打席。そして、出塁率の高いジアンビが期待通り四球を選んで満塁で松井という場面が実現した。さすがに、心臓の鼓動は高まった。2003年の時、打った球は、インコースへの緩い変化球だった。そして現在、松井は、平常心を保って一直線にメイズを見つめ打席に立っていた。
初球、外角へ逃げていく変化球が外れてボール。2球目も外角への速球が外れてボール。3球目、外角へ速球が外れて、カウント3-0。明らかにメイズはホームランを警戒して、ストライクゾーンに投げるのをためらっているようだった。バッター有利のカウントになり、ストライクゾーンに来たボールはすべてフルスイングして欲しい気持ちだったが、松井は、4球目、外角高めへの変化球(135km/h)を丁寧に見送ってストライク。打ちにいくにはさすがに厳しいコースだったかもしれないが、打たなくてもいい球をいかに我慢できるか、自分を律する力を求めている松井らしいチームバッティグだったのでは。5球目、結局135km/hの変化球が低めへ大きく外れ松井は、押し出し四球を選び、満塁でのメイズとの対決は今回も松井に軍配が上がった。

第3打席2-1-1 ランナー:一塁 初球、外角低めへの変化球を見てボール。2球目、インコース高めへの変化球(126km/h)を打つも打ち上げてファール。狙っていた球種だったのか、かなりスイングに力が入っているように見えた。外角に1球、変化球が外れた後の4球目、真ん中低めへ沈んでいく変化球・シンカー(130km/h)を追いかけていく形で打ちにいき、打ち上げてしまいショートフライ
本西氏:「打たされてしまっているんですね。」
軸が前に流れていき、ダウンスイング中にボールがバットに当たっていた。そのため回転による力が打球に伝わっていない感じだった。軸足に重心が残ってすくい上げる形だと飛距離が出るのかなと思った。

第4打席0-0-0 ランナー:一塁 4-7とヤンキースが3点リードを許して迎えた8回裏。ヤンキースの攻撃。ノーアウト、ランナー・一塁とここでヒットを打ちチャンスを広げるのと広げないのとでは、大きく試合の流れが変わってくる重要な場面で松井の打席。
初球、真ん中外角寄りへの速球(148km/h)を芯で捕らえ、僅かにセカンドの横を抜ける鋭い当たりでライト前ヒット!!今の松井選手は、甘い球を逃さず確実に捉える正確性と鋭い回転が出来る体のキレがあるように感じた。この打席、松井選手の苦にしない左投手だったということで、最後まで体が全く開かずボールを呼び込んでからボールを捕らえていた。今年も左投手キラーぶりは健在のようだ。(昨シーズンの対左の打率.354)

松井のコメント:「引っ張れるボールを待っていた。ちょっと強引でしたが、狙い通りのバッティング。ファーストが一塁ベースについているわけですからね。右方向に強い打球を打てばヒットになる確率は高いですよね。まぁあそこでは長打よりも、ああいう確率の高い方を選んだ方が、3点(ビハインド)あったし、そういう意味ではランナーをためた方が絶対いいと思いましたからね。」

ノーアウト、ランナー一塁の場面では、ライト方向のバッティングが定石とされているのが、なぜなのかイマイチ分からなかった。レフト方向のヒットより、一塁ランナーが三塁を狙いやすいためなのかなぁと思っていた。ニュース記事に「けん制に備えて一塁手はベースにつかざるをえない。一、二塁間は大きく空く。そこを狙いすました。」とあった。これで納得した。

松井のコメント:(併殺打の可能性について)「そりゃどういう可能性もあるよね(笑)。そりゃまあ結果だからしょうがないよ。自分の中で常に確率の高いものを探して行くわけだけでね。」

松井のコメント:「あの場面はジアンビーが球数を多く投げさせていて、ある程度把握できたんで。ストライクを早いカウントから取って来るというある程度の読みの中でいってたんで、そういう「見ていこう」という感じはなかったですね。初めて(対戦した)か初めてじゃないかちょっと覚えてないんですけど。」

060412_jeter_ho その後、ランナーをためて得点を重ね、最後は、ジーターの3ランホームランでヤンキースが逆転に成功した。

ジアンビが出塁し、松井がヒットで繋いだ辺りからスタジアムの雰囲気は逆転に向けて盛り上がっていった。そして、それは、ジーターの逆転ホームランで最高潮に達した。観衆の期待を裏切らず、打って欲しい場面で結果を出したジーターの千両役者っぷりには、恐れ入った。さすが、伝統のヤンキースのキャプテン。今年も頼りにしてます。
そして、今日も確実にチームに貢献してくれた松井選手の活躍も見逃せない。ランナー・一塁での右方向のバッティング、満塁での四球とチームバッティングに徹した姿勢は、松井らしさが表れていた。これからも副キャプテンとしてジーターをしっかりサポートしてチームを引っ張っていってくれるに違いない。

ジーターのコメント:「すべてのホームランがうれしいけど、本拠地開幕戦での一発は格別だね。逆転勝ちできたし、エキサイティングだ。」

松井のコメント:(ジーターについて)「さすがですよね。皆が打ってほしいときに、確実に打ってくれるバッターですよね。」

今日は、ジアンビの3ランあり、A.ロッドの2つの四球あり、8回裏の繋ぐ野球あり、チーム一丸となって全員野球で勝ち取った勝利だった。そういう試合は、見終わった後、爽快感だけが残る。こんな野球を今シーズンたくさん見たい。

この試合、松井の前を打つジアンビは、1打数1安打3四球と全打席出塁だった。現在、打率.211ながらも出塁率.500と驚異的な数字を維持している。ジアンビは、足が遅く松井の打点を考えるとどうかなと思っていたが、それを補って余りある出塁率で、これからも、松井選手の前にランナーを溜めてくれそうな予感。

松井のコメント:「素晴らしい雰囲気の中で野球ができて、やっぱりここがいいなと思いました。」

WBCに出たことでの思いがけない変化とは?

WBC優勝後のインタビューにて:『野球をやってきてこれだけチームメイトと同じ気持ちで一つの目標に進んだことっていうのは僕はないですし、本当にいい仲間にめぐり合えてもうやばいっすね。』

イチローさんが世界一になった時に仲間って表現したことについて

「僕、プロに入って、言ってみればみんな敵ですよね。その世界でやっていくには、チームメイトに勝って行かなくてはいけないわけだから。敵ですよね。そこから始っているんですよ。だから、まさかプロに入ってそうやって心から一緒に喜べる仲間が出来るなんて想像していなかったんですよ。これがこの1ヶ月の、最後もちろん勝ったことは大きいけど、同じように怒って苦しんで喜んで悲しんで、色んなことや感情を共有したことで初めて出来たことだと思うんですよね。」

去年のこの時期、目標を聞いたらイチローは200本と答えていた。今年の目標は?

「目標が立たないですね。なんだかそういう発想にならない。何でか知らないけど。そういうものを超えた感覚を持ったんじゃないですか。この大会で。そんなもうちっちゃいなみたいな。200本の目標というのは大事なことで、しなくてはいけないことだとは思うけど、ちっちゃいなみたいな。そんな感じになったと思いますよ。だからそういう数字が出てこない。
060411_ichiro_get
グランドに立った時に、おそらく今まではそんなことはなかったですけど、ここ(マリナーズのユニフォーム)には日の丸はどこにも付いていないですけど、僕は心の中に常に日の丸を持つようになるでしょうね。世界一の誇りを持ってグランドに立つと思いますよ。今までどんなプレーをしても、記録を残してこようとも、いちゃもんをつけるやつはいっぱいいますよ。アメリカには。やっぱり(野球は)アメリカのものだと思っているやつはいっぱいいるから。でもそうじゃない。もうそうじゃないよ。悪いけど。日本は世界一だから、ごめんねという感じですよね。だから僕は、その誇りと日の丸を胸に秘めて戦いたいと思います。」

~テレビ朝日「Get Sports」(4/9)より~

打数:5・安打:2・打点:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 6 25 10 3 7 .400 .444 .800 1.244
松井:6番・レフト先発出場
先発:ムッシーナ【W,1勝0敗】(IP:6.0 H:5 R:1 ER:1 BB:2 ERA:2.77)

『対戦ピッチャー』
・vs コロン(R)【Career:10-3 avg .300】:第1・2打席
・vs ヤン(R):第3・4打席
・vs カラスコ(R):第5打席

第1打席0-0-0 ランナー:一塁 初球、真ん中低めへの微妙に外に動いていく速球(142km/h)を打つも、当たり損ねでボテボテのピッチャーゴロに倒れる。ピッチャーがその後のボールの処理を誤り、松井はセーフ。しかし、記録はピッチャーのエラーとなった。ややボールを引き付けきれなく、その分体の開きが早かったのかなぁと感じた。松井の予想よりボールが来ていなかったのかタイミングを外され手首が早く返っていたように見えた。

第2打席0-1-0 ランナー:一塁 初球、インコース低めへの速球?(142km/h)を見送るもストライクゾーンいっぱいに入ってストライク。2球目、真ん中やや外寄りへの変化球?(138km/h)を打って狭い一・二塁間をゴロで抜けるライト前ヒット。ライト方向へ強引に引っ張ったというバッティングだが、ノーアウト、ランナー・一塁ということで松井は、しっかりチームの求めている仕事を果たした。

第3打席1-0-1 ランナー:一塁 初球、真ん中低めへの速球(146km/h)を見送ってボール。2球目、真ん中低めへの変化球(130km/h)を打ってセカンドゴロ併殺打。バットの先端にボールが当たっていた。かなりポイントが前で変化球を呼び込み切れなかったというバッティングだった。打ったすぐ後、右側の壁が崩れてファースト方向に体が流れているように見えた。

第4打席0-0-2 ランナー:一塁・二塁 初球、高さは真ん中、外角やや真ん中寄りへ甘く入って来た速球を捕らえセンター前タイムリーヒット。余分な力が抜け、本当にスムーズなスイングで素直に打ち返していた。十分引き付けて、肩を開かず体の正面できっちり捉えていて、こういう打ち方をしていれば、どのコースに対しても対応能力の高い状態のバッティングが出来るんだろうなぁと思わせた。

第5打席0-0-2 ランナー:一塁 2球で追い込まれてから、3球目、低めへの変化球(138km/h)が大きく外れてボール。4球目、高さは真ん中、外角への緩い変化球(126km/h)を打つも当たり損ねでショートゴロに倒れる。遅い変化球に対し、一瞬タメを作ろうとするも待ちきれずに、ポイントが前で打っていた。それに乗じて体が前に流れ気味だったように感じた。



今日は、変化球を待ちきれずに、バッティングの形を崩されるという場面が多かったように感じた。松井選手の話によると「今日は、ストレート系を早いカウントから甘く来たらいこうとは思っていたんですけど。」ということだった。ストレート系を頭に入れて打席に入っていた。しかし、いい時の松井選手は、ストレートを待ちつつ、変化球が来た場合にも、ステップした後タメを作りボールを呼び込んで対応するという印象がある。松井選手の求める「いかに絶妙のバランスを保ってボールを長く見ることが出来るか」が重要ということかも。
特に5打席目の外への変化球に対するバッティングが、今後課題となってくると思われる。外角の球は引き付けないとバットが届かないと松井選手は言う。それが変化球だと更に引き付けるのが難しくなる。これまで、松井選手が外角の球をヒットにしたケースは、すべてストレート系だった。今日のA.ロッドのようにボールをポイントまで呼び込んで、体のピッチャー側に壁を作ってボールをセンターから逆方向に打ち返すバッティングを見てみたい。

「状態はいいほうだと思います。」と試合後答えた松井選手、頑張れ~!!

打数:4・安打:1・打点:1・本塁打:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 5 20 8 3 6 .400 .455 .900 1.355
松井:6番・レフト先発出場
先発:R.ジョンソン【L,1勝1敗】(IP:8.0 H:7 R:3 ER:3 BB:0 ERA:2.40)

『対戦ピッチャー』
・vs サンタナ(R)【Career:4-0 avg .000】:第1・2打席
・vs ロメロ(L):第3打席
・vs ロドリゲス(R):第4打席

第1打席1-0-0 ランナー:なし 初球、真ん中高めへの速球を見送ってボール。2球目、インコース低めへの速球を打ってライトフライ。低めのボールをすくい上げるというよりは、上からしっかり叩きにいったという感じだった。しかし、ややボールの下にバットが入りすぎて、ボールが上がってしまった。インコースの球をしっかり前でさばいていて、ボールを捕らえるポイントとタイミングは合っていたのでは。

第2打席3-2-2 ランナー:なし フルカウントからの6球目、高さは真ん中、外角の速球を逆らわず流して、浅いレフトフライ。今季初のレフト方向への打球だった。ややファースト方向への体の流れがあり、軽く当てただけのバッティングになって、松井選手が再認識した左手による押し込みがなかったように感じた。しかし、何と言っても今シーズン初めてのレフト方向へのバッティング。これからも外角の球をどんどん左方向へ強い打球で打ち返していって欲しいです。

第3打席1-0-2 ランナー:満塁 初球、外角の速球が外れてボール。2球目、インコース高めへの速球(145km/h)に詰まってショートフライに倒れる。ヒットにするには非常に難しいコースだった。今シーズンの松井のテーマが、「打たなくていい球をどれだけ我慢できるか」であることを考えると、やや悔いの残る打席になったのでは。その中で松井選手が、インコースの厳しい球を打ちにいったのは、それだけ、今シーズン取り組んでいるバッティングフォームによってインコースに自信があるということなのかもしれない。やや始動が遅れ、速球に対しタメを作りきれず、差し込まれてしまったのなぁという印象。

松井のコメント:「本当はあの場面で打ちたかった。インサイドのシュート系。厳しいところだったけど、投げ出しが甘く来た。打ってもいい球だったとは思う。どうしても結果が出た打席より、結果が出なかった打席が残ってしまう。あそこで違う結果が出ていれば展開が違ったかもしれないし。」

上では、松井選手はこの打席悔いが残ったのではないかと書いたが、松井選手の中では、ちょっと想いが違っていた。ピッチャーの手からボールが離れてホームプレートに届くまでの時間は、僅か0.4秒。その間にバッターは、球種、コースを見極めどのような対応をとるか判断しなくてはならない。そんな一瞬の出来事の中で、投げ出しが甘いと感じ、松井は、この球を打つと判断した。僕の見ていたのは、あくまで厳しい球だったという結果であって、極限の世界で戦っている松井選手には、甘い球だったということか。野球は奥が深い。

060409_rhomerun_2 060409_rhomerun 第4打席1-2-1 ランナー:なし 初球、真ん中低めへ151km/hの速球がズバッと決まってストライク。松井は渋い顔。2球目、低めへの変化球が、大きく外れワンバウンドし、ボール。この打席、ホームランを打ったからかもしれないが、右足で小刻みにタイミングを取りながら、力が抜けて自然体でボールを見定めているという印象を持った。3球目、高さは真ん中、インコースへの変化球(130km/h)を打ってファール。カウント1-2と追い込まれてからの4球目、キャッチャーの構えたコースよりやや真ん中寄りに入ってきたインコース低めへの速球(148km/h)だった。少し重心を落として真芯で捉えた打球は、弾丸ライナーでライトスタンドに突き刺さる第3号ソロホームラン。打球の描いたとても奇麗な放物線は、いかにも松井らしいもので、何度見ても惚れ惚れした。スイングは、重心移動を最大限に押さえ力を溜め込み、軸足を中心としたコマのような鋭い回転でその力を放出しているようだった。この打席で、松井の言う「絶対にピッチャー方向に回転軸がズレてはいけない」というテーマが、いかに重要かを見せてもらったような気がした。このようなバッティングが出来るのは、テイクバックを以前より深くとるというのが、功を奏しているのかもしれない。
この打席、なぜか、エンジェルスバッテリーは、執拗にインコース側を攻めてきた。追い込まれ、松井選手は、ストライクゾーンを広く、速球にタイミングを合わせ待っていたであろうと思われる。カウント1-2となるまでに、インコースに目が慣れていた松井選手にとって、このホームランにしたボールは、ラッキーボールだったかもしれない。この配球について、長谷川氏は、対松井というよりも、ロドリゲスのいいところを引き出すリードだったのでは、と話されていた。

松井のコメント:「彼(ロドリゲス)とは何度も対戦しているんで、特徴をとらえて打席に入りました。そんなに厳しい球ではない。詰まる可能性の高いところ。いいバッティングだったと思う。甘い球に対しては対応できている。」



今日の松井選手は、インコースをライト方向へ、アウトコースを逆らわずにレフト方向へと広角にきっちりと打ち分けていて、ピッチャーからすると非常に打ち取り難く、手強いバッティングをしていたのではないかと感じた。キャンプから取り組んでいるレフト方向へのヒットを早く1本見てみたいという期待感が高まった日となった。
開幕5試合で、3本のホームランを打ち、6番打者でありながら甘いところに投げると一発があるという恐怖心をこれでピッチャー側に与えることが出来ているのでは。厳しいコースは、きっちり見極め、甘い球を確実に捉える流れが続いていけばいいな。そうしていれば自然と出塁率も高い値を保っていけるかも。

頑張れ~、松井!!

打数:4・安打:1・打点:0  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 4 16 7 2 5 .438 .500 .875 1.375
松井:6番・レフト先発出場
先発:チャコーン【L,0勝1敗】(IP:4.2 H:8 R:4 ER:4 BB:2 ERA:7.71)

『対戦ピッチャー』
・vs エスコバー(R)【Career:10-4 avg .400】:第1・2・3打席
・vs シールズ(R):第4打席

第1打席1-1-1 ランナー:なし 初球、低めへの変化球がワンバウンドしボール。2球目、高さは真ん中、外角への速球がギリギリに決まってストライク。3球目、高さは真ん中、インコースからやや真ん中寄りへ動く速球?を打ってセンターフライ。インコース寄りでややバットの根元寄りに当たって、詰まったように見えた。横からのスロー映像を見ると、ピッチャー寄りにステップしながら体重移動し、右足が足についた瞬間からバットを振り下ろし始め、体の左側を軸とした完璧な軸回転をしているように見えた。回転している間は、頭が微動だにしていなかった。ピッチャー側からのスロー映像では、これまで2本のホームランを打ったときよりも、右足のステップする位置がやや外側になって、その分体の開きが早かったのかなぁと感じた。

第2打席0-1-1 ランナー:一塁 初球、外角高めへの抜いたような変化球(134km/h)を見送ってストライク。ストライクゾーンと分かっていても、有利なカウントのうちは、厳しい球を打ちにいかないという姿勢の現われか。「打たなくてもいいボールを我慢できるかどうか」を松井は意識している。2球目、真ん中低めに沈んでいくボール気味の厳しい球に手が出て、ボテボテのセカンドゴロ

長谷川氏:「松井は、1球目からボンボン振ってくるタイプじゃない。2球目、簡単に追い込まれるといけないということで、ある程度準備が出来ていたと思う。それで手を出してしまって、"しまった"という感じでは。」

打球を上げるには、厳しすぎる球だったかもしれないが、ボールを捉える瞬間、体がピッチャー方向を向くのがやや早いのかなぁと感じた。松井は、体の開きが早いとボールへの対応能力が落ちると話していた。しかし、センター方向にボールが飛んでいるというのは、悪い状態ではないのかなと思った。

第3打席2-1-2 ランナー:なし 初球、変化球がワンバウンドしてボール。2球目、インコース低めへ速球(151km/h)が外れてボール。3球目、外角低めいっぱいに速球(150km/h)が決まってストライク。松井は打ちにいくも途中でバットを止めた。カウント2-1、バッティングカウントから、高さは真ん中、外角へ投じられた速球(150km/h)を捕らえ、センターへのクリーンヒット!!。ボールに全く逆らうことなく、体の開きを抑え、体の正面で捕らえた。松井の求めているまさにその通りのバッティングに見えた。キャンプの練習で見られた「練習では振り切った後も体を開かず、顔を残してホームベースを見るように繰り返しスイングする。」というのが実践された感じだった。

長谷川氏:「松井選手はどちらかというと、じっくり見て打つタイプ。ボールを見てタイミングを取っていくタイプ。僕の中では、ボールをよく見極めて、甘い球を逃さないというイメージがある。難しい球も打てるが、どちらかというと甘い球を逃さず、ファールにせず、確実に捕らえる。」

第4打席2-1-2 ランナー:なし 初球、外角高めへの速球が外れてボール。2球目、1球目と同じような外角高めへの速球が今度は入ってストライク。3球目、外角高めへの緩い変化球(122km/h)が僅かに外れてボール。4球目、真ん中やや高めに甘く入ってきた球を打ち損じて浅いセンターフライ。やや差し込まれ気味に見えた。

長谷川氏:「ピッチャーのフォームが、松井選手にとってタイミングが合わせにくい感じだった。バッターにとって、全くボールが見えない、タイミングが取れないというピッチャーがいる。」

松井のコメント:「打ち損じた。」



開幕第2戦の最後2打席、連続してライトへの内野ゴロがあった。そして、その日の夜、松井はビデオで自分のフォームをチェックし、修正を行ったとされている。今日を含めて、それ以降の2試合、再びセンター中心のバッティングが松井に戻ってきた。今日の第3打席のようなセンターへのバッティングを維持できれば、高い打率を保ったままシーズンを進んでいけるのではないか。

頑張れ~、松井!!

この日の松井のコメント:「甘い球を打ち損じてしまいました。反省するところをしっかり反省するだけ。」

打数:4・安打:1・打点:1・本塁打:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 3 12 6 2 5 .500 .571 1.083 1.655
松井:6番・レフト先発出場
先発:王建民(IP:4.2 H:7 R:4 ER:2 BB:3 ERA:3.86)

『対戦ピッチャー』
・vs ヘイレン(R)【Career:6-1 avg .167】:第1・2・3打席
・vs ケネディ(L):第4打席

060405_cho 第1打席1-0-2 ランナー:なし 初球、インコース高めへの速球(151km/h)が外れてボール。2球目も、同じ151km/hの速球が、真ん中へ甘く入ってくる。松井は、速球にタイミングを合わせていた。始動を早めていることもあって、150km/hの速球にもきっちりトップの位置にグリップが入って、打つ準備が整ってから、狙いすましたようにコンパクトかつ鋭い回転でボールを捕らえた。打球はセンター方向へ飛んでいく。昨年のフェンス際で失速する松井の打球が頭の中に残っているためか、今回もスタンドに届くかは、直ぐには分からなかった。しかし、打球は伸びていきバックスクリーンへの第2号ソロホームラン。やはりステップを小さくしたことによって、効率的にボールに力が伝わっているような気がする。
開幕してからこれまでヒットにしてきた球種はほとんどが変化球だった。これで新しい打撃フォームが、速球にも対応できることを証明した。

松井のコメント:「基本的には直球を待っている。甘い球だった。投球にはある程度、対応できている。芯に当たったから、逆にあれで入らなかったら、寂しいよ。」

第2打席2-2-1 ランナー:一塁・二塁 低めへの変化球中心の攻めでカウント2-1。4球目、高さは真ん中、外角への変化球(129km/h)を打ち損じてファール。5球目、今度は一転、インコース低めに鋭く沈む変化球をバットに当てることが出来ず空振り三振

第3打席0-1-1 ランナー:なし 初球、インコース高めへの速球を打って、ファール。2球目、インコース寄り高めへの速球(148km/h)を捕らえるも、やや差し込まれ気味で平凡なライトフライに倒れる。松井が、打つのが一番難しいというインハイの球で、バットとボールの距離を十分に取れなかったという感じだった。

第4打席1-2-0 ランナー:なし 初球、高さは真ん中、インコースへの速球が決まってストライク。2球目、外角低めへの緩い変化球が外れてカウント1-1。3球目、真ん中低めへ落ちていく変化球をバットに当てることが出来ず空振り。ボールを呼び込むというよりは、やや体がピッチャー寄りに動いていた。これで追い込まれる。4球目、外角低めへの変化球(145km/h)にちょんとバットを合わせたようなバッティングでボールを捕らえるが、センターフライに倒れる。外角の遠く厳しい球にバットを届かせるために腕を伸ばし、バランスを取るために腰が引けるという形だった。外角の球には、引き付けて振らないとバットが届かないということだったが、今回はやや迎えにいっているという印象だった。初球のインコースへの速球が、残像として残っていたのかもと思ってみたりした。



開幕前にこんな記事があった。

オープン戦で5本塁打して好調を宣言した昨年の開幕前を「どうして打てているのか、自分で分かっていなかった。だから続かなかった」と振り返る。3本塁打の今は、自分の打撃を「ある程度は理解している」と答える。(共同通信社)

そして、同じような発言が昨年のオールスター前にもあった。

「4月も今も状態の良さは同じかもしれないけど、自分としては今の方がしっくりいっている。(開幕時の好調は昨年のプレーオフから続いて)キャンプをまたいで結果が出続けた。そういう意味での自信はあった。ただ、どうしてなのか理由は分かっていなかった。4月は確認ができていなかった。1度ああいう風に悪くなって考えて、ひとつひとつ確認して段階を踏んだ。今は、状態は何ともいえないけど安定してますね。自分で自分のことを把握できてる。自分で確認するべきことが分かっている。もう、そんなに崩れないと思う。」と話している。

昨年の5月、極度の不振を経験して、松井は、自分のバッティングのチェックポイントを得ることが出来た。昨年も今年も、開幕3試合で2本塁打と素晴らしい結果が出ているが、状況は全く違い、今年は自分のバッティングをきっちり把握しているという強みがある。

昨日の試合、松井の打撃成績は1安打だったが、それに納得がいかず、試合後パソコンのビデオ映像でフォームをチェックしたという。そして、バッティングの修正を踏まえた上での今日のホームランだった。昨シーズン、一旦不調に陥ると抜け出すまでに時間がかかる傾向があった松井選手だが、今シーズン、もしかしたら、不調の時期を飛躍的に短くして、シーズンを乗り越えることが出来るのではという期待感が高まった。

頑張れ~、松井!!

左手の使い方の重要性を再認識

一年目が終わり、外角球を左方向へ遠く運ぶには「左手を意識して振ればいい」と判断し、練習を重ねた。これが、2年目の飛躍につながった。しかし、3年目、左方向への強い打球が影を潜めた。それに対し松井は、「無意識で左手を使えるようになり、『オーケー』って勘違いしちゃったんだろうね。もっと徹底しなきゃダメだった。」と語った。

060405_fuji_takeback
それを受けて、今年、キャンプで左手の使い方について取り組んだ。

松井は、マスコットバットを左手一本で持ち、下半身との連動を丁寧に確認しながら右手を添えず素振りを行う。

「僕の場合、右投げ左打ちのバッターだから、どうしても利き手の右手が強い。右利きですから。左手をもっと上手く使えたらもっといいバッティングが出来ると思います。」

メジャーの一流打者には左投げ左打ちの怪物が多く存在する。ボンズやオルティスは、打者から見て逆方向・レフトへいとも簡単に強い打球を繰り出していく。この左手一本の素振りが、松井の中で足りない力と力のバランスを補い、打撃スタイルを確立する手段となる。

この左手の使い方の延長線上に、外角球に対して「体の回転を止めて腕を振り抜く感じ」という左方向への打撃があるのかもしれない。体の回転を止めて、開きを抑え、左手主導の振り抜きでボールを押し出すということか。

トップの位置を深く取る

昨シーズン終盤、「全体のバランスが崩れない範囲で、やや大げさにテークバックをとってみた。」
その結果次のような答えを得た。

「外寄りの球は引き付けて振らないと、バットが届かないし、強く打てない。引き付けて、なおかつ(スイングの加速に必要な)ボールとの距離を確保するには、体の回転軸が投手側へズレちゃいけない。軸を固定したければ、結構、思い切って腕を後ろへ動かした方がいいみたいだね。」

ボールを体のほうに呼び込むために、重要になってくるのが左手だという。もともと松井選手は左手が不器用で得意じゃない。その左手を上手く利用するために、トップの位置を去年より深く後ろに入れてボールを引き寄せようとしているらしい。トップの位置をより深く取ることによって、ボールを体の近くまで呼び込んでも、バッティングに重要なボールとバットとの距離が、確保しやすくなるということか。

テイクバックを従来より深くとり、その姿勢でどこまでバランスを崩さずに球を引きつけられるかがキャンプのテーマだったという。

「その分いろんな対応ができるようになる。それだけ対応できる時間をつくることになる」


始動を早くする

松井は常々、「打つ前が問題」と話している。今シーズンは、まず、速い球に対応するために始動を早くした。そうすると、始動が早い分、遅い球に対してもきっちり引き付けて打つため、その姿勢を少しでも長く維持できることが必要となった。流動的な打撃フォームの中で長く球を見るため、完ぺきなバランスを求め続ける。

スタンス・ステップを小さくする

「要は体の軸ですよね。軸をなるべく動かさないようにして打ちたい。スタンスが広くなると軸もそれだけピッチャー寄りにズレてしまうことになる。だから、軸をなるべく動かさないために、ステップもそんなに大きく取らないということです。今の自分のやっていることが、ちゃんと出来ていればインコースに対しては対応できると思います。」

(参照:フジテレビ・すぽると、各種ニュース記事)

今年の松井のバッティングは、「早く始動を開始し、テイクバックを深くとり、ギリギリまで絶妙のバランスを保ちつつボールを引きつける。そして、ステップはやや小さく体重を軸足に残したまま、左手主導でボールを強く捕らえ、体が開かないように振りぬく」ということになるのかもしれない。

松井が重視しているのが、ボールをなるべく長く見るということ。そのバッティグを実現するために、絶対に軸が、ピッチャー方向にズレてはならない。そこから、トップの位置の変更、スタンスの幅の変更、左手重視の軸足回転のバッティングが生まれたということか。

打数:4・安打:1・打点:0・2塁打:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 2 8 5 1 4 .625 .700 1.125 1.825
松井:6番・レフト先発出場
先発:ムッシーナ(IP:7.0 H:5 R:3 ER:3 BB:2 ERA:386)

『対戦ピッチャー』
・vs ハーデン(R)【Career:10-4 avg .400】:第1・2・3打席
(持ち球:スライダー、スプリッター、チェンジアップ)
・vs ケネディ(L):第4打席

第1打席0-2-0 ランナー:なし 初球、高さは真ん中、インコースへストレートが決まりストライク。2球目、真ん中低めへのスプリッターより落差のあるフォーク?を見送って簡単に追い込まれる。3球目、外角低めへの落差の大きいフォークに完全にタイミングを狂わされ、軽く振っただけの空振り三振。松井には珍しく形を崩されていた。全く頭にない球だったのか、一瞬手が出ず、追い込まれていたので仕方なくバットを出したという感じだった。

第2打席0-0-0 ランナー:一塁 初球、スプリットが落ちず、スーッとインコース高めへ入ってくる。松井はそれを逃さず、きっちり芯で捉え、ライト線への2ベースヒット。非常にいい間合いが作れていて、バットを振り出す前に、バットがトップの位置にきっちり入って、打つ準備がしっかり出来ていると感じた。そのため、甘い球を狙いを定めて打ち損じることなく捉えられているのかな。

武田氏の感想:昨シーズンよりも後ろ体重で軸足に重心を置いているのではないか。メジャーリーガーに多いが、前にスウェーしないというか、崩されないように後ろ体重で打っている感じがする。ステップ幅も狭いし、足も上げないしという感じ。後ろ体重ということで、球を引き付けて、変化した後に打てているのでは。

第3打席3-2-1 ランナー:二塁 カウント2-2から、インコース低めへのボール気味のスプリットをかろうじてカット。外角低めへの速球(134km/h)をファール。変化球に意識があったのか振り遅れ。インコース低めへの速球(151km/h)が外れてフルカウントになる。最後、真ん中から、真ん中低めに落ちるフォークを打たされた感じになって(引っ掛けて)、ボテボテのファーストゴロ。松井の予想より球が落ちていたということか。コース的にはそれほど厳しい所ではなかったが、ボールが遠く感じた。少し、体の開きが早く体の左側がおろそかになっていたのかもしれない。センター方向への意識があれば違った結果になっていたかも。

第4打席1-2-0 ランナー:一塁 3-3の同点で迎えた8回表。松井の前、ジアンビが四球で出塁。代走・カイロが送られる。ここはどうしてもランナーを進めたい場面。
初球、インコース高めへのやや甘い変化球?(134km/h)を芯で捉え、目の覚めるような打球が飛ぶが、僅かにライト線の横、ファール。2球目、速球(143km/h)が僅かに外角に外れボール。3球目、真ん中高めへの速球に差し込まれファール。カウント1-2と追い込まれる。4球目、外角寄りやや高めへの緩いスライダー(140km/h)に対して、体重が乗らず払った感じになって、ファーストゴロ。ダブルプレーは免れたが、ランナーを進めることが出来なかった。ランナーを進めるために、はじめからライト方向へ決め打ちしようとしていたからなのか、緩い球にタイミングを外されたからなのか、体の開きが早く、この打席もボールが非常に遠く感じた。また、ボールをポイントまで引き付け切れずに、軸足での回転が出来なく、やや体が前に流れていた。

松井のコメント:(初球のファールについて)「とらえたけど、ちょっとだけ早かった。」

3-3の同点で迎えた9回裏、アスレチックスの攻撃。1アウト、ランナー一塁・二塁。松井はバックホーム体勢で守備位置が前だった。スクータロの打った打球は、その松井の頭上を越えるサヨナラヒットとなってしまった。ややボールの追いかけ方がぎこちないように見えたが、僅かに手が届かなかった。
8回表のランナーを進められなかった場面といい、松井には悔しい敗戦となった。

松井のコメント:「もうちょっとだったね。本当に何センチかだった。時間的に間に合わなかった。」

ここまでのところ、松井は、4打席目の痛烈なファールを含めインコースへの球を非常に高い確率で捕らえることが出来ている。一方、今日は外角の球に脆さが見られたのでは。松井の中でインコースの比重が大きくなっているということなのかもしれない。明日以降、外角の球を引き付けて、踏み込んだレフト方向への打球を見たい。

4打数・4安打・4打点・1本塁打・2四球 
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 1 4 4 1 4 1.000 1.000 1.750 2.750
松井:6番・レフト先発出場
先発:【W,1勝0敗】(IP:7.0 H:5 R:1 ER:1 BB:0 ERA:1.29)

『対戦ピッチャー』
・vs ジト(L)【Career:22-8 avg .364】:第1打席
・vs サールース(R):第2・3打席
・vs ホルシー(L):第4打席
・vs ウィタシック(R):第5・6打席

第1打席3-2-0 ランナー:なし 5球外への際どい球を見極めカウント3-2。6球目、インコース高めへの変化球(124km/h)を打ってファール。7球目、外角高めへの大きく外れる変化球を見送って四球を選ぶ。松井は、昨年の最終打席の反省から、ストライクゾーンでも打たなくていい球をしっかり見極めるというのを実践しているのではないかと感じた。特に外角低めのゾーンは、松井選手の場合、内野ゴロになりやすいという自覚があると前に話していたような気がする。追い込まれるまでは、難しい球を見送って甘い球を待つ姿勢で行くのかもしれない。

第2打席1-1-2 ランナー:なし インコース低めへの変化球(ストライク)、アウトコース低めへの逃げていく変化球(ボール)を見送ったあとの3球目、ど真ん中への力を抜いたような変化球(132km/h)をしっかり捉え二遊間を抜けるセンター前ヒット。変化球にも、ギリギリまでバランスよくボールをポイントまで引き付けて打っていた。とても奇麗で、まとまったスイングに見えた。

060404_matsui_ho 第3打席1-1-0 ランナー:一塁・二塁 2球、変化球を見送ってカウント1-1。3球目、真ん中寄りからインコース(高さは真ん中)に入ってくるスライダー(130km/h)をきっちり上からバットを出し、完璧にボールの下に打ち込んだ。打った瞬間は、上がり過ぎてライトフライかなと思ったが、打球はぐんぐん伸びて、ライトスタンド中段への3ランホームラン。キャンプから取り組んできた内角への対応が、ここで実践された。スタンス・ステップの幅を小さくし、ピッチャー寄りへの軸の移動を小さくする。そして、その場でのコマのような鋭い体の回転によってボールを捉える。素晴らしいホームランだった。また、ボールを捉えるポイントが前でも後ろでもなく、完璧な位置だったように感じた。

松井のコメント:「甘いスライダーですが、非常にいいバッティングだったと思います。インハイのボールは得意じゃない。いつもの僕なら手首を早く返してゴロになるか、ファウルになる…。いいバッティングでしたね」

第4打席1-2-2 ランナー:一塁・二塁 初球、高さは真ん中、外角への緩い変化球(114km/h)を見送ってストライク。全く外角への球を追いかける素振りを見せず、きっちりボールを見極めていた。1球、外角低めへの変化球が外れて、その後、3球ファールで粘る。そして、6球目、真ん中やや低めへの変化球(117km/h)を素直に打ち返して、センター前タイムリーヒット。緩い変化球にも、一瞬タメを作って、体が前にいくのを抑えて、しっかりボールを引き付けていた。全く体が開くことがなく、体の正面でボールを捉えているのでは。

第5打席1-1-1 ランナー:一塁 外角へ1球外れた後の2球目、インコース寄りへのチェンジアップにタイミングが合わず空振り。3球目、高さは真ん中やや高め、外角への速球?(138km/h)を捉えセンター前ヒット。全く余分な力が入っていなく、非常にリラックスした状態でバッターボックスに入っていて、自然体でボールを呼び込めているのが、いい結果に繋がっているのかなと思った。

第6打席3-2-2 ランナー:一塁・二塁 2-2と追い込まれてから2球ボールを見て四球を選ぶ。ピッチャーが、当たっている松井を意識している印象。明日以降も、松井は特にマークされ、厳しい攻めになると思われる。

松井のコメント:(左ヒザ痛は完治していない。いまだに試合後にはアイシングが必要な状態だ。技術や体調においても、復調したと断言できるわけではない。)「状態と結果が比例しないときがあるということでしょう。(今日は)状態がどうのこうのというよりも投球に対していい反応やいいスイングができていた。今日は今日。明日は明日。これが161回続くわけだからね。(シーズンが)終わったときに、ちゃんと(シーズンに向けて)準備してよかったと思えればそれでいいだけ。(WBCを)辞退したことが良かったとか、悪かったとか。その答えは出ないと思います」

今日の松井は、初球から打ちにいかず、じっくり甘いボールを限界まで待とうという姿勢が見られた。それが出来るのも、今は、非常にボールが見えているということなのかもしれない。この状態が明日以降も続いて欲しいな。

開幕前のある記事に、『理想のスイングを目指し、前年度のビデオでフォームはチェック済み。すでに修正点も洗い出している。松井は「なかなか見た目にも分からないだろうし、感覚のことを話すのはちょっと難しい」と、具体的な部分は触れなかった。が、この日の練習では振り切った後も体を開かず、顔を残してホームベースを見るように繰り返しスイングする。頭には、理想のスイングが描かれているのだろう。』というのがあった。松井選手は、今年のテーマとして、センター方向中心へのバッティングというのがあるのではないかと思う。今日は、それが実践され、センター方向のヒットが3本。昨年までの強引さが全く見られず、体を開かずに素直にセンターへ打ち返すバッティングがバンバン飛び出し、素晴らしい今シーズンの滑り出しとなった。

解説・大島氏によると、今シーズンの松井は、「・少し始動を早める・スタンスを狭める・ボールを引き付ける」を意識しているということだった。そしてそのことについて、「始動を早めるのはいいが、早くピッチャー寄りに体が流れては駄目。要するにポイントを引き付けて距離を取りたいというのがあるんだと思う。」と話されていた。
今日のバッティングも、始動を早く取ることによって、十分間合いを取ることが出来、ボールを待つことに余裕が生まれているのかなと感じた。それによって、重心がしっかり軸足に乗って軸回転出来ているのかも。

060404_result 松井は5・6番が良く似合うというか、とても座り心地がいいように映った。今年のヤンキース打線では、2番・3番を打たなければならないような展開は避けることが出来そうだ。デーモンの加入はそういう意味で本当に嬉しい。開幕での打線をそのままプレーオフまで維持するのは難しいかもしれないが、レギュラーの選手が、シーズン通してケガをせず万全の状態で戦っていけることを願う。

オープン戦の後半は、松井の打撃の不調が伝えられていたが、松井は、今日の開幕にきっちりと合わせてきた。昨日の打撃練習でも右中間方向に鋭い打球を見せ、今日の素晴らしい結果を予感させていたという。この裏に何があったのかを示す記事があった。『滞在するサンフランシスコで1日に日本時代から治療を受ける整体師と合流。連日の治療を受けている。「骨格が整うと周りの筋肉も変わる」とフロリダでのキャンプ中から待ち望んでいた治療で、開幕前の最後の仕上げをした。』ということだった。

【追記】
[ 共同通信社 2006年4月4日 ]
 内寄りの球がやや沈む。そこにバットがついていく。バットのヘッドを立て気味に振り抜く。打球が跳ね上がるように大きな弧を描いて右翼席へ。4回無死一、二塁、松井秀が1号本塁打を打った。2年連続となる開幕戦での本塁打だった。
 テークバックの頂点を従来より深く取る。その姿勢でどこまでバランスを崩さずに球を引きつけられるか。それがキャンプのテーマだった。「その分いろんな対応ができるようになる。それだけ対応できる時間をつくることになる」
 「やろうとしていたことが現段階では技術的にできあがった。またその時々で課題は出てくる。それでいい」。鋭いスイングが最高のシーズンを予感させる。(オークランド共同)

060402_nhk_matsui
「やはり去年、地区シリーズで負けてしまって、しかも自分が最後チャンスに打席に立って、試合を終わらせてしまったというあの悔しい事実というのは、ずっと心の中に残ってますね。これまで子供の時から野球の試合をたくさんやってきましたけど、やっぱり、心の中に残る敗戦というのはそんなにたくさんはない。」

この地区シリーズ、松井選手はエンジェルス投手陣に20打数4安打、打率.200に抑えられた。内角を徹底的に攻められ、本来のスイングが出来なかったことが原因だった。完全にフォームを崩されてしまった松井。「体の軸」がブレてしまっていた。
去年の悔しさを晴らすために軸をブラさずにスイングすることがテーマとなり、バッティングフォームの試行錯誤が続いた。その結果、スタンスに微妙な変化が現れた。
060402_nhk_stance
僅かだが、去年よりスタンスの幅が狭くなった。その結果、軸をブラさずにスムーズに体重移動をすることが出来るようになり、内角への球に対応しやすくなった。

「要は体の軸ですよね。軸をなるべく動かさないようにして打ちたい。スタンスが広くなると軸もそれだけピッチャー寄りにズレてしまうことになる。だから、軸をなるべく動かさないために、ステップもそんなに大きく取らないということです。今の自分のやっていることが、ちゃんと出来ていればインコースに対しては対応できると思います。」

日を追うごとに松井は改良した打撃を自分のものにしていき、その成果が、3月23日のアストロズ戦でのホームランに現れた。緩い変化球をギリギリまで呼び込んでのスイング。軸もぶれることなく強くボールを叩いた。

「相手はタイミングを外そうとして緩いカーブを投げてきたんですけど、軸もぶらされることなく非常にいい形で待てたし、緩いボールに対してもあれだけ強く振れてたし、内容も結果も最高のものとなりました。」

年々対戦する投手の攻めが厳しくなる中、少ないチャンスをいかにものにするかが問われている。

「一球を逃さない集中力でしょうね。あとは、それと相反するように感じるかもしれないですけど、いかに我慢できるか。打ちたいボールを我慢できるか。打ちたくなるような場面でも、打たなくていいボールを我慢できるとか、その辺の自分のしっかりボールを見極める力が大事になってくる。」

【梨田氏・解説】
「軸がブレない」とは、おへそと頭を結ぶ体の中心軸が、傾いたり前に突っ込んだりせずに、おへそを中心に回転できること。松井選手は、去年に比べスタンスを小さくして前に突っ込むのを防ごうとしている。以前の形だとオーバーステップしてバランスが崩れやすかったのでは。

また、昨年は、構えた時の左肘をかなり張っていた。そうするとバットの出が悪くなる。今年は、あまり肘を張っていないように見える。更に、構えた時のグリップの位置も去年より上がっている。

元々松井選手はインコースを苦手としていて、その分、肩で振ろう、肩で回ろうという意識が非常に強かった。ここを軸回転で打つことで克服できればアウトコースに対しても対処できるようになるのでは。

~NHK・BS1「ここが注目!2006MLB・開幕直前・日本人大リーガー」(4/2)より~




去年の松井選手を見ていて、ややステップの幅が大き過ぎるのではないかという印象が少しあった。ステップの幅が大きいとボールへと伝わる力が分散してしまうのではないか、また、下半身に遊びがなくなり様々な球種への対応能力が落ちてしまうのではないかという勝手なイメージが頭に浮かんでいた。
今年、スタンス、ステップの幅を狭めることによって、松井の一番大切にしている「打ちにいくまでのバランス」が崩され難くなる以外にも、下半身の力、軸回転の力をスムーズにボールにぶつけることが出来たり、スイングに余裕が生まれたり、色々な利点が出てくるような気がする。そのようなバッティグをしている選手としてA.ロッドの名前が思い浮かぶ。A.ロッドのステップ幅は小さく、バネのような下半身の力を打球へ十分生かせているような気がする。

軸がブレないことで、インコースに対応しやすくなったというのは、どういうことか。これまでよりステップの幅を小さくすることによって、バットがボールを捉えるまでの時間が短縮され、また、ピッチャー寄りへの体重移動が少なくなることで、その場回転でよりコンパクトなスイングが出来るためにインコースへの対応能力が上がるということなのかなと感じた。

去年までに松井が獲得してきたバッティング理論を基本軸に、今年新たに加わったマイナーチェンジで、いよいよ松井選手の4年目のシーズンが始る。

甘い一球を逃さない確実性、初球から打ちにいく積極性があれば、バッター有利なカウントになりやすいという古田監督の信念がある。それらの姿勢を見せながら、松井選手が語っていたようにきちんとストライク・ボールを見極めるという自分をきちんと律することの出来る力を身につけ、四球が増え出塁率が上がることを期待したい。
バッター有利なカウントが増えれば、それだけ甘い所に球が来る確率が高くなり、ホームランも増加するという好循環を生めばいいな。

060401_ntv_title
山下監督について

松井:厳しさ、優しさ、野球に対する情熱、色んなものを教わりました。だから高校三年間と言うのは、多感な時期ではありますが、そういう時期にまた先生に出会って、その後の色んな野球生活の中で非常に土台になっているものを学んだんじゃないかと思います。

高校時代の松井選手

山下監督(星稜高校):中学の時は、ピッチャー、キャッチャー。だけど、それ以上に松井君の潜在能力の高いものは何かないかと探した時に、やはりバッティングだということで打者に転向させた。最初はやはり、王さんを目指せということでファースト。一年の秋に今度は、長島さんを目指せということでサードへもっていきました。三塁というのは声を出し、闘志を出さないといけない。どちらかと言うと松井君は優しいですからね、三塁手で、僕がガンガンノックしていた。最初のノックが三塁なのでそこで勢いを大事にしないとチームに迷惑がかかる。ということでサードにもっていって、それが松井君の野球の集中力を生んで、バッティングも良くなった一つの要因だと思います。

松井:王さん、長島さんという話までは、当時は理解してなかったですけど。でも僕も最終的にはサードをやりたいと思っていたので。まず最初の日、ブルペンに入ってピッチャーをやって、バッティングもやったんですね。バッティングで、公式ボールを初めて打ったんですが、凄い飛んだんですよ。自分でもびっくりして、公式ってこんなに飛ぶんだと思ったんです。そのあとに監督さんに「ピッチャー意外でどこやりたい?」って言われたんですよ。てことはピッチャークビだな、これでピッチャーをやることはないなと思った。僕はその時サードって言ったんですよ。サードは2つ上のキャプテンがいたので最初はファーストをやらしてもらって。で、それからはサード。

高校の厳しい練習について

松井:僕はやっぱり野球が好きでしたから、今ももちろん好きですけど、厳しくやるのが当たり前だし、うまくなるためにやるのは当たり前だし、勝つために練習するのは当たり前だし。僕はキャプテンをやってましたから、周り他の選手への影響も常に思っていたし、なるべく自分自分と思うよりもキャプテンをやっている時は特に周りを見るようには常にしていました。

トーリ監督との関係

広岡広報:やっぱり一年目、二年目というのはお互いが凄く気を使っているのを感じた。松井選手からするとトーリ監督は上司で、トーリ監督からすると松井選手は部下なんですけど、異国の国から来た異文化を体験している部下。お互い気を使っていて、トーリ監督から、こういうときはどうしたらいいんだろうと相談されたこともある。ただ三年目、四年目に関しては、もうお互いが通訳がいなくても打ち解けているし、阿吽の呼吸でやっているのが分かりますよ。

松井:ファイティングスピリットを見せなかった時は怒るよね。それ以外、一生懸命やって何かした時があっても怒る事はないし。

日米の練習方法の違いについて

松井:なんでもシンプルにシンプルに考えようとするんですよね、アメリカの人達って。日本っていうのは、野球というスポーツが難しいスポーツだと捉えているとは思うんですけど、それを本当に細かく追求していっていますよね。その辺の違いは練習方法にも出てきますよね。日本の方が細かいし時間も長いし、厳しく管理している気はしますけど。アメリカは選手を大人の扱いしますよね。チーム全体の練習時間は短くて、頭の中で理解すれば、いざというときは、出来るだろうという感じですよね。合理的といえば合理的なのかもしれないですけど、日本の方が見れば軽い練習に映るかもしれないですね。自主性を重んじるという感じで、足りないんだったら自分でやれという感じですよ。早く来て打っている選手もいるし、遅くまでやっている選手もいるし、ウエイトトレーニングしている人もいるし。

山下監督:こっちの練習は日本の半分ぐらいだから楽じゃないですか。しかし、反対に松井君にはプレッシャーがかかるんじゃないかな。それだけ大人扱されますから、そういう点では大変だなぁと。午後の練習の自主トレは大事だなと思いますね。

060401_ntv_phot
060401_ntv_phot2
個人よりチーム

松井:野球というのはチームスポーツですよね。チームスポーツなんだけど個人の要素が多いスポーツなんですよ、野球というのは。そこで個人に走る選手と走らない選手というのがいるわけであって、常にそういう環境で野球をやっていたからこそ僕は、自然と常にまずチームありきで何でも考えられるし、チームの言うことには何でも従うつもりだし、そこで自分のわがままを言うことによってチームの頭痛の種を増やそうとは思わない。

ニューヨーク記者の今季の予想

ニューヨーク・ポスト紙・記者:打率.295 本塁打29本 打点109 私の予想は、松井選手のこれまでの成績の平均。今年も松井選手は同じような成績を残せるんじゃないかな。3、4年選手を見ていると、その選手が活躍するか分かります。今年もいつも通りの松井でいい。特に何かを狙う必要はないと思う。

ニューヨーク・デイリー・ニューズ紙・記者:打率.315 本塁打27本 打点115 松井は三年間安定感を示したし、多くのメジャーの投手とも対戦した。去年より成績が上がってもおかしくないよね。松井にとって大事なのは、安定したプレーを今年も見せることです。監督は、チャンスに強く、ダブルプレーを取られない松井を評価している。今年も活躍すれば、ラインナップの中心になるだろう。

調子の悪い時の松井選手について

広岡広報:どうも元気ないなぁという時は直ぐに顔に出ます。口数が少なくなってきたりすると、どうしたんだろうとか、冗談言っててもノリが悪いなと思うとアレッと思いますからね。そこは日々、朝会ってポンッと分かります。それは非常に便利と言えば便利だし、いいことだとは思っています。もともとベラベラしゃべるタイプではないから、やっぱり胸に秘めたものを活動源にするタイプじゃないですか。だから痛くても痛いとあんまり言わないし、こっちから言わないと分からないですからね。今いる立場はサポーターだから、早く彼の考えていることを理解しなくちゃいけないし、分かってなくてはいけない。そういう意味ではいろいろ考えてます。

昨年の契約について

ヤンキース副社長:契約の決断は簡単だった。それは、3年間の活躍、存在感、そして人間性を考えてのことです。初めから契約を望んでいましたが、契約の内容で少し時間がかかりました。
ヤンキースでは尊敬される選手がどんな存在なのかを知る必要があります。松井は、野球の才能に加えて、日本にいる時から尊敬される存在だった。松井は時間と労力を惜しまずにファンが何を求めているかを考えて、交流する。ニューヨークという厳しい場所で松井はそういうことをしてきた。松井は、いつも誠実にファンやメディアと接してきました。私達にとって松井は、ヤンキースの「誇り」です。

長島元監督の言葉

広岡広報:『普通のプロ野球選手のピークは、おそらく28、29だろうと。ただ、松井に限っては、心技体が一緒になるというのは、たぶん32、33だと俺は思う。』で、その32が今年なんですよね。だから僕は数字的には本当に・・・、もちろんワールドシリーズで勝つことが最終的に最高の目標なんですけど、やっぱり、ホームランも打率も打点もかなりの数字が出ると思うんです。

060401_ntv_word
今年の目標

松井:これは毎年変わりませんが、チームスポーツである以上、チームとして勝つことが一番の目標だし、プロの選手ですから、一個人としてももちろんいい成績を残したいですし、健康で全試合出てチームの大きな力となってチームが勝ってくれればそれが一番嬉しい。

~日本テレビ「ヤンキース松井秀喜 ワールドチャンピオンへの道 」(4/1)より~




松井選手は、高校ではキャプテン(小・中学校でもキャプテンを経験)を務めた。松井選手は、「キャプテンは、常にチーム全体を見渡せて、尚且つ自分のプレーもしっかり出来る人でなければならない。自分以外のことも見渡せる余裕のある人じゃないと駄目です。」と語っている。そういった環境での経験が、今の松井選手の「個人よりチーム」という考え、そして「今チームが何を自分に求めているかを冷静に判断する力」を作る土台となっているのだと思う。
こう考えると、松井選手は、星陵高校野球部に掲げられている訓示

『心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる』

という言葉を大切にし、それを忠実に実践してきた人なんだなぁという印象を受けた。

長島元監督の言葉には重みがある。僕も、松井選手は今一番選手として一番脂が乗っていると感じる。ということで、少し今年の予想を上方修正しました。(^^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。