ヤンキース松井秀喜バッティングArchives!?

~松井のワールドチャンピオンになるまでの軌跡を見つめていきます~

Hideki Matsui is on fire right now!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打数:4・安打:1・打点:2・二塁打:1  
通算
試合数 打数 安打 本塁打 打点 打率 出塁率 長打率 OPS
松井 16 61 18 3 10 .295 .377 .508 .885
松井:6番・レフト先発出場
先発:チャコーン【W,2勝1敗】(IP:7.0 H:4 R:1 ER:1 BB:3 ERA:5.59)

『対戦ピッチャー』
・vs カブレラ(R)【Career:14-7 avg .500】:第1・2・3打席
・vs ロドリゲス(R):第4打席

第1打席1-1-0 ランナー:一塁 初球、インコース低めへ速球(148km/h)が外れてボール。2球目、同じような球(148km/h)が、再びインコース低めに決まって今度はストライク。松井は、ステップした瞬間、思わず腰を引いて対応しようとした。与田氏:「今の見逃し方は珍しい。ほとんど真ん中のボールに腰を引いた。かなりインコースを意識したのでは。」3球目、外角高めいっぱいへの速球(150km/h)を打ってセカンドゴロ併殺打。高めの球に対して重心の位置が上がって腕だけのスイングになった感じだった。そのため、体重の乗らない力の無いゴロとなった。
与田氏:「今のもインコースに意識があった打ち方に見える。アウトコースに対しちょっと腰が引けながら強引に引っ掛けた感じに見えた。初球の荒れたボールが結果的に先発ピッチャー・カブレラにとっていい結果になった。」

第2打席0-2-0 ランナー:一塁・二塁 初球、高さは真ん中、インコースへの速球(146km/h)を打ってファール。2球目、シュート回転で微妙に動く速球(150km/h)がインコース高めへ決まってストライク。松井選手は判定に納得していない様子。2球で追い込まれる。3球目、シュート回転しながら沈むツーシーム系の速球(151km/h)が高さは真ん中、インコース寄りへ入ってくる。松井選手はそれを捕らえるも、ボールの上を叩いてファースト正面へのゴロ。ダブルプレーは免れランナー一塁・三塁となる。コース的には甘いコースだった。
松井選手は、この場面もランナーを進めるためにライト方向へ強い打球をうとうとする意図があったのでは。ノーアウトでランナーが一塁にいる時、その意識が強すぎるのではないかと思う。強引に引っ張ろうとすれば、どうしても体の開きが早くボールの上っ面を叩きがちになる。やっぱりセンター方向へ打ち返す意識では駄目なのかなぁと思ってしまう。

松井のコメント:「強く振りにいき過ぎた。」

060423_ml_c2hit 060423_ml_c2hit_2 第3打席1-1-0 ランナー:満塁 ヤンキースが1点リードで迎えた6回裏。今日、2四球のジアンビがお約束どおり四球で歩き、ノーアウト満塁で松井に打席が回ってくる。昨日のリベンジを果たす機会が早速やってきた。
初球、高さは真ん中、外角への速球(151km/h)がいっぱいに決まってストライク。2球目、外角高めへ速球(151km/h)が外れてボール。速球一辺倒で攻めてくるピッチャーに当然松井選手もストレートにタイミングを合わせているだろうということだった。そして運命の3球目、期待通り真ん中低めへ速球(151km/h)が入ってくる。松井選手は待ってましたとばかりに、どんぴしゃのタイミングで捕らえ鋭く振りぬいた打球は、ぐんぐん伸びてワンバウンドでフェンスに当たるセンターオーバーの2点タイムリー2ベースヒット!!。これが9試合ぶりの打点となる。またヤンキースはこれまで満塁で16打数ノーヒットだった。それを打ち破るヒットとなった。久しぶりに松井選手の力強い本来の打球を見て少し興奮していた。やっぱり松井選手はこうでなくっちゃ。打ったポイントはこれ以上引き付けると詰まってしまうその僅か手前、絶妙の位置までボールを呼び込み、左腕によるしっかりとした押し込みがあってのセンター方向への大きな打球。松井選手の理想とするバッティングだったのでは。

松井のコメント:「速いピッチャーだと反発力が出る。強くたたくという意識は、ほとんどなかった。上背があるので、高めを振りがち。どちらかといえば、低めに目線を置いていた。」

この後、松井選手のヒットを足がかりにヤンキースが2点を追加。6-1とリードを広げる。

第4打席2-2-2 ランナー:なし 外角低め、内角低めへの変化球でカウント1-1。3球目、真ん中外寄り高めへの速球(142km/h)を打つも振り遅れでファール。やや始動が遅れたように見えた。4球目、インコースへの伸びのある速球(142km/h)をファール。5球目、外角低めへ抜いたような変化球を見送ってボール。カウント2-2。6球目、高さは真ん中、外角への速球(142km/h)を打ってファール。やや振り遅れ。7球目、インコースやや低めへのスライダー(132km/h)を打ち上げてしまいセンターフライ。比較的合わせやすい変化球にも見えたが、打ち損じてしまった。当たれば長打になるようなコースだったと思うので捉えて欲しかった。



昨日の9回裏、満塁、2アウト、フルカウント、一打逆転サヨナラという究極の場面で結果を残せなかった松井選手。その松井選手が今日は、満塁の場面でしっかりと結果を残してくれた。こうやって松井選手はこれまで、メジャーリーグでの地位、チームメイト・監督・ファンの信頼を勝ち取ってきたように思う。メジャーリーグはそう何度もチャンスを与えてくれるような生易しい場所ではないというイメージがある。その中で、追い込まれ崖っぷちに立たされ普通の人間なら震え上がって動くことができなくなるようなプレッシャーのかかる場面で松井選手は結果を残してきた。昨日、ニューヨークのヤンキースファンのブログに、昨日のチャンスでの凡退を踏まえた上で、それでもなお満塁のチャンスの場面では松井選手に打席に立って欲しいとあった。松井選手はそんなバッターなんだと思う。そんなみんなの期待を裏切らない選手。

トーリ監督のコメント:「マツイの一打は大きな、大きなヒットだった。あれでデーモンも続いたし、ショーン・チャコンからリリーフにうまく継投できた。」

【松井のコメント】

「昨日は昨日だし、今日は今日だし、後悔はないです。無死満塁というケースだったが、外野になんとか打ちたいと思っていたが甘く入ってきたのでちゃんと打てました。Any time the bases are loaded, you always want to do whatever you can to bring a run or two in to make something happen.」

「Once I leave the ballpark, whatever happened in the ballpark stays there,[Today], when I come into the ballpark it is a new day and I'll start out fresh. Basically (Friday's) game had nothing to do with yesterday's game. The situation we were in yesterday, it was 2-1, I mean it could have gone either way at that point. But it feels good to come through like that.」

やはり松井選手は常に前を向いてプレーしている選手だった。

MATSUI HAS MOMENT OF REDEMPTION

松井選手について印象的な記事があったので載せておきます。

Godzilla's monster mark

Sunday, April 23, 2006

By BOB KLAPISCH

Any amateur mental health specialist could've interpreted Hideki Matsui's facial expression Friday, when he took a called third strike that ended the Yankees' 6-5 loss to the Orioles. Matsui was a billboard of frustration, but true to his non-confrontational nature, he didn't argue the call with home plate umpire Phil Cuzzi, nor did he blame anyone except himself.

In fact, Matsui handled the near-miss the way it's taught in the instruction manual: He coated that final at-bat with amnesia, went home and started all over on Saturday. Matsui obviously recovered; he smacked a critical two-run double in the Yankees' 6-1 win over Baltimore, proof that he's as steady emotionally as anyone in the Yankee lineup, not to mention durable.

The Japanese star's consecutive-games streak stands at 503 -- exactly the number of games the Yankees have played since opening day 2003, when Matsui joined the team. He ended his career in Japan with 1,250 games in a row, making it one of the longest overall streaks in baseball history. Had Matsui's streak been played entirely in the U.S., he'd rank third on the all-time list behind Cal Ripken Jr. (2,632) and Lou Gehrig (2,130).

Matsui's willingness -- indeed, obsessive need -- to be in the lineup every day says plenty about his commitment to the Yankees, if not his good fortune. The left fielder laughs when remarking, "It could be over tomorrow, I know that. I could fall in my house and break my leg and that would be it."

Still, there've been plenty of opportunities for both Matsui and Joe Torre to end this run, if for no other reason than to give the slugger a day off when he's been tired or sore. But Torre doesn't want to get in the way of history and Matsui also knows The Streak is bigger than he is. When he gets up in the morning, it's his assumption that he'll be in the lineup, no matter what.

"I want to play, not just because of the number of games that I've played in a row, but because I always expect to have a good outcome," Matsui said the other day through an interpreter. "Even when I've been in a slump, I come to the ballpark expecting to do better. I always say, "This will be a good day for me." I never think about it any other way."

It's easy to maintain that confidence during the peak of a professional career. Matsui is only 31, and is hitting just under .300 in his three-plus seasons with the Yankees. This would be a different story if he were in his late 30s, like Ripken was at the tail end of his streak. Despite the universal respect Ripken commanded as he shattered Gehrig's previous record in 1995, he was never the same player through 1998, when the streak finally ended.

Matsui has no chance of catching Ripken, of course, so he would never object to Torre's benching him. Not that the manager ever would. He came close one day in April 2003, when the Yankees were unaware that Matsui had already made history in Japan. Matsui was out of the lineup for the first six innings against the Twins when Torre was told Matsui's record was in jeopardy. He then rushed Matsui into the game to replace Bubba Trammell, and has never again made that mistake.

Matsui says, "I have too much respect for the Yankees and Joe Torre to put myself ahead of the team," but until he hears or sees otherwise, the streak lives. The left fielder goes about his business quietly and professionally, having found his (low) profile.

He's neither the Yankees' richest nor most talented player. He's not the most popular star, either. But the Bombers also know Matsui will never embarrass the organization, his name will never come up in the current steroids scandal and he'll never be caught in some after-hours club with his photo on Page Six.

If a called third strike with the bases loaded doesn't push his buttons, Matsui's streak -- games played and his long road of perfect calm -- appears safe.

~northjersey.com~

タイムリー♪

こんばんは!!勝ちましたね~。
ヒデキのタイムリー、やっぱり嬉しいです。
ちょっと打てないとつまらない数字とネタを出してくるマスコミの報道、ホントむかつく。
それでも動じずヒデキには頑張ってもらいたいです。
そうそう、いつもタイトルに対戦カード名とW・L、点数が入ってるのですが、今日やっと意味がわかりました。アホですみません。
2006/04/23(日) 23:32:46 | |akimaru #8io1QQiY[ 編集]
akimaruさん、コメントありがとうございます!!

akimaruさん、こんばんは~。
松井選手のタイムリー僕も久しぶりに熱くなりました。ここの所なかなかチャンスで打ててなかったので今日のヒットでモヤモヤした気持ちをスカッと晴らしてくれましたね。
なんだかこれを機に上昇気流に乗ってくれる予感。(^^)

W/Lなんですが、初めは、○/●にしてたんですが、バックが黒のテンプレートの時、色が反転してしまうので(笑)現在の形になりました。ちょっと分かり難いですね。
2006/04/24(月) 00:00:01 | |管理人 #X.Av9vec[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://sade728.blog11.fc2.com/tb.php/292-57c7938b
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。