ヤンキース松井秀喜バッティングArchives!?

~松井のワールドチャンピオンになるまでの軌跡を見つめていきます~

Hideki Matsui is on fire right now!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末にきて各メディアで松井選手の特集が組まれていた。

松井秀喜ベースボールミュージアムにて松井秀喜の1号からこれまでのホームランカードを大きく引き伸ばしたパネルがありましたけど、あれを見て改めて思ったのですが、ホームランを打つ瞬間と言うのは、歯を食いしばっているか、ほっぺたを膨らましているかなんですね。

「全く意識してないんですけどね。やはり相当力が入っているんでしょうね。本当はガッと力が入るのはよくないんでしょうけどね。顔にね。本当はふざけたぐらいねリラックスした顔で打っていればもっといいんでしょうけど。それもね、まだまだこれからある意味では改良の余地があるという事なんですよ。いかにリラックスして打つかが問題ですから。顔も緊張していると僕としてはよくない。そういう意味では、ああいうものを見ながらもね、松井秀喜まだまだだ、こういうところが出来てないと思ったりもするんですけどね。」

~ニッポン放送「ショウアップナイターストライク」(12/19)より~


2005年オープン戦、松井自身は手ごたえを感じていた。そして、開幕直前のインタビュー。

「ファンの方の期待というのは、もう僕からしてみればどんどん期待してくださっていいし。技術的にだいぶ自信が持てるようになってきたんでしょうね。自分のバッティングに対して。だからこそ、特別何か、何かをやろうとかそういうものが無くなってきたんだと思いますけどね。」

開幕戦からいいスタートを切った松井。しかし、突然松井のバットから快音が消える。自己ワーストを更新する203打席ホームランなし。外角が打てない。打率も.260まで落ちた。チームも8年ぶりの最下位に低迷。決して泣き言を言わない男は、自分の中で苛立っていた。気分転換に車を走らせることも多かった。

「常に出来ることはやっているつもりですけどね。でもやっぱり勝たないとね。勝たないといけないですけど、勝たなくちゃいけないチームにいるし。全員がそういう気持ちでプレーしていかないと難しいでしょうね。特にこのチームは。自分さえよければいいだとか、そういう考えでやっている選手がいたら、もうチームは上手く行かないでしょうね。たぶん。ある意味特別なチームなんですよね。常に注目されているし、相手からも常に普段以上の力を引き出すわけですよ。やっぱり。ヤンキースというチームだけでね。相手がヤンキースというだけで。それを跳ね返していかなければいけないわけですから。なかなか1人でね、立ち向かっていけない環境だと思いますよ。例えば1人のスーパースターがいるとしますよね。そういう選手でも1人でヤンキースというチームを何とかし・・・。出来ないと思うな。僕は。まず歴史的にそうですよね。スーパースターは何人も出ているけど、そういうスーパースターと同じようなスターがまだいたりとかね。結局は、そのサポートのし合いが出来ていたからこそ強かったと思うんです。そういう選手達が、そういう気持ちを持っていかないと良くなっていかないような気がしますけどね。」

シーズン終盤の10月1日。

「ここに来て本当になんというか、チームとしての力がね出てると思いますよ。本来はね、自力が出ているということは、ある意味それは強い証拠だと思いますよ。この時期に来るというのはね。いいことだと思ってますけどね。苦しみましたけどね。」

シーズンが終了して。

「ある程度自信を持って開幕は迎えていたんですけど、開幕直後も非常にいい状態だったし、ある程度手ごたえを感じていたんですけどね。ホームランが打てると言う自信がどっかにあったんでしょうけど、相手もそう簡単に打たせてくれないという事ですよね。要は、ホームランが確率よく出るか出ないかそこだけだと思いますから、かっこよくいえば"見切って打つ"それぐらいの感覚がつかめるようになりたいですよね。まあこれは永遠のテーマかもしれないですけど。そのために自分はちょっとこういう風にしていこうだとか、アイディアは持っているんで、最初はそういうところから始めていきたいですね。」

~TBS「NEWS23・松井秀喜 05年の足跡」(12/19)より~


シーズン終盤、9月30日対レッドソックス戦直前のインタビュー。

「こういう試合をやるのは好きですよ。楽に勝てるのが一番いいけど、この時期にこういう試合が出来るのは30チームもあるけどほんの何チームしかいないわけでしょ。その中で自分がやれると言うのは幸せなことだし。気持ちは普段と一緒ですよ。ただ目に見えない緊迫感だとか雰囲気だとかそういうものが自然と自分の力に影響することは十分考えられるでしょうけど。」

気持ちは一緒。野球に於いて平常心を保ち、そう考えることが松井秀喜の夢に近づくためのキーワードだった。平常心でいられること、それは松井が普段から一番誇りにする部分だ。

~フジテレビ「すぽると・THE MESSAGE」(12/12)より~


ヤンキースの松井秀喜外野手(31)が20日、東京・神田のミズノ東京本社を電撃訪問し、2006年シーズン用のバットとグラブを発注した。すでに来季に向けて準備は着々だ。

この日昼過ぎに同社を電撃訪問。3時間以上もグラブ担当の坪田信義氏(72)、バット担当の久保田五十一氏(62)の"名人"と意見交換をしながら、来季用のバットとグラブを発注した。

「バットはまったく今年のものと変えませんでした。前年と比べて何もいじらないのは、プロになってから初めてじゃないかな」

プロ入り以来、毎オフ必ずバットに微調整を加えてきたが、2006年モデルは今季のバットそのまま。「それだけしっくりきていたということです」と今季使用したメープル素材、全長86・5センチ、重さ約900グラムのゴジラバットを来季も継続使用。今のところの"完成形"といっていい。

 グラブは「まわりが硬くて、中が軟らかいイメージ」と親指と小指の部分に芯を入れる微調整を加えた。来季の世界一を目指して、ゴジラの準備に抜かりはない。

~「サンケイスポーツ」(12月21日)~

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://sade728.blog11.fc2.com/tb.php/242-2f438bf4
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。