ヤンキース松井秀喜バッティングArchives!?

~松井のワールドチャンピオンになるまでの軌跡を見つめていきます~

Hideki Matsui is on fire right now!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

060401_ntv_title
山下監督について

松井:厳しさ、優しさ、野球に対する情熱、色んなものを教わりました。だから高校三年間と言うのは、多感な時期ではありますが、そういう時期にまた先生に出会って、その後の色んな野球生活の中で非常に土台になっているものを学んだんじゃないかと思います。

高校時代の松井選手

山下監督(星稜高校):中学の時は、ピッチャー、キャッチャー。だけど、それ以上に松井君の潜在能力の高いものは何かないかと探した時に、やはりバッティングだということで打者に転向させた。最初はやはり、王さんを目指せということでファースト。一年の秋に今度は、長島さんを目指せということでサードへもっていきました。三塁というのは声を出し、闘志を出さないといけない。どちらかと言うと松井君は優しいですからね、三塁手で、僕がガンガンノックしていた。最初のノックが三塁なのでそこで勢いを大事にしないとチームに迷惑がかかる。ということでサードにもっていって、それが松井君の野球の集中力を生んで、バッティングも良くなった一つの要因だと思います。

松井:王さん、長島さんという話までは、当時は理解してなかったですけど。でも僕も最終的にはサードをやりたいと思っていたので。まず最初の日、ブルペンに入ってピッチャーをやって、バッティングもやったんですね。バッティングで、公式ボールを初めて打ったんですが、凄い飛んだんですよ。自分でもびっくりして、公式ってこんなに飛ぶんだと思ったんです。そのあとに監督さんに「ピッチャー意外でどこやりたい?」って言われたんですよ。てことはピッチャークビだな、これでピッチャーをやることはないなと思った。僕はその時サードって言ったんですよ。サードは2つ上のキャプテンがいたので最初はファーストをやらしてもらって。で、それからはサード。

高校の厳しい練習について

松井:僕はやっぱり野球が好きでしたから、今ももちろん好きですけど、厳しくやるのが当たり前だし、うまくなるためにやるのは当たり前だし、勝つために練習するのは当たり前だし。僕はキャプテンをやってましたから、周り他の選手への影響も常に思っていたし、なるべく自分自分と思うよりもキャプテンをやっている時は特に周りを見るようには常にしていました。

トーリ監督との関係

広岡広報:やっぱり一年目、二年目というのはお互いが凄く気を使っているのを感じた。松井選手からするとトーリ監督は上司で、トーリ監督からすると松井選手は部下なんですけど、異国の国から来た異文化を体験している部下。お互い気を使っていて、トーリ監督から、こういうときはどうしたらいいんだろうと相談されたこともある。ただ三年目、四年目に関しては、もうお互いが通訳がいなくても打ち解けているし、阿吽の呼吸でやっているのが分かりますよ。

松井:ファイティングスピリットを見せなかった時は怒るよね。それ以外、一生懸命やって何かした時があっても怒る事はないし。

日米の練習方法の違いについて

松井:なんでもシンプルにシンプルに考えようとするんですよね、アメリカの人達って。日本っていうのは、野球というスポーツが難しいスポーツだと捉えているとは思うんですけど、それを本当に細かく追求していっていますよね。その辺の違いは練習方法にも出てきますよね。日本の方が細かいし時間も長いし、厳しく管理している気はしますけど。アメリカは選手を大人の扱いしますよね。チーム全体の練習時間は短くて、頭の中で理解すれば、いざというときは、出来るだろうという感じですよね。合理的といえば合理的なのかもしれないですけど、日本の方が見れば軽い練習に映るかもしれないですね。自主性を重んじるという感じで、足りないんだったら自分でやれという感じですよ。早く来て打っている選手もいるし、遅くまでやっている選手もいるし、ウエイトトレーニングしている人もいるし。

山下監督:こっちの練習は日本の半分ぐらいだから楽じゃないですか。しかし、反対に松井君にはプレッシャーがかかるんじゃないかな。それだけ大人扱されますから、そういう点では大変だなぁと。午後の練習の自主トレは大事だなと思いますね。

060401_ntv_phot
060401_ntv_phot2
個人よりチーム

松井:野球というのはチームスポーツですよね。チームスポーツなんだけど個人の要素が多いスポーツなんですよ、野球というのは。そこで個人に走る選手と走らない選手というのがいるわけであって、常にそういう環境で野球をやっていたからこそ僕は、自然と常にまずチームありきで何でも考えられるし、チームの言うことには何でも従うつもりだし、そこで自分のわがままを言うことによってチームの頭痛の種を増やそうとは思わない。

ニューヨーク記者の今季の予想

ニューヨーク・ポスト紙・記者:打率.295 本塁打29本 打点109 私の予想は、松井選手のこれまでの成績の平均。今年も松井選手は同じような成績を残せるんじゃないかな。3、4年選手を見ていると、その選手が活躍するか分かります。今年もいつも通りの松井でいい。特に何かを狙う必要はないと思う。

ニューヨーク・デイリー・ニューズ紙・記者:打率.315 本塁打27本 打点115 松井は三年間安定感を示したし、多くのメジャーの投手とも対戦した。去年より成績が上がってもおかしくないよね。松井にとって大事なのは、安定したプレーを今年も見せることです。監督は、チャンスに強く、ダブルプレーを取られない松井を評価している。今年も活躍すれば、ラインナップの中心になるだろう。

調子の悪い時の松井選手について

広岡広報:どうも元気ないなぁという時は直ぐに顔に出ます。口数が少なくなってきたりすると、どうしたんだろうとか、冗談言っててもノリが悪いなと思うとアレッと思いますからね。そこは日々、朝会ってポンッと分かります。それは非常に便利と言えば便利だし、いいことだとは思っています。もともとベラベラしゃべるタイプではないから、やっぱり胸に秘めたものを活動源にするタイプじゃないですか。だから痛くても痛いとあんまり言わないし、こっちから言わないと分からないですからね。今いる立場はサポーターだから、早く彼の考えていることを理解しなくちゃいけないし、分かってなくてはいけない。そういう意味ではいろいろ考えてます。

昨年の契約について

ヤンキース副社長:契約の決断は簡単だった。それは、3年間の活躍、存在感、そして人間性を考えてのことです。初めから契約を望んでいましたが、契約の内容で少し時間がかかりました。
ヤンキースでは尊敬される選手がどんな存在なのかを知る必要があります。松井は、野球の才能に加えて、日本にいる時から尊敬される存在だった。松井は時間と労力を惜しまずにファンが何を求めているかを考えて、交流する。ニューヨークという厳しい場所で松井はそういうことをしてきた。松井は、いつも誠実にファンやメディアと接してきました。私達にとって松井は、ヤンキースの「誇り」です。

長島元監督の言葉

広岡広報:『普通のプロ野球選手のピークは、おそらく28、29だろうと。ただ、松井に限っては、心技体が一緒になるというのは、たぶん32、33だと俺は思う。』で、その32が今年なんですよね。だから僕は数字的には本当に・・・、もちろんワールドシリーズで勝つことが最終的に最高の目標なんですけど、やっぱり、ホームランも打率も打点もかなりの数字が出ると思うんです。

060401_ntv_word
今年の目標

松井:これは毎年変わりませんが、チームスポーツである以上、チームとして勝つことが一番の目標だし、プロの選手ですから、一個人としてももちろんいい成績を残したいですし、健康で全試合出てチームの大きな力となってチームが勝ってくれればそれが一番嬉しい。

~日本テレビ「ヤンキース松井秀喜 ワールドチャンピオンへの道 」(4/1)より~




松井選手は、高校ではキャプテン(小・中学校でもキャプテンを経験)を務めた。松井選手は、「キャプテンは、常にチーム全体を見渡せて、尚且つ自分のプレーもしっかり出来る人でなければならない。自分以外のことも見渡せる余裕のある人じゃないと駄目です。」と語っている。そういった環境での経験が、今の松井選手の「個人よりチーム」という考え、そして「今チームが何を自分に求めているかを冷静に判断する力」を作る土台となっているのだと思う。
こう考えると、松井選手は、星陵高校野球部に掲げられている訓示

『心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる』

という言葉を大切にし、それを忠実に実践してきた人なんだなぁという印象を受けた。

長島元監督の言葉には重みがある。僕も、松井選手は今一番選手として一番脂が乗っていると感じる。ということで、少し今年の予想を上方修正しました。(^^)

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://sade728.blog11.fc2.com/tb.php/272-d76c8d48
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。